ようやく半分きたかー!



くじょう みやび日録-50きみがため

き   か た め

幾ミ可多免

を         り

越しからさ里し

     ち さ

いの遅佐へ

  か    か な

な可くも可那とお

け ひ け   か な

毛日希る可那



50 君がため 惜しからざりし 命さへ 長くもがなと 思ひけるかな
                                  藤原義孝


訳:あなたにお逢いするためなら、惜しくないと思っていた命までもが、(こうしてお逢いできたあとでは、これからもずっとお逢いできるように)長らえてほしいと思うようになったよ。(※念のため、逢うの意味は、対面することだけではなく、契るという関係をふくむ)


メモ:作者は、平安中期の歌人で、摂政・藤原伊尹の子(954-974)。歌にすぐれ容姿もまさる父によく似ており将来を嘱望されていたが、流行の疱瘡にかかり兄とともに同日のうちに死亡。


メモ美しい貴公子・義孝についてはこちら。

 ・『大鏡』の藤原義孝

 ・藤原義孝の“蓬莱宮”の詩

 ・アニメ。うた恋い。第7回