「壮鎮」の角構えの動作で上段突きに対処する | 中山隆嗣の「活殺自在」

中山隆嗣の「活殺自在」

武道と癒しを中心に、生き方、日々のことを綴ります。


テーマ:

 昨日の続きです。


 相手が「上段突き(じょうだんづき)」で攻撃した場合の対応を、「形(かた)」の分解・解説を活用したり展開したりして行なう、というテーマで行なった具体的なケースのご紹介になります。


 どの流派でもそうですが、「形」の稽古には分解・解説の類が付随し、それぞれの動作に魂を吹き込みます


 その中には、「形」の順序そのままの内容以外に思いもよらない展開になったりする場合もあり、武術としての奥深さを実感するケースも少なくありません。


 ただ、基本として行なう場合は、仕掛け技にあまり変わりがなく、それ以外の技で攻撃された場合、この動作では反撃できないのでは、と思ってしまうケースも少なくありません


 でも、ちょっと視点を変えれば、他の仕掛け技であってもしっかり対応でき、こういう活用があったのかという目から鱗状態になることも少なくありません。この日の稽古目的の一つにはそういうことも含まれ、それを各自でしっかり考えてもらおう、という思いもありました。


 中には以前教えていたことがヒントになったりしたこともあったでしょうが、同じ動作を別の視点で見るということは、隠された武技を見つけるようなものであり、それが武の理に適っているものであればなお結構です。


 昨日は「上段突き」に対して「正整(せいさん)」の「押し揚げ受け(おしあげうけ)」で対応する技のお話をし、通常の分解・解説以外の技についても稽古した旨を綴りました。


 今日はタイトルにもあるように「壮鎮(そうちん)」に出てくる「角構え(つのがまえ)」の応用になりますが、同様の稽古が先週の土曜日の稽古の冒頭でも行なわれました。その時の話の一部は先日アップし、2組に分けて稽古した、というお話をしましたが、そのうちの1組は「基本型Ⅰ(きほんかたいち)」の集中稽古でした。


 そのもう一歩の組の稽古の最初のほうで、前述のように「壮鎮」の「角構え」の解釈の確認が行なわれたわけですが、そういう意味では今日のテーマは2日に分けて稽古した内容になります。ここではそういう経緯の下での話とご理解ください。


壮鎮 角構え  さて、「角構え」ですが、その様子を左のイラストにアップしました。

 四股立ち(しこだち)」に似た立ち方で、一方のかかとを上げるといったとても変わった状態ですが、今回のテーマはこの部分ではなく、上肢のフォームを前提とした内容になります。


 具体的な様子はイラストからお分かりいただけると思いますが、一方は「中段受け(ちゅうだんうけ)」、他方は「上段受け(じょうだんうけ)」のような感じになっています。


 いずれも基本で稽古する「受け」とは異なりますが、両上肢を同時に動かし、その様子が牛の角のような状態になっているところから「角構え」という名称になっています


 そこからこの「形」の場合、牛をイメージして動くようにとアドバイスしていますが、重厚さとパワーをイメージできるように動くことが大切になります。


 「形」として行なう場合、素早く動くのではなく呼吸と共にゆっくり行ないます


 ただ、その時の呼吸は鍛錬形に見られるような明確な呼吸法ではなく、見た目にはあまり分からないような状態で行ないます。でも、呼吸法と一緒ということは、武技として行なう時の身体の使い方を意識しながら動くことを意味しており、この独特のフォームの際の内なる身体操作を身体で感じながら行なうことが大切です。


壮鎮 角構え 受け  さて、この動作のオーソドックスな分解・解説例ですが、先ほど一方は「中段受け」のような動作になるとお話ししましたが、実際にその目的で用いる場合があります。


 その様子を示してあるのが左のイラストですが、この場合、基本で行なう「中段外受け(ちゅうだんそとうけ)」にコースは似ていますが、拳の甲の部分が下を向いておらず、「縦拳(たてけん)」のような状態になっています。


 そこから考えられるこの時の「受け」のイメージですが、「受け即攻撃」に通じる「剛」の意識で行なうのではなく、相手からの「突き」を受け流す意識の「柔」の用法になります。


 全身の動きも後方に下がりながら行なっていますので、ここでは上手く受け流す意識で行ない、そこからの展開を意識する内容になります。


 しかし、今日のテーは相手が「上段突き」で仕掛けてきた場合の稽古です。それを「角構え」の応用で対応する、というわけですが、その場合は前述の内容では不可能です。


 そこで注目するのが額の前の上肢ですが、基本となる分解・解説では続いて行なう「拳槌打ち(けんついいうち)」の予備動作になっています。それは「形」の流れのままの解釈ですが、反撃が手打ちにならないようにするには、場合によってはこのような予備動作の存在が必要なこともあるのです。


 ただ今回は、「形」通りの流れであれば予備動作になる箇所を別の用法として用い、具体的には相手からの「突き」に対して「捕り」技として活用することになります。


 捕った後、そのまま引き倒し、相手の上肢が伸びきり、身体が前傾したところに下から肘関節に向かって「縦拳」での「突き」を放ち、肘関節を折るところまで意識しての技にする、という内容で稽古しました。


 もちろん、稽古で関節を折るところまでは行ないませんが、「中段受け」に見えるところを「突き」に置き換えて行なったわけです。


 こういう解釈によって、このフォームについて別の見方が出てきたわけですが、さらにもう一つ、別の視点による稽古をしてもらいました。


肘の押え  その際、最初は前述の「捕り」から入ります。


 先ほどはそこから肘関節に「突き」を行ないましたが、今度は虎口(ここう)」を肘関節に当てるようにします。


 もちろん、その状態でも肘関節を折ることは可能ですが、折ることを主目的にした場合は「突き」で行ないましたので、今度は関節技として行ないます。


 その場合、一方で捕り、他方の手が肘関節に触れた直後、その上肢を回旋させるようなイメージで下方に落とします


 その時の手首を捕った側の動きが、「形」の流れで「拳槌打ち」に続く際の動作とかぶるような感じになりますが、それは「形」の身体操作の活用となります。


 上のイラストはそのようにして肘関節を極めようとする時の様子を示していますが、完全に極める場合には手首と肘関節に対するベクトルをしっかり認識し、そのまま体重をかければ折れてしまう、という状態にすることが大切です。


 そのためには自身の身体の中心軸の活用が大切になり、稽古ではその感覚を掴むために個別指導になりました。ちょっとしたフォームの崩れが技の崩れにつながる分、この点はきちんと説明・アドバイスしたつもりです。


 火曜日の稽古はここで終わりましたが、土曜日はこの後も続きました。


 今日は火曜日の稽古の話が前提ですのでここで終わりますが、土曜日のことについては後日、お話ししたいと思います。






 ▼活殺自在塾公式HP
 (活殺自在塾のHPは上記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/e5CUX-zn9Zk


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   アマゾンでも発売開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw



活殺自在DVDシリーズ第2巻「極意の立ち方」/中山隆嗣,道田誠一

¥5,940

Amazon.co.jp


活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一
¥4,860
Amazon.co.jp

 

 秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
  
¥1,512
Amazon.co.jp

 

 東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
  
¥5,400
Amazon.co.jp

中山・空手さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス