小手鍛え | 中山隆嗣の「活殺自在」

中山隆嗣の「活殺自在」

武道と癒しを中心に、生き方、日々のことを綴ります。


テーマ:

 火曜日の稽古の話です。この日の前半は動くことよりも、定位置での稽古を中心にしました。後半はこれまでやっていなかった技の稽古を行ないましたので、「静」と「動」の組み合わせのような内容になりました。


 その前半のテーマは、タイトルにもあるように「小手鍛え(こてぎたえ)」です。この部分については、約束組手や自由組手の中で自然に行なわれていることではありますが、この日はそれを強調し、意図的に行なったわけです。


 攻防の中で実際に接触する部分の強度は、そのまま攻撃力・防御力双方に多大な影響を与え、そういうことが空手道の特徴である「受け即攻撃」の実践にもなります。競技を意識しすぎると、こういった基礎的な鍛錬の部分が疎かになったり、本来の武技としての意識が忘却され、実際に武器となる部分を研ぎ澄ます、という意識に欠けてくる傾向が出てきます。


 たがらこそ、こういった稽古を通じ、約束組手や自由組手の中にもそういった部分が含まれており、たとえ「受け」として行なったことでも相手がダメージとして感じたり、攻撃時に受けた側の接触部位にダメージが生じたりするくらいの強度になる意識で稽古をしてもらえれば、という気持ちが含まれています。


内受け  そこで実際に行なう稽古内容ですが、基本で行なうことそのものです。


 左のイラストは「中段突き」を「中段内受け(ちゅうだんうちうけ)」で受けているところですが、こういった基本の稽古の中で、しっかり両者の前腕部を打ち付け、鍛えていこうというわけです。


 そのため、突く側にしても受ける側にしても、軽い感じではなく、それなりの衝撃を覚悟して行なうことになります。普通に攻防の意識で行なっていては、どこか気が抜ける場合もありますが、はじめから接触部位を鍛えるつもりで行なうとなれば、いつもより激しくぶつかります


 それがそのまま接触部位の鍛錬ということになりますが、だんだん両者とも良い意味で熱くなってきます。もちろん、回数を重ねるたびにダメージも蓄積していきますが、そのよう負荷を与え、それが回復する過程の中で鍛える成果も出てきます。


 人の身体を強くしていこうとすれば、少しずつ負荷をかけることが必要ですが、それは回復する範囲内を意識して行なわなければ、逆に身体を壊してしまうことになります。稽古の加減、鍛練の加減を見極めることが大切、ということなのです。この日もそういう意識で適正な回数をそれぞれに応じて行ないました。


前腕の骨格  さて、「小手鍛え」の対象は文字通り「小手」の部分になりますが、前腕の手首に近い部位になります。


 左のイラストをご覧いただければ、前腕の骨格構造についてお分かりになると思いますが、親指側の骨は「橈骨(とうこつ)」、小指側の骨を「尺骨(しゃっこつ)」と言います。


 「小手鍛え」の場合、いずれの骨も鍛える対象になりますが、それは「受け」の種別に伴う接触部位によって異なってきます。


 例えば、冒頭のイラストの場合、「内受け」で行なう関係上、受ける側は「尺骨」側が「小手鍛え」の目的箇所になりますが、突き手の鍛錬箇所は、接触部位が「尺骨」側になるか「橈骨」側になるかで決まります。イラストでは「尺骨」側を受けていることになりますが、この場合、「受けの理」に則り、受けた後の事後体を効果的に反撃に活用しようという場合の状態です。


 ここでは「小手鍛え」が目的ですから、そのような「受けの理」だけを意識するのではなく、いかにしっかりと受けるのかがポイントになりますので、稽古している者同士は一生懸命前腕をぶつけ合っています。


 それが同じ「内受け」でも、突き手の「橈骨」側を受けるとなると、状況が変わります。実は「橈骨」側には急所があり、そこにヒットすると前腕がしびれます。しばらく腕が上がらなくなる場合もあります。


 こういう経験が前述の「受け即攻撃」に具体例として認識されることになりますが、突く側としてたまったものではありません。一度経験すると、「受け」の動きの延長線上に逃げようとします。でもそれは、注意の対象になります。


 その場合、同時に「突き」の質を上げ、「受け」を上手くすり抜けるような意識で行なうためのアドバイスも行なうこともあります。


 本来、こういう稽古の場合、突く側も受けられるために突くのではなく、攻撃としての目的を果たすために行なわなければなりません。それが「小手鍛え」というテーマにした途端、受けられるために突く、という部分が出てきます。


 こういう状態が良くないわけで、たとえ大きなテーマが「小手鍛え」であっても、それぞれの技を出す時には武技としての自覚の下、「突き」は「突き」としての目的をしっかり果たすべく行なうことが必要です。それが武技としての質も高め、そういう状態で攻防の稽古ができ、しかも接触部位の鍛錬ができるとなれば一石三鳥くらいの効果になります。時間が限られる現代人の稽古の場合、いかに効率的な稽古ができるかというところが知恵の絞りどころです。


 動きとしては基本の攻防の稽古に見えることでしたが、その実質的内容はかなりの相違がありました。ある程度数をこなした後は全員、前腕にしっかりぶつけ合った跡が残っており、稽古終了時に、今日はしっかり稽古したような感じがした、といった感想を言う人もいました。いつもの稽古でも、この日と同じような意識で行なえば、あえて「小手鍛え」などと構えなくても、自然にできるはずなので、ということを再度お話しました。


 この後、後半の稽古に移りますが、長くなるので今日はここで終了させていただきます。



 ▼活殺自在塾公式HP  (活殺自在塾のHPは左記をクリック)

   ※武術の修行と生活の両立を図るプログラムで塾生募集中


 ※活殺自在DVD第1巻「点の武術」、大好評発売中!

   アマゾンでも販売を開始しました。

   神保町(東京)の「書泉グランデ」でも販売しています。


 ※活殺自在DVD第2巻「極意の立ち方」、発売開始!

   現在、直販のみ。近日中にアマゾン、契約書店でも発売

   ユーチューブにダイジェスト映像 http://youtu.be/FGwnVXcgCBw

活殺自在DVDシリーズ第1巻 「点の武術」/中山隆嗣,道田誠一
¥4,860
Amazon.co.jp
秘めたパワーを出す、伝統の身体技法 だから、空手は強い!/中山隆嗣
¥1,512
Amazon.co.jp
東洋医学と武術でカラダを変える 空手トレ! 強くなる鍛え方 [DVD]/中山隆嗣
¥5,400
Amazon.co.jp

 

 

 

 

 

 

中山・空手さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。