月島~門前仲町散歩&深川三久 9月7日(土) | 東京散歩道

東京散歩道

「東京お散歩教室」主宰、小島信康が綴る身近な街の素敵発見探訪記。

お散歩ナビゲーター小島信康です。

 

今回は先日開催した東京お散歩教室「夏企画 月島~門前仲町散歩&深川三久」の様子を簡単にご紹介します。

 

出発は月島駅から。

 

まずは、佃天台地蔵尊へ。

 

 

佃天台地蔵尊は、中央区佃1丁目の路地の中に安置されている、長寿延命・家内安全・諸願成就、そして、子育てにもご利益があるといわれる地蔵尊。

平らな自然石に刻まれた地蔵尊は、左手に如意宝珠、右手に錫杖を持ち、また、石には地蔵比丘といわれた妙運和尚の刻銘があります。

 

佃天台地蔵尊の次は、佃波除稲荷神社・於咲稲荷神社へ。

 

 

佃波除稲荷神社・於咲稲荷神社は、中央区佃1丁目に鎮座する稲荷神社。

鳥居を共有して、波除稲荷神社と於咲稲荷神社が祀られており、境内には、「さし石」と呼ばれる若い漁師たちの力競べの習慣を今日に伝える3個の力石が置かれています。

 

佃波除稲荷神社・於咲稲荷神社の次は、佃堀へ。

 

 

佃堀は、佃川支川の行き止まり部分の堀。

佃小橋の背後に大川端リバーシティ21の高層マンション群が聳え立つこの景色は、近年の佃の象徴的な風景として、よく紹介されます。

 

佃堀の次は、佃まちかど展示館と佃島渡船場跡へ。

 

 

佃まちかど展示館は、中央区佃1丁目にある、地域の歴史・文化資料、伝統工芸品、伝統行事などで使用する用具等を一般に展示・公開している「中央区まちかど展示館」の一つ。

開設は、平成24年(2012)8月で、千貫神輿や獅子頭の他、複製古地図や佃例祭の写真、佃の街並み写真などが、収蔵・展示されています。

 

 

佃島渡船場跡は、かつての佃島と対岸を往来した「佃島渡船」の発着場跡。

佃島渡船の起源は、正保2年(1645)に始まった佃の渡しで、明治9年(1876)には、渡し銭1人5厘の掲示札の下付を願い出て許可され、大正15年(1926)には東京市の運営に移り、昭和2年(1927)3月に無賃の曳船渡船に。

石碑は、手こぎ渡船を廃止した記念として、この時期に建てられたもので、昭和31年(1956)には、1日平均60往復、利用者は16,000人まで膨れ上がりましたが、昭和39年(1964)8月の佃大橋完成によって、佃島渡船は廃止されました。

 

佃まちかど展示館と佃島渡船場跡の次は、住吉神社へ。

 

 

途中、山本商店と佃屋酒店でアイスを買って一休み。

 

 

住吉神社は、中央区佃1丁目に鎮座する、住吉三神と称される主祭神(底筒之男命・中筒之男命・表筒之男命)と相殿神として、息長足姫命(神功皇后)と東照御親命(徳川家康)を祀る神社。

由緒は、天正18年(1590)、徳川家康が江戸に移った際、摂津国佃村の漁民30余名と田蓑神社の神職・平岡権大夫好次が江戸に移住し、幕府より鉄砲洲の向かいにある干潟を拝領して島を築き、正保2年(1645)、島は故郷の名にちなんで佃島と名付けられ、正保3年(1646)、鎮守として田蓑神社の分霊と東照大権現を奉斎したのが佃島の住吉神社の起源。

海上安全、渡航安全の守護神として信仰を集め、後に埋め立てによって、月島・勝どき・豊海・晴海といった街ができると、これら地域の産土神にもなりました。

 

住吉神社の次は、佃公園へ。

 

 

佃公園は、中央区佃1丁目にある区立公園。

石川島公園と連続していて、その境目に中央大橋があり、園内には石川島燈台の復元建物や、モニュメント「みどりの風」があります。

 

 

佃公園から石川島公園に入り、中央大橋をバックに記念写真。

皆さん、撮影ご協力有難うございました。

 

 

石川島公園は、中央区佃2丁目にある区立公園。

公園は、隅田川と晴海運河に沿うように広がり、上下2段式になっていて、下段は親水テラスに。

ここは、大川端リバーシティ21に住む人たちの庭のような公園で、日仏友好の証として北端部に造られた「パリ広場」は見晴らしが良く、東京スカイツリーもよく見えます。

 

石川島公園の次は、相生橋を渡って、越中島公園へ。

 

 

越中島公園は、江東区越中島1丁目にある、北は大島川水門、南は清澄通りまで伸びる、南北に細長い区立公園。

親水テラスがある公園で、夜景観賞スポットとしても有名。

清澄通り沿い近くには、東京水辺ラインの越中島発着場があります。

 

 

越中島公園を出た後、大横川沿いの水辺の散歩道を歩いて門前仲町に入り、江東区富岡1丁目にある深川三久本店に到着。

 

 

深川三久では、もんじゃ焼き、たこ焼き、焼きそば、お好み焼き、あんこ巻きといった、下町グルメを堪能。

 

 

全員で盛り上がった後、お店の前でもう一度記念写真。

 

 

さらに、メンバーさん数名と永代橋から夜景を見て、今年の夏企画を〆ました。

 

以上が、「夏企画 月島~門前仲町散歩&深川三久」の様子ですが、今回はこちらで参加された方の感想をご紹介。

 

 

 

 

 

ご参加くださいました皆様、誠に有難うございました。

 

それでは、9月14日(土)から始まる「第134回 一橋学園~西国分寺散歩」もよろしくお願いいたします。

 

東京お散歩教室

http://tokyo-osampo.com