東京散歩道

「東京お散歩教室」主宰、小島信康が綴る身近な街の素敵発見探訪記。


テーマ:

こんばんは(^_^)

 

今回は3月4日(土)に開催しました東京お散歩教室

「板橋区役所前~王子散歩」の最終日の様子を簡単にご紹介します。

 

出発は板橋区役所前駅から。

 

まずは、仲宿商店街へ。

 

 

仲宿商店街は、旧中山道の最初の宿場町である「板橋宿」に沿って

南端の旧中山道仲宿交差点から、北端の石神井川までのびる商店街。

仲宿商店街振興組合に加盟している店舗は約140店ほどあり

商店街全体では150店くらいあります。

 

 

仲宿商店街で早速食べ歩きタイム。

日本一分厚い「けんぞう」のたい焼きや

地元で人気のマルジューのパンをみんなで試食しました。

 

仲宿商店街の次は、東板橋公園へ。

 

 

東板橋公園は、板橋区板橋3丁目にある公園。

園内には、入園無料の「板橋区立こども動物園(本園)」があり

ヤギや羊、モルモットに触ることができます。

また、ポニー乗り場、子供の池、少年野球場、テニスコートなどの施設もあります。

 

東板橋公園の次は、加賀西公園へ。

 

 

加賀西公園は、板橋区加賀1丁目にある区立公園。

こちらでは、明治9年(1876)に完成した陸軍砲兵工廠板橋火薬製造所で

黒色火薬を製造するために使われていた実物の機械を記念碑にした

圧磨機圧輪記念碑を見学。

 

加賀西公園の次は、漆坊弁財天へ。

 

 

漆坊弁財天は、板橋区板橋4丁目に祀られている小さな弁財天。

もとは加賀藩前田家の下屋敷内にありましたが、昭和3年(1928)のある夜に

「この地に弁天堂を再興せよ」とのお告げがあり、先達の岩本さんが「漆弁天」と称して奉斎。

その後、岩本さんが草取りをしていると、熊手と箒を持った翁が来て

「漆ボウ弁財天が正しい名前で、ボウは田宮坊太郎の坊である。今後は漆坊弁財天とせよ」

と言って姿を消したことから、「漆坊弁財天」と改称。

漆坊弁財天は、幸運と厄除けのご神徳があるといわれ、崇敬を集めています。

 

漆坊弁財天の次は、加賀橋公園へ。

 

 

加賀橋公園は、板橋区加賀1丁目にある、平成25年12月に竣工した

住友不動産の大規模レジデンス「シティテラス加賀」の造成時に

板橋区に譲渡された提供公園。

園内には、この地に平成21年まで、極地に関する総合研究活動を続けてきた

国立極地研究所があったことを知ってもらうために、立川市に移転した国立極地研究所が

加賀まちづくり協議会に記念品として寄贈した「南極の石」が展示されています。

 

加賀橋公園の次は、加賀公園へ。

 

 

加賀公園は、板橋区加賀1丁目にある区立公園。

江戸時代、このあたり一帯には加賀藩前田家の江戸下屋敷平尾邸があり

その広さは21万7千坪余り、江戸に所在する大名屋敷の中では最大で

本国金沢にある兼六園の約7倍の広さがありました。

加賀公園はこの下屋敷内の庭園にあった築山の跡で、明治期から終戦まで

平尾邸の大半は板橋火薬製造所(後の東京第二陸軍造兵廠板橋製造所)になりました。

園内には、「板橋区史跡 加賀前田家下屋敷跡」の石碑や

板橋区と金沢市との友好交流都市協定締結記念碑があるほか

築山の中腹には、弾薬の性能実験の際に使われた

弾道検査管(爆速測定管)の標的の跡があります。

 

加賀公園の次は、音無くぬぎ緑地へ。

 

 

音無くぬぎ緑地は、北区滝野川4丁目にある区立緑地。

石神井川沿いに位置し、木製のアスレチック遊具があります。

 

音無くぬぎ緑地の次は、谷津大観音へ。

 

 

谷津大観音は、北区滝野川4丁目にある南照山観音院寿徳寺の境外仏。

建立計画は第二十四世住職・新井慧誉和尚の発願によるもので

第二十五世・新井京誉住職がその遺志を引き継ぎ

平成20年12月に開眼供養が行われました。

「谷津」はこの地の古くからの呼び名で、寿徳寺の本尊である聖観世音菩薩が

「谷津の観音様」として親しまれていることから、「谷津大観音」と命名。

仏身4.5m、台座を含めた総高は7.7mになる、唐金の鋳造仏です。

 

観音様を拝観後、寿徳寺へ。

 

 

寿徳寺は、北区滝野川4丁目にある真言宗豊山派の寺院。

本尊は「谷津子育観音」の名で信仰されている聖観世音菩薩で

寺伝では、鎌倉時代の初期に早船・小宮の両氏が主家の梶原氏と争い

追われて落ちのびる途中で水中から拾いあげ、安置したと伝えられています。

また寿徳寺は、新選組の局長・近藤勇と諸隊士の菩提寺で

板橋駅のそばにある境外墓地には「近藤勇と新選組隊士供養塔」があり

お墓の管理や供養を行っています。

 

寿徳寺の次は、中央公園文化センターへ。

 

 

中央公園文化センターは、北区十条台1丁目、中央公園内にある文化センター。

区内のサークルやグループの学習・文化活動の場で

各種講座や教室等も開催されています。

建物は、戦前の東京第一陸軍造兵廠の本部として、昭和5年(1930)に完成。

戦後、造兵廠の一部は米軍に接収され、この建物も米軍施設となりましたが

区をあげての返還運動と人々の努力が実り、昭和46年(1971)に返還。

昭和56年(1981)に文化センターとして生まれ変わりました。

そして、平成26年4月に耐震補強、エレベーター設置等の工事が完了し

リニューアルオープンしました。

 

 

最終日は、中央公園文化センターの前で記念写真。

皆さん、撮影ご協力有難うございました。

 

中央公園文化センターの次は、音無もみじ緑地へ。

 

 

音無もみじ緑地は、北区滝野川4丁目にある区立緑地。

もとは石神井川が蛇行して流れていた場所で

川岸の崖下には、松橋弁天(岩屋弁天)を祀る洞窟がありました。

現在は、すり鉢状の護岸構造となり、石神井川に面してワンドが設けられ

川から入ってきた魚が繁殖できるようになっています。

 

音無もみじ緑地の次は、金剛寺へ。

 

 

金剛寺は、北区滝野川3丁目にある、不動明王を本尊として祀る真言宗豊山派の寺院。

弘法大師が遊歴した際に創建したと伝えられており、源頼朝が当地に布陣したとき

松橋弁天(岩屋弁天)に祈願し、寺域に弁天堂を建立したといわれています。

また、金剛寺は「紅葉寺」とも称されますが、これは、この辺りが紅葉の名所として

知られていたことに由来するからです。

 

金剛寺の次は、音無さくら緑地へ。

 

 

音無さくら緑地は、北区王子本町1丁目にある

石神井川が蛇行して流れていた頃の旧流路につくられた区立緑地。

緑地内の崖地は川の蛇行による浸食作用が最も大きかった部分で

攻撃斜面と呼ばれています。

また、12~13万年前の下末吉海進により、東京都付近が海底となった頃に形成された

「東京層」と呼ばれる古い地層を見ることができます。

 

 

他にも、「緑の吊り橋」と名付けられた、23区内でも珍しい本格的な造りの吊り橋が

旧流路に架かっていて、みんなで吊り橋体験をしました。

 

音無さくら緑地の次は、正受院へ。

 

 

正受院は、北区滝野川2丁目にある、阿弥陀如来を本尊として祀る浄土宗の寺院。

室町時代に大和国にいた学仙坊という僧侶が

霊夢によって滝野川の地を訪れた際に創建したといい

本堂左側には、江戸時代後期の北地探検家で、多くの書物を残した

近藤守重(通称・重蔵)の甲冑像「石造近藤守重坐像」があります。

また、亡くなった胎児や赤ん坊を供養していることから、「赤ちゃん寺」と呼ばれています。

 

正受院の次は、音無親水公園へ。

 

 

音無親水公園は、北区王子本町1丁目にある

石神井川の旧流路に造られた区立の親水公園。

石神井川は、北区付近では「音無川」と呼ばれ、古くから行楽地として親しまれてきました。

しかし、昭和30年代から始まった改修工事により、緑の岸辺は厚いコンクリートの下に消え

典型的な都市河川となりました。

その後、「かつての渓流を取り戻したい」という願いから、公園として整備。

昭和63年(1988)に完成した音無親水公園は、全国の都市公園の模範として

「日本の都市公園100選」に選ばれています。

 

音無親水公園の次は、王子神社へ。

 

 

王子神社は、北区王子本町1丁目に鎮座する神社。

旧称は王子権現で、「王子」という地名の由来にもなっている神社です。

御祭神は伊邪那岐命、伊邪那美命、天照大御神、速玉之男命、事解之男命の五柱で

総称して「王子大神」と呼ばれており、開運招福、運気の回生、厄除け、家内安全

身体健全、交通安全や子供に関する祈願にご神徳あらたかといわれています。

また境内は、権現造の荘厳な社殿を中心に、理容業界の神様とされる関神社や毛塚

天然記念物として東京都指定文化財となった大イチョウなどがあり

東京十社の一社として広く崇敬を集めています。

 

こんなふうにあちこち見どころを巡って、王子駅でお散歩は終了。

 

 

その後、ご希望されたメンバーさんたちと居酒屋で打ち上げ。

 

 

さらに、宴会終了後、北とぴあ17階の展望ロビーに行って

夜景を眺めてから、解散となりました。

 

ご参加くださいました皆様、長時間お付き合いいただき、誠に有難うございました。

 

それでは、次回の「雑色~産業道路散歩」もよろしくお願い致します。

 

東京お散歩教室

http://tokyo-osampo.com

 

東京お散歩教室は、真面目に楽しく街歩きをしている団体です。

お散歩系・アウトドア系のサークルを探されている社会人の皆さん

大好きな街「東京」を、歩いて、見て、知って、発信して、一緒に盛り上げていきましょう!

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

お散歩ナビゲーター 小島信康さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。