安倍政権に対し自民党内部からも退陣の声が高まっています。安倍総理は北朝鮮問題での起死回生を狙っていますが、安倍総理に対する国民の嫌悪感は深まる一方です。

 

 安倍総理周辺では「黒い霧解散」もあると野党に対するけん制を始めました。本来は安倍政権の総辞職ですが、野党がばらばらの間に解散するといういつもの安倍戦略もあり得ます。しかし、解散に打って出ようとするならば恐れることはありません。安倍政権の忖度政治を糾弾し、原発ゼロと再エネ、そして格差の是正で十分戦えます。立憲民主党を中心に野党の選挙協力で政権交代も夢ではありません。弱気は禁物です。

 
 民進党と希望の党の合流協議も、連合に背を押されて両執行部は急いでいますが、全体の動向は極めて不透明です。原発ゼロや安保法制に反対してきた多くの議員がこれまでの考えを曲げてまで新党に参加するのかどうか、去就が注目されます。立憲民主党の方針は一貫しています。草の根に根差した政党を目指し、政党同士の永田町的再編には加わりません。しかし政策理念で一致する人が立憲民主党に参加するのは大歓迎という姿勢で一貫しています。自民党政権を倒すためにもすっきりした政治姿勢を貫くことが重要です。