資料の隠ぺい

テーマ:

 財務省、防衛省と報告書の隠ぺいや改ざんが次々と明るみに出ています。私が1996年厚生大臣に就任したときの薬害エイズ資料の隠ぺいを思い出します。

 

 私が厚生大臣に就任する前からマスコミは薬害エイズの研究会報告書の存在を報道していました。私の前の歴代厚生大臣もそうした資料を探すように部下に求めていました。しかし答えは「見つかりません」の一点張りだったと聞いています。私は厚生大臣就任直後にまず正式な調査チームを任命しました。そして歴代薬務局長や生物製剤課長など関係したと思われる人の名前を調べ、質問項目を私自ら作成し、調査チームに関係者一人一人への面会調査を指示しました。

 

 そうした調査が始まって間もなく、薬務局長が私に面会に来て、「郡司ファイル」と呼ばれる報告書が見つかったと言ってきました。「どこにあったのか」と聞いたところ、「薬務局のロッカーの中」という答え。調査が始まって隠しきれないと観念した局長が提出してきたのです。

 

 財務省や防衛庁の資料を自民党の大臣は本気で探したのでしょうか。官僚や担当大臣が安倍政権に忖度して「見つかりません」と隠したとしか思われません。