過去を振り返り

テーマ:
皆様、こんにちわ。

北青会会計の北原彰信です。

今回の私の番で「北青会の会長とゆかいな仲間のブログ」も最後になります。

今後は北青会での行事などをブログで上げていきますのでお楽しみください。

さて、ブログの順番が最後になってしまい、何を書こうかとっても悩んでいます。

そこで、会員が書いた今までのブログを読み返してみました。

この北青会ブログが開設されたのが平成25年(2013)からで丸6年受け継がれ、約300ものお話があげられています。

その中には、思わず笑みを浮かべてしまうような面白い話や、哀しい話、勉強になる話など様々なものがありました。

普段、自分が生活している中でなかなか気付くことができなかった気持ちや感情をブログを通して自分に当てはめることでき、「人に対する思いやりの気持ち」、「ご先祖様への感謝の気持ち」、「失敗をどう反省し、どう改善していくのか」などに気付き、考える事ができました。

また、自分も考えてお話を作る立場になると、やる前は「大変だな」「不安だな」といった気持ちが出てきますが、やり終えた後は達成感でいっぱいです。

「十人十色」で人間には色々な考えがあり人それぞれ違って当たり前です。

そんな中でも会員のブログやお坊さんのお話、家族や友人、また、その時に出会った人の話の中でも「常に」学んでいく事が出来ると思います。

お経の中に「常精進」と言うお言葉がございます。

私たちは、若くても歳を取っても常に修行し続けねばならないのです。いや、修行し続ける事が出来る!いくつになっても成長できるのです。

日蓮聖人のお手紙の中に、このような一文があります。

「我が門家は夜は眠りを断ち昼は暇を止めて之を案ぜよ 
一生空しく過ごして万歳悔ゆること勿れ」

【私たち日蓮の門下は、夜は寝る時間をさき、昼は暇を持て余さず、仏になる道を思案しなさい。
一生空しく過ごして、生涯に悔いがあってはならない】

 がんばることは大切なことです。でも、がんばっても必ず結果が出るとは限りません。成績や結果ばかりにとらわれず、やらなかったことに対しての後悔をしない事が大切なのではないでしょうか。

私も後悔はかなりしてきました。今後は色々なことを糧として後悔しないように生きて行きたいと思います。


皆様の心に北青会のブログが少しでも拠り所になって頂ければ北青会一同嬉しく思います。

今回で北青会のブログは終わったとしても、北青会は永遠に不滅です!!

今後も北青会の活動に期待と関心を向けていただければ幸いに思います。

長い間どうもありがとうございました。