感謝の心で幸せに

テーマ:
こんにちは青年会員の和田孝真です。
今年は暖冬とも言われ、日中は暖かい日もありますが、朝晩の冷え込みは厳しくなってきました。
皆さま、いかがお過ごしでしょうか?
私は日々の生活習慣にランニングを取り入れています。
寒い日でもホッカイロを握りしめ走りに出掛けるのですが、時々周りの人からはなぜそんなに一生懸命に走るのかと不思議に思われることもあります。
しかし、走らなかった日より走った日の方が気持ちが前向きとなり、行動的になれて、とても充実した一日を過ごすことができるのです。
それにはランナーズハイという言葉もあるように、走ることにより、脳内でベータ・エンドルフィン を分泌することによるからだそうです。
ベータ・エンドルフィンには多幸感や満足感、免疫力を高める効果があり、それにより身心のリフレッシュとなるそうです。
脳科学者の茂木健一郎氏によると、人間は感謝をする時に最も多くのベータ・エンドルフィン が放出されるのだそうです。
どんなことにでも感謝ができる人は幸せに暮らすことができます。
私たちが感謝の心をもち生活することは、身心共に豊かに生活していけるのです。
師走を迎え、私の自坊でも大掃除が始まります。
つい面倒臭いと思ってしまいがちですが、日頃の感謝の気持ちを込めて気持ち良く掃除もしていこうと思います。
それでは皆さま良いお年をお迎え下さい。