届いたかな?いろいろな癒し | お花の癒しにふれる場所 n.Ground

お花の癒しにふれる場所 n.Ground

花を見る、花に触れる、花のパワーの詰まったエッセンスを取り入れる…
あらゆる面からの花による癒しについて、ハーブや何気ない花のお話し、
またセラピストの日常について綴っています。

こんばんは*星

フラワーライフマイスター&フラワーセラピストnoriのブログにご訪問いただき、ありがとうございますクローバー

 

「世界フラワーライフ振興協会」

「JMFAナチュラル美生活協会」 他

フラワーセラピストnoriのバックグラウンドについてはこちら

 

clover*フラワーセラピールーム n.Ground(エヌ・グラウンド)

                                                                 イベント情報clover*

クローバー2019年6月中旬開催予定

  決定次第、お知らせいたします

 

 

先日、ハーバリウムのナイトレッスンを開催しましたキラキラ

今回は、香りをつけることもできるディフューザータイプのものと普通のハーバリウムを選択してお作りいただきました。

 

ご自分用に作ったり、母の日用に作ったりと・・・いろいろな思いを巡らせながら制作スタートです↑↑* 

 

 

お母様の好きな色を選んだり、お住まいのイメージに合わせたり、もちろん自分の好きなテイストで作ったり。

ディフューザーの方は、香りを先に決めてから花材を選ぶ人もいれば、ハーバリウムを完成させてから、そのときの気分で香りを選んだ人も。

 

2本作っていただいたので、初めてハーバリウムを作る人も、1本目はそうとう悩んだりちょっと苦労した場面があっても、2本目には最初から自分ワールドに入って作られていました。

 

 

上の写真は、今回、初めてハーバリウムを作られた人の作品です。

シンプルなブルーにしたいということで、色はブルーとほんのちょっとのシルバーのみ。

ある角度から見ると、中心部のカスミソウをブルーのあじさいが囲っているように見えます。しかし別の角度から見ると、ブルーのドームにカスミソウが透けて見えるのです。

こだわりながら頑張って作られた力作ですぱちぱち

 

 

 

お好きなリボンを選び、ラッピングをして完成キラキラ

こちらは2つとも母の日のギフトとして贈られました。ウッディな家ということで、ナチュラルな感じに仕上げられていました。

シトラスの香りを選ばれ、花材にはオレンジを使用されています。

 

 

目で楽しむハーバリウムに香りが加わって、新たな感覚を癒してくれます。

そこに、お母様を想う娘さんの気持ちがプラスされて、いろいろな感覚と感情がわく、素敵な母の日を過ごされたでしょうねd.heart*

 

 

ブログを読んで『ペタペタ』や『いいね』をしてくださる方、

いつもありがとうございますハート


今日も読んでいただき、ありがとうございましたパンダ

 

 

 

世界フラワーライフ振興協会で得られる『フラワーライフマイスター®』は今までのお花の資格と異なります薔薇

 

協会への入り口もいろいろ!!2

あなたが気になるポイントはどれでしょう?

 

・ゴールは“お花の先生”ではありません

→趣味で楽しんでいることも、ひとつの資格になります

 バラフラワーライフマイスター®とは

 

・仕事にも生活にも、花の知識でプラスα

→フラワーライフマイスター®の資格を

  花以外の仕事活かしている人がたくさんいます

 バラ資格取得者の生の声

 バラ資格取得をおすすめする職業・業種一覧

 

・なぜ協会の名前に“世界”が入っているの?

→日本の47都道府県だけではなく

  40ヶ国の大使館や政府観光局がテキスト制作に協力

 バラ協会のネットワークと今後の取り組みについて

 

・資格取得がゴールではなくスタートです

→協会員としての活動が幅広いのが魅力です

 バラ協会員の交流

・なぜ、そんな活動ができるの?

→代表が花以外の業界で実績多数

 バラ協会代表理事プロフィール

 

 

フラワーライフマイスター®は自分のペースで学べますえんぴつ

自宅でテキストを使った学習をし、2級、1級の最後に認定テストを

受けるときだけ認定校などに行っていただきます。

それぞれ、どんなことを学べるのかはこちらをご覧くださいこれ

バラフラワーライフマイスター3級とは

バラフラワーライフマイスター2級とは

バラフラワーライフマイスター1級とは

 

すでに花講師として活動している人も

当協会の認定校として幅を広げてみませんか?

バラフラワーライフマイスターインストラクターとは

 

 

 

新着情報やその他の詳細についてはこちらを!

世界フラワーライフ振興協会公式サイト