ファッションが教えてくれること | 混濁

混濁

あまり役に立たない感じの映画の感想


テーマ:

混濁 The September Issue
2009, アメリカ / 監督 R・J・カトラー(日本公開2009年)
2007年、アメリカ版「ヴォーグ」9月号の締切り5か月前。秋のファッション特大号であり、一年で最も重要な号の準備に編集長アナ・ウィンターは忙しい。トレンド傾向を見極め、特集すべきテーマを決め、撮影準備に入っていくアナは、部員から提案される掲載候補服の採用、不採用を決めるなど、分刻みで仕事をこなしていくが……。(yahoo!映画)


原題はそのまま「9月号」。まさにその9月号の締切までを追った作品です。プラダを着た悪魔とアグリー・ベティが好きなので、存在だけは知っていた鬼編集長アナ・ウィンターを追ったドキュメンタリーということで鑑賞!なんですが、アナ・ウィンター以上に存在感を放っていたのがアナの右腕でクリエイティブ・ディレクターのグレイス・コディントンさん。そんな2人がメインの映画ですね。
私はファッションには疎いほうだと思いますが、そんな私でも楽しめたのでファッションが好きな方にはたまらないんじゃないでしょうか!


とにかくこの映画はアナとグレイスの生き様から学ぶ、って感じなんですよね。

お互いの才能は理解した上で、でも仕事だから甘い事ばかりは言い合えない、だからこそ素晴らしい雑誌を作り上げることができる、そんな二人の姿を映し出しています。
観ていて終始思ったのは、こんな風に真剣に自分の仕事と向き合えるのって羨ましいなあって。重圧もすごいけど、そのぶん達成感はハンパないでしょうね。常に自分の作りあげるものに自信を持てるからこそ素晴らしいものを生み出せるんだろうなあ。


VOGUEが舞台なので、綺麗なモデルさんたちもいっぱい出てきます。

なんか普通のことなんだけど、モデルさんもパイとか食べるんだ!って驚いてしまった笑

撮影前においしそうなパイだけどコルセットがキツいから食べられないって感じのこと言ってて、終わったらおいしそうに食べてる姿すごく可愛かったです。


この映画で取り上げている9月号の表紙に選ばれたシエナ・ミラーも、パスタ食べるの控えなきゃ~とかいってて、ああみんな私たちとおんなじなんだなあって親近感がわいてしまいましたよ笑

そんなVOGUEやモデルさんの裏側が楽しめる映画です。

混濁
画像を検索していたらこんなものを見つけました。なんて可愛い写真!

そして映画中ずっと、まさにこんな感じでした、グレイスとアナの二人 笑

エレベーター待ってる時にちょっと気まずそうだったのとか面白かったわ。


とにかくファッションが好きな方は絶対にたのしめるかと。それ以外の方でも、「働くこと」なんかについていろいろと刺激をもらえる作品ですので、オススメですよ!



※以下、映画の感想というよりはグレイスさんへの愛を叫ぶ場と化しておりますし、言葉も引用しまくりで人によってはネタバレ、と感じるかもしれないので、それでも大丈夫!という方か、既に映画を観ている方はどうぞ!ほんと長いので、お暇なときにでもどうぞ…笑



アナ・ウィンターさんの顔は実は初めて見るんですが(もしくは見たことあるけど覚えてなかった)、

いや~さすがといえばいいのか…気品漂う佇まいと美しい顔に映えるボブカット…一目でなんかすごい人や!ってわかる、オーラ漂いまくりなお方でした…


ファッションも上品で綺麗なんですよねえ。化粧もキッチリしているし。
プラダを着た悪魔なんかからのイメージ的には、全然笑わない人なのかな?と思っていたんですが、結構普通に笑ったりするからちょっとびっくりした笑 でも笑っただけでなんだ笑うんじゃん~とか安心しちゃう時点で、画面越しに彼女の威圧感にやられていたのかも…でも笑うと可愛いんですよ、アナ…!


そんな氷の女なアナも、娘の前ではほんとにただの"お母さん"って感じ。

娘さんに意見を求める姿もそうですが、最後のインタビューで「強みは?―決断力、弱みは?―子供たち」と言っていただけあって娘さんを大切にしている様子が見られてよかったですね。

プラダを着た悪魔でミランダがアンディに弱みを見せたときに感じる、ああ完璧なように見えるこの人も同じ人間なんじゃん!というような安堵感 笑

娘さんもさすがアナ・ウィンターの娘!って感じで、自分の意見をしっかりもってる素敵な女性でした。

そうそう、アナが今の仕事についてる理由がちょっと意外だったなあ。でもそこがいいですよね。


しかし、ランウェイを観るときにサングラスかけたままで服の色とかまでちゃんと分かるのかな…とかいらん心配をしてしまったんですが、アナ・ウィンターなので大丈夫なんでしょう。きっと。笑


混濁

(左:グレイス・コディントン 右:アナ・ウィンター)



一方のグレイスさんはいつもすっぴんに近いかんじで、歩き方もちょっと特徴的。

ぶっちゃけ、ビジュアルは結構インパクトがあります(申し訳ない)。だって眉毛ないんだもん!

初めて画面に映ってきたときには、誰だこのインパクトのある赤毛の方は!と目が釘付けになってしまったほど笑(一瞬、えっヴィヴィアン・ウエストウッド!?って思ったしw)


心の奥が読めない感じの"氷の女"アナとは対照的に、彼女は感情を正直に表に出しまくります。
渾身の写真たちや、素敵な洋服に素敵…!とうっとりしたり、そんなものたちがアナによってボツにされていけば信じられない!といった感じで怒ったり、同僚の方が落ち込んでる時には活をいれ…といった感じで、かなり"人間らしい"感じの方です。よく笑って明るい感じで凄く素敵でですね…もうすっかりグレースさんのファンになってしまいましたよ!笑

混濁 ビジュアルにインパクトがあると言ってしまいましたが、グレースさん昔はVOGUEのモデルだっただけあって今でもとても可愛らしい方なのです。(このi-Dマガジンの表紙すごく可愛くって胸がきゅんとしてしまいました♡素敵♡)

2011年に70歳のお誕生日を迎えられたらしいので、この映画のときは66歳とかだったのかな?それであの可愛さとセンスの良さを持ち合わせているなんて!こんな人になりたいですね~。


彼女の作り出す世界観もとても美しく、遊び心があって、と、とにかく彼女の内面をあらわしているかのようなものばかり。

(とかいいつつ彼女のことはこの映画で描かれている範囲内でしか知らないんだけど笑)

女性の多くはきっと、「素敵ー!」と思ってしまうに違いない!Grace Coddington Workで検索すると彼女の手がけたものがたくさん見られますので気になった方はぜひ。


も~ほんとに彼女がどれだけ素敵かはぜひ映画をご覧になっていただきたいんですが、とりあえず私が良いなあと思った彼女の言葉を引用しておきますね。


"最良の選択かしら?妥協はダメよ"

"もっと努力しなくちゃ でないと非難される"

"生き残る道を学んでいかないと 自分の存在を認めさせ必要とされるようになり 自分のやり方を見つける事"

"エディターになった最初の頃、有名な写真家のノーマン・パーキンソンと撮影したの 彼が言ってたわ 

いつも目を開けていろ 移動中に眠るな 目に映るあらゆるものがインスピレーションを与えてくれる"


混濁 この画像の左のカメラマンさんは、なんと実際にこの映画を撮影していたカメラマンさんです。グレイスに「ジャンプできる?」と聞かれ、突然撮影に参加することになって撮られた写真です。凄く良い写真ですよね!

この写真に対してアナは、もちろん「いい写真ね」って褒めてますが、「修正が必要ね ジムで少しやせなくちゃ」って言うんですよ。あ、でも冗談めかした感じでですよー!全然和やかな雰囲気でね笑


それで、グレイスさんはそのあとカメラマンさんからアナが言ったことを聞いて、

「いじっちゃ(彼のお腹をへこませる処理)ダメよ。あなたが痩せてないからいいんですもの。ありのままのあなたに意味がある。普通の人間ですもの モデルじゃなくて。完璧な人ばかりじゃない。完璧なのはモデルだけで十分。ジムは必要ない。」って言うんです。もうこれがかなりじーんときちゃって。そのあとも電話して、「ボブのお腹は修正しないでね お願い痩せた男性モデルみたいにしたくないの 頼むわね 細くしないで 今のままでいい」って。

もうほんとなんて素敵なのグレイスさん…!って感じでした笑


彼女がボブ(カメラマン)をこの撮影に参加させた理由も、

"天才的なひらめきだったの あなたを写そうって 廊下を歩いていた時のこと 私のラックを見ていたから ちょっとムカついて 仕返ししたの"

とかいっててもう可愛すぎるーーー!!!


こんだけぐだぐだ語ってるのでお判りでしょうが私この映画大好きです!!!

DVD欲しいなあ…気持ちに活をいれたいときとかに見たらすごくよさそうです。


しかし、昔はドキュメンタリーとか興味なかったのに最近観るのが楽しくて仕方がない。

フィクションもいいけど、現実で頑張っている人を見ると自分も頑張らなきゃ!と刺激をもらえていいですね。



ファッションが教えてくれること [DVD]/ビデオメーカー
¥4,200 Amazon.co.jp

*:..。♡MEO♡。..:*さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ