君、ちょっとCD棚の整理を手伝ってくれないか。(仮)

中学から買い始めたCDがあまりに増え、自分で何を持ってるか把握出来なくなってきた。そのため同じCDを2枚買うという事件を産むこととなる(4回)。

この悲劇を五度繰り返さぬよう一枚一枚確認していこうという、

ブログにするほどでもない内容のブログなのだ。


テーマ:

ukibune

荒川さん!!
それ、金メダルじゃなくて、なくて、
フィアットのスペアタイヤですよ!!


さて、ホテルワ、ナニサリ、どちらから語ろう。

時間的にはホテルワの方が先だが、
ライブは熱い内に打たねば。

という訳で、
2月25日土曜日、
ジョー山中の愛人が5,000人収容出来るという
(港カヲルがMCで言ってたので間違いない)
大阪城ホール略して城ホールで行われた、
「[新]ナニワ・サリバン・ショー」に行って来た。

以下はその感想をだらだら語る。

まず、全体的な印象を先に述べると、
今回は比較的しっとり系が多く、
前回の「続ナニサリ」に較べれば、
若干大人しく感じた。

客も「続ナニサリ」や先日観た「ROOTS66」も
結構高い年齢層が占めていたのだが、
今回はもっと高かったよう。

俺の隣の客は60位のおっさんで、
綺麗な奥さんに連れられて来ていたようだが、
最後まで座って憮然として観ていた。

まぁ、出演者の殆どがオーバー40なので、
客も歳取ってるのは仕方ない。

逆に言えば、それなりに歳を取ってても
ロックンロールショーは楽しめるという事の証左とも言え、
今の高齢化時代にフィットしたイベントだったとも言える。

つまりはステージも客席も
おっさんとおばはんばかりだったのだが、
ステージ上のおっさんおばはんは
只のおっさんおばはんな訳では当然無い。

ROOTS66同様、否、それ以上に、
この生き馬の目を抜く音楽界で、
戦い抜いた歴戦の猛者共なのだ。

HISの細野晴臣なんて何歳だ?
おっさんを越えてお爺ちゃんと言っていい人が、
一節呻るロックンロールの格好いい事!
アレ何て曲だったんだろう。
知ってる人教えて下さい。


とりあえず、印象に残ったアーティストを挙げれば、
まずは矢野顕子。
不思議な声、不思議な旋律、不思議なピアノ。
音楽的才能という意味では、
この人が群を抜いていたように見えた。


BEGIN。
只のマーク・ハントに似た沖縄人という認識だったが、
実に心地よい音楽を奏でる。
MCもこなれててキッチリ笑いを取る所も流石。


清志郎の中学の後輩として紹介された
ハナレグミ永積。
彼は年齢的にもまだ若いが、
その歌声はおっさんの心にも届く程に澄んでいる。


そんなしっとりまったりな空気を切り裂いたのが、
グループ魂。
年齢もモラルも高そうな客席に向かって、
必須挨拶「おっぱい元気!?」。
毎回構成はほぼ一緒だが、
この日の為にちゃんと細かいネタは考えてくるのが
この人達の素晴らしさ。
最後に港カヲルが歌った、
「スローバラード」→「君が代」→「ウルトラマン80」
のMIXは最高。


しかし、そんな彼に
「次は金玉ポリポリポリシックスです!」と紹介され、
無茶苦茶やりにくい空気でやらざるを得なかったのが、
GO!GO!7188。
只でさえ今日のラインナップの中では浮いていたというのに、
あろう事か魂の後。
そして残念ながら彼らに
広い城ホールの空気を変える程の力は無い。
さっきまで総立ちだった客は半分以上座ってしまい、
激名曲「浮船」さえも全く通用しない。
少し可哀想な気さえしたが、
彼らにとっては良い経験だっただろう。
って、偉そうだな俺。


そして、清志郎。
もう昨年だけでも同じようなライブを3回観ているのだが、
何故か飽きない。
それに今回はCHABOだっている。
幾度と無く聴いたお馴染みのRCナンバーも
CHABOが弾くとやはり一味違う。

最後は当然のように
全員出てきて「上を向いて歩こう」と「雨上がりの夜空に」。
「雨上がり」時にはアメママンも登場。
そういや、遊びに来てたと思われる大西ユカリも呼び込まれていたが、
その歌声は聴けず仕舞い。残念。

最後は清志郎とCHABO二人きりで一曲演奏し、
この大イベントは幕を閉じた。


他にも素晴らしいアーティストは沢山居たが、
キリがないので終わり。
ただ、中村獅堂はワースト。
彼の歌う「君にジュースを買ってあげる」も、
「気持ちE」もレベルが低かったと言わざるを得ない。



浮舟。
この曲大好き。
それだけにもっと良い環境で聴きたかった。
来月、彼らの単独公演をMちゃんに付いていき観る予定なので、
そこで7188の真骨頂はそこで堪能する。


PSEのコーナー!

P! パープルヘイズを

S! そつなく唄う

E! 演歌歌手

これはこの日の坂本冬美さんですね。
この人も見事でした。

↓電気用品安全法のページ(経済産業省)
http://www.meti.go.jp/policy/consumer/seian/dena


GO!GO!7188, 浜田亜紀子
浮舟 (CCCD)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
upliftmofo
荒川さん!!
それ、金メダルじゃなくて、
笛ガムですよ!!


ホントなら「ホテルワ」か
「ナニサリ」について書くはずだったが、
今日は劇団2TBさんの公演を観に行った、
というか、ほそG先輩の手伝いで
ビデオ撮影のアシスタントをしにいき、
その慣れない一日仕事に非常に疲れてしまったので、
またもや適当にちゃっちゃと終わる。

2TBの皆様、関係者各位様、
誠にお疲れさまでございました。


さて、今日はレッチリ。
なんとフジロック参戦が決定したとか。

以下、発表アーティスト。

○Broken Social Scene
○Flogging Molly
○Franz Ferdinand
○THE HIVES
○MOGWAI
○North Mississippi All Stars
○大江慎也
○Red Hot Chili Peppers


ダ、ハーーーーイヴス!!
モ、グーーーーワイ!!
大、江ーーーー慎也!!

これはちょっと凄いね。
今年こそは行きますか!

THE UPLIFT MOFO PARTY PLAN。

3枚目なのかな?
まだファンク色、変態色が色濃い頃。
前回の来日でやったME & MY FRIENDSが良かったなぁ。


PSEのコーナー!!

P! パリの

S! シャンゼリゼ通りは

E! エレガントだ。


周知の事実を敢えて言ってみる。
当然行った事がある訳ではない。


↓電気用品安全法(PSE法)に対する署名
https://www.jspa.gr.jp/pse/index.cgi


The Red Hot Chili Peppers
The Uplift Mofo Party Plan
AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

bestoffree

荒川さん!!
それ、金メダルじゃなくて、
トローチですよ!!


今日は昼イチで「ホテル・ルワンダ」観て、
夕方から「新ナニワ・サリバン・ショー」観ました。
地獄と天国を一日で観た気分。

流石に疲れたので、
その感想はまた後日。


PSEのコーナー!!

P! ポール・ロジャースを

S! 三号生で例えると

E! 影慶


功績は認めるが、
イマイチ地味ってことなのかな?
なのかな?って誰に訊いてるのかな?


という訳で、FREEのベスト盤を。

うーん、地味だ。
ベスト盤だけで判断するのは早計だが、
俺が好む音楽性ではないな。

じゃあ、お休みなさい!

↓「電気用品安全法に反対します 」
http://antipse.org/


Free
The Best of Free: All Right Now
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

korinosekai

荒川さん!!
それ、金メダルじゃなくて、
石器時代のお金ですよ!!


さて、溜まっているバトンの処理を。

いつの間にか旧友と言っていいくらい
古い知り合いになってしまったはぴさんから。
タイトルは付いてなかった。
印象バトン、てな感じだろうか?


▼回してくれた人の印象

 豆タンク、
 と、彼女の本名を知らない学生時代は陰でそう呼んでいた。
 その後、バレて糾弾された。

 物凄い真人間でありながら、
 世間とは逆方向にキャタピラを進める
 猪突猛進ぶりには敬服する。


▼周りから見た自分はどんな風に見られているか、5つお答えください 。

 1・馬鹿。
 2・子供。
 3・世間知らず。
 4・頼りない男。
 5・間抜け。


▼好きな人間性について5つお答えください

 1・覚悟。
 2・柔軟。
 3・独創。
 4・貫徹。
 5・母性。


▼では逆に嫌いなタイプは??

 会話がスゥイングしないタイプ。

 団塊の世代とは大体会話が成り立たない。
 

▼自分はこうなりたいという理想像とかありますか?

 心にドスを持ちたい。


▼自分を慕ってくれる人に叫んでください

 お、おま、お前ら心の奥では馬鹿にしてんだろう!!


▼そんな大好きな5名にバトンタッチ!![印象つきで]

 いつもの通り、適当に終わらそうと思ったら、
 はぴさんのバトン文の中に、
「周りにはバトンクラッシャーが多い気がするのですが・・・
クラッシュしない方に回そうかな」
 という一文があり、
 まともに回さざるを得なくなった。

 mixiで貰ったから、
 mixi内に返してみよう。

 SHU~さん→偉大なる勘違い。
       だが、その勘違いを原動力に前進する所が素晴らしい。
 あっきーさん→10年以上印象が変わらない男。
        ただ、年毎に増えるエロエピソードにはこちらが萎える。
 B.U.Pさん→典型的末っ子。
       そういう意味では俺に似ている。
 構築さん→昨年久し振りに会えば別人のよう。
      心に芯がある感じに。
 快児さん→10年近く会ってないが、
      当時から抜群に面白く、俺を嫉妬させた。

というか、彼らはこのブログを読んでるのだろうか。
読んでても別に受けなくてもいいですよ。
また、上記以外の人でも持ってっていいですよ。


今日は荒川さん(前座の力道山じゃない方)を祝して、
「氷の世界」。

日本初のミリオンセールスアルバム、なんだっけ?
とにかく、邦楽ポップ界の歴史的一枚。
これ、筋少の「氷の世界」が好きで、その流れで買ったんよなぁ。

2曲ほど清志郎と共作してますね。
あ、明日清志郎観てきます。



さて、PSEのコーナー!


P! パッションを感じるのは

S! 三国志でも

E! 演義の方


吉川英治氏は執筆前にそう呟いたという。
そんな可能性も無くは無い。


このコーナーを始めた途端
昨日はぐーすか寝てしまった。
すみません。

↓電気用品安全法@2chまとめ(Wiki)
http://www8.atwiki.jp/denkianzen/pages/11.html


井上陽水
氷の世界
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

acdclive

P!!

ポリンキーを!

S!!

サクサクやりながら!

E!!

栄養学を勉強!!


人間とは常に矛盾を抱えた動物である、
という事をあいうえお作文で表現してみたが、どうだろう。

という訳で、
電気用品安全法の改正を求めるため、
今日からPSEをお題にした
あいうえお作文を発表していく事に今決めた!

それに何の意味があるのだと言われれば、
何の意味も無いのだが、
より多くの方にこの問題を知ってもらう為には
毎日この問題について書く事位しか俺には出来ない。

しかし、毎日毎日辛気くさい話もしてられないんで、
出来る限り自然にPSE問題をブログに織り込むにはこれしかないのだ。

http://www.meti.go.jp/policy/consumer/seian/dena
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S36/S36HO234.htm

http://sound.jp/pse/
http://www.jspa.gr.jp/pse/


それはさておき、
mixiの方でバトンを3つも貰った。
バトンというヤツは来ない時はしばらく来ないが、
来る時はまとめて来るな。

まず、一つ目はエジンベアさんから頂いた
進化バトンだ。

進化バトンは2回目だが、
このバトンは文字通り進化するバトンの為、
(気に入らない質問を3つ削除して、
 新しい質問を3つ加えてください、との事)
前回と全く異なる内容になっている。


それでは25代目進化バトン。


★今リアルに1番欲しいものは?★

 やっぱ、今はとにかく1勝ッスね。

★最近毎日欠かさずやっていることは?★

 やっぱ、走り込みと投げ込みッス。

★あなたの好きな異性のタイプは?★

 何でも受けてくれる人ッスね。

★最近はまってることは?★

 ボールの握りの研究ッスね。
 中指を縫い目に掛けるかどうかで全然違ってくるッス。

★休日に何をしたい?★

 いやー、今はとにかく練習ッスね。

★もし生まれ変わるなら何になりたい?★

 次も絶対野球選手ッス。

★好きな超人は?★

 やっぱ、高津さんじゃないですかね。
 あの人の球は半端じゃないッス。


それはシンカーバトンだ!!
しかも、書くのに結構時間掛かった上に面白くない!


とりあえず、普通に答えてみる。

★今リアルに1番欲しいものは?★
膨大な暇な時間。

★最近毎日欠かさずやっていることは?★
こういう作業。

★あなたの好きな異性のタイプは?★
品の良さと無邪気さ、
母性と処女性を併せ持つ人。
尚かつ、適度にエロい人。

★最近好きなミュージシャンと曲は?★
別にCDを買った訳でもないが、
正直ドーピングパンダを見くびっていた。
謝罪します。

★最近はまってることは?★
おしゃぶり昆布。
俺の顎関節症は、
顎の筋力の低下が原因ではないかと考え、
最近毎日噛んでいる。
カロリーも低いので、
ダイエットにも良いに違いない。

★好きな超人は?★
ベンキマン。
便器にうんこを乗せただけという、
ショッキング過ぎるデザイン。
表現というものはどこまでも自由であることを
小3の俺に教えてくれた。

★好きなサイヤ人は?★
ナッパ。
ハゲで髭ででかいキャラは、
少年漫画においてはおおよそ噛ませ犬である事を教えてくれた。

★好きな三号生は?★
独眼鉄。
人生は最初のハッタリが大事であることを教えてくれた。

★好きな究極生物は?★
エシディシ。
感情を露わにする事の大切さを教えてくれた。

そして、AC/DCというバンドを俺に教えてくれた。
(それを言えばカーズだってサンタナだってそうなのだが)

とは言え、AC/DCはこの縦にでかい2枚組ライブ盤しか持ってない。
しかし、これ一枚でAC/DCの魅力は充分伝わる。

ちっさいおっさんが半ズボン履いてSGを掻きむしる!
これこそロックンロール!


因みにこのバトンは、
★次のバトンを渡す人★
という質問を
★好きな三号生は?★
に変えてしまった為、
次に回せなくなってしまった。

申し訳ないが、ここで進化は途絶えた。
でも、持っていきたい人がいたら持ってって下さい。


AC, DC
AC/DC Live: Collector's Edition



AC, DC
AC/DC Live
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

goldengooldiesshow

ミキティは可愛いねぇ。
4回転、頑張って!!
回って回ってバターになっちゃえ!!

でも、考えてみればミキティって愛称、
元々モー娘。の藤本美貴の愛称じゃなかったっけ?


おい、藤本!
お前、噛み付かないのか!!
今しかないぞ、俺達がやるのは!!


そう長州も言う通り、噛み付くなら今しかない。

昨日も軽く触れたが、
PSE問題だ。


PSE(電気用品安全法)とは何か?
詳しくは、
http://www.meti.go.jp/policy/consumer/seian/dena
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S36/S36HO234.htm
などを見てほしいが、
要は、中古の電子・電気楽器、音響機器、家庭用ゲーム機などが事業としての販売を規制される、
というわけである。

因って、古いアンプもエフェクター(一部)も4月からは買えなくなる。
昨日のブログでこの法が
「ガレージバンド禁止法」と書いたのはそのためだ。

無論、新品だってガレージは出来るが、
ガレージファンは音に拘る者が多い。
わざわざ古い機材を揃え、
50年代、60年代の音を蘇らせる、
例えばザ・ニートビーツのようなバンドは
日本に於いては今後一切出てこられなくなる。

日本の音楽もゲームも、
世界に誇れる文化だと俺は思っている。
これらを規制するという事は、
これから出てくるはずだった
世界に羽ばたく音楽やゲーム製作の才能の芽を摘む行為だ。

日本国は自国の文化的発展を放棄した。


当然、安全対策は必要だ。
何もこの法が全て間違っているとは言わない。
電化製品による火事は多い。
何も耐久年数をとうに超えた楽器を使わせろと言っている訳ではない。

言いたいのは、
本当に、経済産業省は安全と文化の両方を守るように論議したのか?
という事だ。

この法には絶対に再考の余地がある。
俺はそれを疑わない。

っていうか、小泉!!
お前、そう言えばエルヴィスのファンじゃねぇのかよ!!

http://sound.jp/pse/
http://www.jspa.gr.jp/pse/

今日はらしくもない(健悟)真面目な文章に終始してしまったが、
俺のブログにだって一度位いいこと書いたっていいだろう。


GOLDEN GOODIES SHOW。
ニートビーツのライブ盤。
紙ジャケ、モノラル。

一度こいつらのライブに行ったが、
それはそれは良い音だった。
最後にハイロウズ(当時)の
白井さんとマーシーが出てきて小躍りしたなぁ。


THE NEATBEATS, 真鍋崇, MIKE LEIBER, 楠部真也
GOLDEN GOODIES SHOW
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

garageinc

人によって金銭感覚はまちまち。
皆様は何円からが高い買い物になるだろうか。

俺のポッケから5千円も出せば、
それは高い買い物にカウントされる、
エンゲル係数が何とも高い我が家計。
計算した事無いけど。

そんな下流階級ど真ん中な俺が、
先日遂に1万円も出して買ったのが、
「nuggets」だ。

日曜のバンド練習後、
ジョニー・キャッシュのCDを調べに、
梅田マルビルタワレコに立ち寄ったのだが、
そこのボックスのコーナーで偶々見つけてしまった。

ポッケを探れば、9,600余円。
このでかい代物が9,400円。
ギリギリ足りてしまった。
ポイントカードが一気に一杯になってしまった。

ある程度ロック音楽を嗜まれる方なら
恐らくご存知だろうが、
この「nuggets」というのは、
72年に出たサイケ、ガレージの27曲入りコンピに、
更に92曲追加した4枚組CD BOXである。

昔のガレージバンド(ガレージに限ったことではないのだろうが)は
アルバムではなく、シングルで音源を発表する傾向にあった。
すると、後々ガレージな音源を漁ろうとしても非常に困難。
そんな状況下で大変重宝された名コンピらしいのである。

ミッシェルに触れて以来、
他のガレージサウンドも聴くようになったのだが、
色々探求していくと、
どうやら絶対このnuggetsに辿り着くようになっているようだ。


で、中身はどうだったかと言われれば、
実はまだ聴いてない。
何となく勿体なくて聴けてない。
俺は小人物過ぎやしないか。
明日から聴きます。


仕方ないのでガレージ繋がりでコレを。

メタリカの2枚組カヴァーアルバム。
正規のアルバムの緊張感と違い、
実に楽しそうに演奏してらっしゃいます。
過去に廃盤になった曲も入っててお得です。


そういえば、もうすぐ「ガレージバンド禁止法」とも言える
PSE法(電気用品安全法)が施行されてしまうらしい。
俺は機材に凝る方では無いが、
これから日本でガレージバンドが出なくなる法には
断固反対する。

http://sound.jp/pse/
http://www.jspa.gr.jp/pse/



Metallica
Garage, Inc.
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

mylifeasair

(以下の文の殆どは、
昨日の仕事中に書かれたものであるが、
仕事後「ウォーク・ザ・ライン」を観に行き、
ブログにはその感想を書いてしまったため、
やむなく今日の掲載となった。
じゃあ、今日用に書き換えれば良いのだが、
それは非常に面倒臭い作業が伴う為、
敢えてそのまま掲載する)



今日は土曜で、他の社員は出社しておらず、
会社には俺一人だ。
例えるなら、田舎の元旦みたいな感じだ。

やるべき仕事はあるにはあるが、
別に月曜に回しても何の問題もない。
例えるなら、サマワの自衛隊みたいなもんだ。

折角なんで、
若干の罪悪感を感じながら、
例えるなら、知らない人の自転車のカゴに
空き缶を入れるくらいの罪悪感を感じながら、
こうして仕事中にブログを書いている次第なんだが、
ふとmixiを覗くと、
ほそGさんからバトンが回ってきていた。

何でも、【例えバトン】というものらしい。
早速やってみようと思う。
例えるならば、芸能界における押尾学のように
早速やってみようと思う。


 1.自分を色に例えると?

薄くくすんだ青だろうか。

CMYKで言うと、
C50 M20 Y5 K10くらい。
RGBで、R115 G150 B180くらい。

青いまま年月が経ち、くすんでしまった感じ。
顔色も大体こんな色だ。


 2.自分を動物に例えると?

役に立ちそうで、意外と役に立たないロバか。


 3.自分を好きなキャラに例えると?(漫画や映画でも)

 自称:
昔は「さくらの唄」の市ノ瀬に自分を重ね合わせたものだが、
俺にはあれほどの性体験や才能は無い。

先日このブログでも紹介した
「ショーン・オブ・ザ・デッド」の主人公のボンクラ加減には、
かなり身につまされた。


 他称:
以前三国志話をしていたら、友達に
「お前は、自身は大したことないが、
 周りが支えてくれるという意味で劉備かもしれない」
と言われた事がある。
だが、俺にはあんなカリスマは無い。

あと、「私の中では次元(大介)」とある女性に言われた。
嬉しいが的が外れてるなあ、と思わざるを得ない。


 希望:
憧れるキャラクターは星の数ほどいるが、
強いて言えば、
「少林サッカー」で、
いなくなったキーパーの代わりをかって出、
悲壮感と覚悟の中、愛する妻に電話するおっさん。

交替前のブルース・リー激似キーパーも良い。
担架で運ばれる中、
ブルース仕様のグラサンを掛ける美意識。


 4.食べ物に例えると?

何だろう。
一部にはウケがいい、チェリオ、みたいなもんだろうか。


 5.次にまわす5人を色に例えると?

久々に有名人シリーズで。
このシリーズはいちいちその人のブログに行って
TBしなくちゃならないのが面倒臭い。
じゃあ、やらなきゃいいのだが。


さとう珠緒さん
オーピンクなんだからピンクなのだろう。

青山愛子さん
青山さんだから青なのだろう。
全く存じ上げないが、
お綺麗な方なので、リストアップ。

赤星憲広さん
赤星さんなんだから赤なのだろう。

ボビー・オロゴンさん
腹の中まで黒かったのは何とも残念。

中川翔子さん
ただ単にTB出来るかどうか実験。
過去何回やってもできなかったのだ。



MY LIFE AS AIR。
自分を空気に例えてはる訳ですな。

この頃は随分ラウドですな。
急に永山則夫の名前が出てきてびっくりしたりします。


AIR
MY LIFE AS AIR
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

tidal

昨日、FM802で素晴らしい曲を聴いた。
ジョニー・キャッシュの「HURT」という曲。
ナインインチネイルズのカヴァーだ。

もう3年も前にリリースされた曲なので、
ご存知の方も多いと思うが、
恥ずかしながら俺は昨日初めて聴いた。

家に帰りネットで調べると、
曲もさることながら
PVも非常に高い評価を受けている事を知った。

そして、今までは名前しか知らなかった
ジョニー・キャッシュという人物が、
音楽界に於いて非常に重要であったことを知り、
慌てるように彼の半生を綴った映画
「ウォーク・ザ・ライン~君に続く道」を観に行った。

という訳で以下はその感想を語るので、
まだ観ておらず、且つこれから観ようと思ってる人は、
10年以上かけて好きなコにアタックしてて下さい。



まず、前半で彼が如何にしてミュージシャンになったかが語られる。
プロになる切っ掛けとなる、
サン・レコードのプロデューサーから訓辞を受け、
信心深い田舎の兄ちゃんが、
ロックンローラーに変貌を遂げる。

俺はジョニー・キャッシュという人は、
只のカントリー歌手としか認識していなかったのだが、
彼はエルヴィスやジェリー・リー・ルイスらと共に、
ロックンロールを創成した一人なのだ。

この辺りの手触りは昨年観た
レイ・チャールズの映画「Ray」と非常によく似ている。
ジャンルは違えど、共に同じ時代に産まれ、
ロックミュージックを自分の手で産み出してきた二人だ。
似て当たり前なのだろう。

そして、この二人だけでなく
当時のミュージシャンが
皆そうであったように(今もか?)
数多くの女を抱き、
酒とドラッグに溺れる。

もう一つレイとの共通点は、
幼い頃に観た、兄弟の死、という所だ。
(このお兄ちゃん役の子役が妙に上手い)
これがトラウマとなってドラッグ中毒と綯い交ぜになり
後々まで自らを追い詰める、という所もそっくり。
因みに、偶然なのかジョニーを演じるホアキン・フェニックスも
若い頃に兄リバー・フェニックスを亡くしている。

そんなジョニーが全編通して恋い焦がれる相手が、
同じミュージシャンのジューン・カーターという女性。
演じるは「金髪の濱田マリ」ことリース・ウィザースプーンだ。

結局この映画ではジョニーの苦悩も生きる意味も、
ジューンに対する愛情の中にある。
特に後半はほぼその描写で埋められる。
最初はリースの面白い顔に
「そこまでするほどいい女なの?」と思って観てるのだが、
途中からどんどん魅力的に見えてくるんだから映画って不思議。

この映画の一番の見所は
やはりホアキンやリースが自ら歌ったという
数々のライブシーンだと思うのだが、
その中でも刑務所でのライブが非常に格好いい。
まるでメタリカだ。

とりあえず、俺の頭に
ジョニー・キャッシュという人物と音楽がインプットされた。
これからカントリー方面のCDも漁る事は決定で、
尚も広がるCD棚の音楽の幅に頭を抱える次第なのである。


ジョニー・キャッシュは晩年のアルバムは
アメリカン・レコーディングというシリーズで、
かのリック・ルービンがプロデュースしている。

その中でU2やトム・ペティや
色々なアーティストと共演しているようなのだが、
その中でフィオナ・アップルと共演している曲もあるらしい。
これは是非聴いてみたい。

というわけで、フィオナで。

TIDAL。
「真実」の後で聴いたので、衝撃は薄かったが、
これがデビュー作と考えると、
やはりとんでもない才能だということが分かる。


あと、一つ。
この映画を観てから
もう一度「HURT」のPVを観ると深みが増します。


Fiona Apple
Tidal
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
mulevariation
「ウチでもね、湾岸戦争があってね」

「はー、君んチで湾岸戦争が」

「こないだも奥さんと大喧嘩して」

「それが湾岸戦争と何の関係があんねん」

「奥さんがお椀を僕に投げてやな、
 それが僕にガーンと当たった。
 お椀がガーンで湾岸戦争やがな」


以上は在りし日の夢路いとし・喜味こいしのネタの一部(うろ覚え)である。

第二次世界大戦も広島原爆をも乗り越えたお二方にとっては、
湾岸戦争などシャレのネタ程度でしかなかった様子。

そんな湾岸戦争の映画が只今公開中。
タイトルは「ジャーヘッド」。

という訳で、
以下にはその感想を書くので、
まだ観ておらず、尚かつこれから観ようと思っている人は、
水分補給を怠らずに待機!!



俺は湾岸戦争と聞くとまず上記のいとこい先生のネタを思い出す。
つまりニュースとしては、
多感な高校時代に勃発したにも拘わらず、
ほとんど印象が無い。

唯一覚えているのは、
ミサイルに搭載されたカメラが
倉庫だか基地だかの建物にぶつかる瞬間を捉えた映像。
あの映像が象徴するように、
近代の戦争は大量殺戮兵器が戦況を決するらしい。
(アメリカだけに限った話かもしれんが)

では、現場では兵士たちは何をしていたか?

この映画を観る限りでは、
彼らは何もしていない。
ただただ、退屈と緊張に耐えていたようだ。

さんざん上官から罵詈雑言を浴び、頭は空っぽになり、
死人が出る程過酷な訓練に耐え、
人殺しの技術を覚え、
いざ戦場に出てみれば、
砂しかない場所で永い永い待機。

男しかいない状況で隔離されれば、
やる事と言や、
オナニーと下ネタと体力に任せた遊びとオナニーしかない。
俺の学生寮時代を思い出す。
(サム・メンデスは名作「アメリカン・ビューティ」で、
 「男はシコるもの」という視点を固定した。グループ魂か。)

そう、確かにこの作品は主人公の若かりし頃を描いた
青春映画と言えなくもない。
ただこの映画が青春映画で無いのは、
彼らのいる場所がイラクにほど近いサウジアラビアだからだ。
次の瞬間死ぬかもしれない戦場だからだ。

ただ、遂にフセインの声明と共に戦争は始まるが、
歩兵が何をする暇も無いまま、戦争は終結する。
一発の銃弾を撃つ事もなく、
一人の敵兵と出会う事もなく。

劇中、ベトナム戦争(映画)との対比が多く見受けられるが、
ベトナム帰還兵は戦地で人を殺し、ヒーローと成り得た。
それはそれで大問題なのだが、
この映画の兵士たちはそれさえも許されない。

ミサイル等を基とした近代型戦争は、
歩兵の虚しさを肥大化させるのだ。


そんなモヤモヤを抱えた
人の殺し方を叩き込まれた帰還兵が
今のアメリカには沢山居る、
という事になるのだが、
それってもしかして、
物凄く怖い事なんじゃないだろうか。


音楽は、アメリカ兵の空っぽな頭を象徴するように、
ボビー・マクファーリン、パブリック・エナミー、
ニルヴァーナ、C&C、T.REX、ドアーズなど、
微妙にベター過ぎる選曲なのだが、
ラスト近くにはトム・ウェイツの「兵士の持ち物」という曲が流れる。

何となくだが、最近のアメリカ映画、
トム・ウェイツかければ何とかなると思ってないか?

「兵士の持ち物」が入ってるアルバムは持って無いんで、
代わりにこれで。


初期の頃は形式的なブルースを演奏していた彼だが、
最近は「そもそもブルーズなんて
何でもありなんじゃねぇの?」とばかりに、
プリミティブでバーリトゥードなブルーズを聴かせてくれる。

1曲目「BIG IN JAPAN」って
ベンチャーズとかMr.BIGとかの事なのかなぁ。


Tom Waits
Mule Variations
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。