日本語教師、3か月目! | ひよっこ日本語教師の雑記帳

ひよっこ日本語教師の雑記帳

外国語好きが転じて日本語教師になったけど教えるのってタイヘン…
そんな新米教師の日々の雑記です。

日本語教師になって、明日で3か月目に突入します。

 

涙あり、笑いありの、ジェットコースターのような毎日。

プライベートに至っては、ほぼ記憶がない・・・!

 

寝ても、覚めても、授業のことを考えています。

(はっきり言って、ツライです!)

 

教案が頭から飛んで、しどろもどろになったこともありました。

学生からため息しか出なかった日もありました。

 

反対に、おもしろい、と言ってもらえたことも、

数えるほどですがありました!

 

担当しているクラスは多国籍で、

日本文化に興味津々の、熱心な学生が多いのです。

 

「歯をみがきます」を教えれば、

「研ぐ」は違いますか、との質問が来たりチーン

(包丁の絵を描いてみせて、一応は分かってもらったような・・・)

 

「歩きます」を教えれば、

「歩みます」は何が違いますか、との質問が来たり滝汗

(「私は教師の道を歩みます」という例文を出したら、「ああ、人生ですね!」と。

えっ!こんな例で一発で理解できるの~~?!と、軽い衝撃!)

 

とても、ゼロベースから始めた初級クラスだとは思えなくって、

いつも冷や冷やさせられて関心させられています。

 

質問が来ることを前提に授業計画をつくってみて、

想定した通りの質問が来た時には思わずガッツポーズお願い

 

本当に、学生たちのデキの良さや好奇心に助けられてばかり。

 

彼らの学習のモチベーションをもっと上げてあげられるような

そんな教師になれたらいいな、と思います。

 

しーかーし!

 

とりあえず、冬休みが待ち遠しい音符

あと10日間、がんばるぞ!真顔