初心者のための茶道教室in札幌

初心者のための茶道教室in札幌

「たかママのブログ」を改めました。

子育てをしながら茶道を広める活動を行っています。
茶道に興味があってもなかなか足を踏み出せなかった方のための、はじめの一歩の場として低料金でオープンな教室を開いています。

札幌生まれの札幌育ち。


大学を出て国家公務員として14年勤めたのち専業主婦を5年間していました。


平成27年春から縁あって日本茶カフェで茶道教室を開いています。ブログの方にも教室の方にも遊びに来てくださいね。



先々週の週末は小樽でお茶会がありました。今年は小樽のお茶会に行くことを目標に掲げていますが、今回も洗濯するものが4回分あった(最後の真夏日で、薄布団などを洗ったため)と理由をつけ行けずじまい。

 

 

 

昨日の週末は札幌市内で行われているイベント、「鴨々川ノスタルジア」の一つのイベントとして野点が行われましたが、街中に向かう途中寒さを感じ会場の中島公園まで足が向きませんでした。

 

 

 

なんだか言い訳をつけてお茶会に行かなくなってしまったかな自分、と振り返っています。でも週末しか自由時間が無くなってしまった中、限られた時間をすべきこと・やりたいことに振り分けて過ごす必要があるので、必要な取捨選択と考えるようにしています。

 

 

 

次にゆっくり着物を着てお茶を楽しめるのはいつかと考えると、先日の献茶式は夢のような時間だったな。次のお茶会は来月。着物もすっかり変わります。

仕事を再開して初めて、一日お休みを取りました。有給がまだつかない期間なので、無給です。でも仕事が決まる前に既にお茶券を購入して楽しみにしていたので、そんな小さなデメリットとは比較にならない価値があります。

 

 

 

初任給で買った着物、初めて袖を通しました。夏の4か月使える紋紗の着物です。

 

 

 

 

 

 

色無地のように地紋があり、そこに刺繍が施されています。店主は色無地感覚で使える小紋、のように説明していました。

 

 

 

今日の札幌は着物日和な秋晴れで、27度。外を歩く時間も色々あったけれど、気持ちよく過ごせました。

整骨院に通っていることは何度も書いていますが、本当に全身あちこち支障があるので、毎回違う箇所を施術してもらっているとなかなか症状の改善が進まないのが実際です。

 

 

 

昨日は右腕をメインに、首から肩にかけて施術してもらいました。ペンをもって書き物をしていると右腕がとてもだるくなるので、つらい箇所を伝えて鍼を打ってもらいました。私は鍼が体質的にあっているので、的確に打ってもらうと体が反応するのが自分でもわかるし、色でも反応が出るので施術者にもよくわかるそうです。腕の数個所と親指の付け根を伝えると、軽い腱鞘炎になっているようですねと伝えられました。すごく納得。

 

 

 

仕事で講師や管理者の話を書き留めることが毎日ありますが、文字を書き続けられないほどそれらの個所が痛くなることがあるし、パソコン入力も昔ながらの押し幅が深めのキーボードだと手首辺りが疲れて続けるのが大変になります。昨日鍼・電気・マッサージをして、今日半日湿布を右腕だけで二枚張っていたら、大分楽になってよかった。今のところパソコンを打つのも楽になったように感じます。

 

 

 

ただまだ腕で気になる箇所はあるんですよね~。でもまた来週腕にするのももったいないというか、足も随分順番待ちなのです。どこ施術してもらうか一週間悩むことでしょう。

再就職しての初任給(初めて一か月分出たときの額)で買い求めた着物が、ようやく仕上がってきました。

 

 

 

実は家族には買ったこともお仕立てをお願いしていることも何も言っていませんでした。昨日ちょうど家族が不在のタイミングで若社長が届けに来てくれて、ラッキー。玄関先でさっと確認してお引き取り頂きました。

 

 

 

来月の献茶式で着ようかな(まだ有給つかないけれど休み取りました)。写真はその時にでもアップします。

体の不調が多岐にわたっており、繰り返し治療に行っていますが完治は一生ないのではないかと思ってしまっています。

 

 

 

お盆前くらいに、今気に入って通っている整骨院に行きました。院長の腕は買っていたのですが、かかとや足首の周辺の痛みを訴えると、運動をすればいいと突き放すように言われビックリしました。歩いただけでかかとが痛いと言っているのに、どんな運動をしろというのでしょう。ヨガやストレッチをしていると伝えても、意に介さない様子。体が丈夫で歳を重ねても運動をしているような方には、そもそも通ってくるお客さんの悩みを本当には理解できないのでしょう。普段効く鍼もポイントが間違っているのか全く反応がありませんでした。

 

 

 

結局痛いままなので、今年前半に通っていた少し距離のある鍼灸院に行ってみました。そこはマッサージはしない代わりに鍼とお灸で治療をします。足首から足の甲というごつごつした部分にも繊細に鍼を打ち、お灸をしばらくした結果大分楽になりました。女性の鍼灸師だからか、腕なのか、つらい部分を理解して進めてくれて気持ちもすっきりしました。

 

 

 

今日の午前中、思い出して残っている「せんねん灸」出してまだ反応のある所に置いてみました。一気に火をつけたのですごい煙。自分も煙かったけど、二階にいた子供が騒いで下りてきたくらい家中ににおいが広まってしまった。窓の開けられるお天気でよかった。