実のところ、2020年の6月位まで

ハーバリウムボールペンって気軽に挑戦出来ること

知らなかったのです。

 

職場の雑談で初めてハーバリウムって存在知って、

ネットで調べてみたら

 

花屋さんや講師の皆さんの商品は素晴らしいけど

相場が総じて高い・・・気軽に挑戦できない・・・

うーんって悩んでいたとき

 

職場のちょっとした日用品買出しにセリア行くのですが、

よく辺りを見回してみたら・・・

ハーバリウム系資材売ってるじゃないか!?

商品名

クラフト用オリジナルボールペン。

ってのも売ってるじゃない!?

 

これなら気軽に挑戦できそうだなってのが、全ての始まりでした。

 

ただ経験上全てがセリアでそろう訳では無かったので。

僕の作業道具の例を記事にしてみようと思いました。

ハーバリウムボールペン自作に必要なもの。

  • セリア クラフト用オリジナルボールペン
  • 6mm位までのミニマム花材等
  • ハーバリウム専用オイル。

 

必要になった工具等

  • ピンセット
  • はさみ、カッター
  • 爪楊枝 竹串
  • 接着剤
  • アルコール系ウェットティッシュ
  • ティッシュ

 

 

この辺があればとりあえず始めることが出来ました。

実際始めてみると後からあると便利だと思ったものもありました。

 

セリアさんで売っている、ハーバリウム専用オイルは100ml

成分流動パラフィン

で売られていますが、オイルが袋に小分け封入されているので

ハーバリウムボールペンサイズでは1度に5ml使用する程度ですので

確実に余ります。

そこで化粧水小分けミニボトル

にいれて保存が無駄なく安全かなと。

容器に移し替えるときこぼれるのが嫌でしたから

ミニ漏斗(じょうご)

サイズ合うもの使用しています。

 

で、実際ハーバリウムに注入するときは

ボールペンサイズの容器に注入するので

開口部が7mmしかないので。

注射器使用するなど工夫が必要ですが、

僕の場合は保存用のミニボトルから更にユニコーンボトル

必要分移し変えて実際に注入しています。

ユニコーンボトルって先がとがっている上に

力加減で量の調整もしやすくて便利だなと思います。

 

アルコール系ウェットティッシュは溢れたオイルのべた付きや

はみでた接着剤綺麗にふき取るためです。

で、素材によってはアルコールに反応して本体材質に悪影響出る場合があるので

必ず仕上げに乾拭きしたほうがよいと思います。

 

個人の趣味なら見た目はある程度妥協は許されるけど

自分の作品商品にしたいのであれば、

細部の見た目も重要だと思っています。

 

慣れてくると

 

ハーバリウムボールペン 製作スタンド

 

油にまみれても平気な、陶器の小皿とかとっさに小物置けますし便利でした。

 

 

 

MysticArtStyle

Copyright © 2020 MysticArtStyle Inc. All Rights Reserved.
Copyright © 2020 ChallengedEreD Inc. All Rights Reserved.

 

 

作業手順は

ガーデンDIY図鑑さん参考にしました。

以下引用

 

引用ここまで