昨日のひどい台風の後の今日は、京都・三条で開催の、

「第8回カリグラファーズ・ギルド展」関西展へ。

 

 

と云っても、今日は在廊当番。

すぐ近くのJR線が動いてないことを確認して、徒歩30分の地下鉄の駅までテクテクと。

そこから経由で三条まで。

なんとか余裕もって現地入りできました。

 

 

↑のお隣の建物が会場です^^

でも、いつもこちらの方を写メります。笑

 

約3時間、責任者の藪本先生・生玉先生、他のスタッフの方々とも種々懇談しながらも、有意義な3時間でした。

スタッフのA先生からは、次回の搬入には必ず来るように…とのお言葉もいただき、お約束をさせていただいた次第です。(^^;; 頑張ろう〜

 

300点近い作品が並んでます。

一つ一つの作品に、それぞれのギルド会員の思いが詰まっています。

是非、直に観ていただきたいなと思います。
それとともに、運営サイドで東京・関西で昼夜分かたず奔走してきてくださった方々があっての毎回のギルド展。

感謝です。

 

当番終了後、界隈をプラっとしてました。

 

 

↑ これは知らなかった。

古今和歌集で有名な在原業平。

 

ちはやぶる 神代もきかず 竜田川 

    からくれなゐに 水くゝるとは


世の中に たえて桜の なかりせば 

      春の心は のどけからまし 

 

すぐに思い出したのはこの二首。

この辺りは結構知ってはる方も多いかもですね。

 

このあと、ここからすぐ近所のフレンチ『ルナール・ブルー』さんへ。

途中で友人にばったり。

そのまま一緒にランチとなりました。

 

 

 

美味しかったです。

マダムの麻子さん、シェフのご主人、ありがとうございました。

 

そのあとは、再び京都文化博物館ミュージアムギャラリーへ。

 

 

グッズやチャリティーポストカードの販売もしています。

工藤は、↑のカードをゲット。

 

会期は9日の日曜までです。

詳細は…↓↓↓

 

 

↑ こちらは台風一過の三条大橋からの鴨川の流れ。