ちょっと前に告知していたことですが、今日はダンボール製傾斜台について。

(長くなりますので、記事を2回に分けさせていただきますね^^)

 

2016年の7月から、ご縁をいただいて、カリグラフィーの講師をさせていただくことになりました。

(実はずっと逃げてたんです…^^;)

 

その時に思ったことが…

「折角なので、傾斜台を使って体験していただきたいな」ということでした。

ただ、カリグラフィー用の木製傾斜台は、それなりのお値段がします。

4500〜6000円くらいでしょうか。

それに、何より重い…

 

それなら…会社にふんだんにあるダンボールを使って自作するべし☆

 

そうして出来たのがこちらの「初号機」(笑)

 

 

 

B4サイズのクリップボードに、ガイドシートと練習用紙を挟んで使用。

 

で、この「初号機」を改良して作った「2号機」が…(机の上がごちゃごちゃしてますが…^^;)

 

 

 

「2号機」の特徴は…

A3サイズのクリップボードを使用することと…

 

 

3段階に傾斜を変えることができるということ。

 

但し、「初号機」も「2号機」も3パーツを組み合わせる仕様でした。

ここで、ダンボールのエキスパート・芳川紙業株式会社勤務の盟友・須川さんに相談。

 

さすがはプロです。

出来上がったのがこちら。

 

 

 

 

傾斜は3段階。

大きさは、前面が木製の傾斜台とほぼ同じの、縦400mm × 横450mm。

でもって、貼り合わせ一体型なので、パーツに分かれていません。一体型です。

強度もあります。


現在、工藤の生徒の皆さまには、このダンボール傾斜台を使用してカリグラフィーレッスンをしていただいています。

ダンボール製なので軽量(一つが330gくらい)で、それを5台用の専用ボックス(作成してくれます^^)に入れて、持参しています。

 

で、ここにきて…

このダンボール傾斜台の人気が急に上がってきたようで、この4月以降、須川さんの元には問い合わせと注文の連絡がちょくちょくと入っているようです。

工藤のところにもありました。

 

木製の傾斜台だと、まず、持ち運びが大変。(実際、毎回のレッスンに生徒さんご自身が持参をしているという方もおられます)

 

それと値段。

木製のものは、そうそう簡単に買えるものでもありません。

カリグラフィーを始めてみたいと思っている方にしても、そこで足踏みをしてしまう方もおられるようです。

もちろん、傾斜台を使わないで練習することも可能ですが、出来ることなら…という思いが、自分にはありました。

 

そんなところからの経緯を経て出来た「作品」でもあります。

 

お値段は、2016年の9月くらいから作成販売で、一台が600円+消費税でした。

これは、モニター価格。

 

時を経て、現在は通常価格として、一台が700円+消費税となっています。

ここに、梱包費用と送料がかかります。

梱包は、質のいいダンボールを使用してくれていますので、出来れば捨てずに何かに使用してみてください。

工藤は、撮影用ボックスの作成を考えています^^

 

↑にも書かせていただきましたが、専用ボックスもあります。

 

詳細は、次の記事にて♪