『暴雪圏』佐々木譲(著)

このミステリーがおもしろい。このミステリーが面白い。

佐々木譲おすすめミステリー小説、お奨めの佐々木譲のミステリー小説。佐々木譲の名作ミステリーの面白い作品。

おすすめミステリー作家のオススメ面白いミステリー、おもしろい傑作お勧めミステリー小説は『暴雪圏』佐々木譲(著)だ。


2010年「このミステリーがすごい」第8位。


佐々木 譲

1950年北海道生まれ。
自動車メーカー勤務を経て、79年「鉄騎兵、跳んだ」でオール讀物新人賞を受賞。
90年『エトロフ発緊急電』で日本推理作家協会賞、山本周五郎賞、日本冒険小説協会大賞をトリプル受賞する。
歴史小説も手がけ、2002年『武揚伝』で新田次郎文学賞を受賞


最大瞬間風速32メートル。

十勝平野が十年ぶりの超大型爆弾低気圧に覆われた日の午後、帯広近郊の小さな町・志茂別ではいくつかの悪意が蠢いていた。

暴力団組長宅襲撃犯、不倫の清算を決意した人妻、冴えない人生の終着点で職場の金を持ち出すサラリーマン…。

それぞれの事情を隠した逃亡者たちが辿りついたペンション・グリーンルーフで、恐怖の一夜の幕が開く。

すべての交通が遮断された町に、警察官は川久保篤巡査部長のほかいない―。

超弩級の警察小説。


読んでいるだけで「寒くなる」風景描写が続く(新潟産まれの僕にはよくわかる)。

そんな吹雪の中で人生を迷う人たち。


冒頭の雪で遭難した小学生のくだりが胸を揺さぶった。

この小説は、強盗殺人犯と元刑事の巡査部長の対決のお話ではない。

爆弾低気圧が引き起こす猛吹雪に人々が翻弄され、ある人は命を落としまたある人は希望を見つけたりするそんなお話だ。

風速30mを超す冬の嵐の前では人はあまりにも無力だ。

ひどい嵐の中の積雪50cmにどれだけ人が絶望してきたかを、この作品を読むだけで垣間見ることができる。

暴雪圏とそこに生きる人々の営みや思いを、強盗殺人・不倫・多重債務者などの仕立てで、見事に一つの小説にした筆者に賞賛の拍手を送りたい。

猛吹雪の中、自分の運転する車が路肩に転落して、携帯で119番や110番に電話がつながって、助けを呼んでも誰も助けに来てくれない恐怖。

じわじわと交通網が遮断されていく閉塞感。

ほんとに雪国って怖いんですから!

隣近所でもおきていそうな人間の機微をテンポよく描き、それでいて、シリーズでは実直で勤勉な主人公の活躍シーンも登場してうまく収まった感じが印象的だった。


作者、佐々木譲のこれ以上ないであろう巧みなプロットと文書構成、まさに油が乗り切っている、旬な作家が描いた極上の一冊であろう。



●アマゾン『暴雪圏』佐々木譲(著)
 ↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/410455507X/horaihonoyomu-22/ref=nosim/


●楽天『暴雪圏』佐々木譲(著)
 ↓
http://tinyurl.com/25mzpat



★おすすめのミステリー小説200冊以上のサイト★
     ↓
http://horaimystery.web.fc2.com/index.html


●村上春樹のおすすめの本●
  ↓
http://jyunhikobook.web.fc2.com/index.html