三津田信三おすすめミステリー小説、お奨めの三津田信三のミステリー小説。三津田信三の名作ミステリーの面白い作品。

おすすめミステリー作家のオススメ面白いミステリー、おもしろい傑作お勧めミステリー小説は『山魔の如き嗤(わら)うもの』三津田信三(著)だ。


2009年「このミステリーがすごい」第8位。

<2009本格ミステリ・ベスト10> 第1位に輝いた作品です。


「山魔に嗤われたら……終わり」

忌み山で人目を避けるように暮らしていた一家が忽然と消えた。

そのときから惨劇は始まったのだともいえる。

村を守る「六地蔵様」にまつわる童唄、まるでそれをなぞるかのように、一人ずつ……。

「しろじぞうさま、のーぼる」
一人目の犠牲者が出た。

「くろうじぞうさま、さーぐる」
二人目の犠牲者──。

「あかじぞうさま、こーもる」
そして……。

山魔が現れた──

『首無の如き祟るもの』に続く刀城言耶シリーズ長編書き下ろし!


山魔を巡る怪異に彩られた雰囲気の中、 物語は幕を開けます。

さらに、山小屋からの一家消失、見立て殺人、密室殺人、顔のない死体など、謎解きの要素もふんだんに盛り込まれ、読む者を飽きさせません。


「ホラーでありながらもミステリ的な仕掛けにもこだわりをみせた独特のストーリーテリングで注目を集める」
という作者紹介の言葉どおり、おどろおどろしい物語展開とミステリが見事に融合した作品となっています。


昔読んだ横溝正史の世界が21世紀にリニューアルオープンしたように感じました。

特に、後半70ページの謎解き部分は、二転、三転しながら、それまでのいくつもの謎や怪異が加速度的に解き明かされていき、清々しさを感じてしまうほどでした。

「山魔の如き嗤うもの」にあなたも取り憑かれてみてください。


民俗学的伝奇ホラーと本格味の融合で知られる作者の魅力が味わえる秀作。

物語は神戸地方の一集落の初戸に住む郷木の通過儀礼の回想記で始まる。

儀礼は山神様が居る巳山とも眉山とも呼ばれる三山への御参り。

半面老婆・半面熟女の山女郎伝説。

山行の途中で出会う賽の河原、そこから聞こえる赤ん坊の泣き声、山女郎らしき老婆、空翔ぶ真っ赤な天狗...。

初っ端から禍々しい雰囲気が横溢する。

「遠野物語」の世界を濃くした様。


後半、妖異性が薄れ、また力技が過ぎるようだが、結末の二転三転する刀城の推理場面は迫力がある。

そのために作者が用意した伏線にも感心した。

「御山」は人の邪心を増幅させる装置、と言う作中の言葉が印象に残る力作。




●アマゾン『山魔の如き嗤うもの』三津田信三(著)
 ↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/456204151X/horaihonoyomu-22/ref=nosim/


●楽天『山魔の如き嗤うもの』三津田信三(著)
 ↓
http://tinyurl.com/382d4dc



★おすすめの面白い名作ミスーテリ、傑作ミステリー小説が200冊以上のサイト★
     ↓
http://horaimystery.web.fc2.com/index.html


●村上春樹のおすすめの本●
  ↓
http://jyunhikobook.web.fc2.com/index.html