秘文書原文=プロジェクト・レッドライト11

 

 

エリア51の地球製UFO 続

 

MHDとしてのプラズマは、電磁場に制御さ

れると同時に、電磁場を生みだす。特殊な

磁場において圧縮されたプラズマは、ある

磁界点を越えると瞬時に爆発を起こし、衝

撃波をともなってエネルギーを発散させる

性質がある。

 

日本においてのMHDは、超電導電磁波推進

船「ヤマト1」で使用された。1992年6月16

日、神戸港において、スクリューのない超電

導を利用した電磁推進による海上航行実験に

成功している。しかし、まだ実験段階に過ぎ

ないと言われている。

 

MHD開発は、米国よりロシアが進んでいた。

アジャックスという航空機には、ジェット

エンジンとは全く異なったシステムが採用さ

れている。

 

 

つづく

 

 

雲の上はいつも晴れ。あなたは幸せ人!

 

 

※写真は日本の「ヤマト1」

☆アジャックスは、吸気口に磁場をかけて電流

☆を発生させ、吸収した空気を加速させ排出。

☆大気圏内は空気。圏外はセシウムガスを使用。

 

〇誰でも書き込み可能なインターネット百科事典。
誤った書き込みをされるため、参考文献は公式HPで。

◆メルマガ『Encounter.遭遇』
ブログやフェイスブックじゃ書けない記事満載!!
詳細はコチラ
http://theory.ne.jp/yaoi_junichi

◆UFOと宇宙科学博物館 コスモアイル羽咋
名誉館長
http://www.hakui.ne.jp/ufo/

◆矢追純一公式ホームページ
宇宙塾主宰
http://spacian.net/