「原子力」に夢をみていた時代

テーマ:

「原子力」に夢をみていた時代

 

僕が日テレにいた頃、同局でも「鉄腕アトム」が

始まった。群を抜いて高視聴率のアニメ番組。

マンガがはじまったのが1951年頃だから、当時

でも既に30年にわたっての大ヒーロー。

 

その主人公アトムと妹のウラン、という名前から

戦後の日本も「原子力」は、最有力のエネルギー

として誰もが夢をみていた時代だった。

 

「アニメ鉄腕アトム」が放送開始後数年の1968年、

アメリカのフォード車が「ニュークレオン」とい

うコンセプトカーを発表した。8000㎞を無給で走

行が可能な原子力エンジンを搭載する予定だった。

開発者は、21世紀のガソリンスタンドは核廃棄物

処理ステーションに替わると予測していた。

 

核廃棄物処は、今なお深刻問題の筆頭にある。

この世は、夢と現実紙一重の世界。

 

 

雲の上はいつも晴れ。あなたは幸せ人!

※ニュークレオン ニュークリアは原子力

1960年代には複数台の原子力搭載車が発表された。

☆原子力が発見されて後20年ほどで100年になる。

☆人類は手におえない代物を見つけたのか・・・。

◆メルマガ『Encounter.遭遇』

ブログやフェイスブックじゃ書けない記事満載!!

詳細はコチラ

http://theory.ne.jp/yaoi_junichi

◆UFOと宇宙科学博物館 コスモアイル羽咋 

名誉館長

http://www.hakui.ne.jp/ufo/

◆矢追純一公式ホームページ

宇宙塾主宰

http://spacian.net/

◆UFO・UAP投稿サイト「エンカウンター」要チェック!

https://www.encounter-web.com/

AD

リブログ(2)

リブログ一覧を見る

コメント(7)