三条会「ニセS高原から」

テーマ:

蜻蛉玉に引き続き、三条会verを観劇。

この公演を含め、三条会は
様々な劇評で取り上げられているので
そこから読みとれるイメージは持参していったけれど

なるほど
「楽譜からはみ出している音符が舞う絵画」
をみているような感覚に陥った。

楽譜だけ眺めていると理解することが難しいが
絵画としてみると、嗜好作品として成立している。

だから、ひとつひとつの演出の意図を問いただしていくよりは
全編を見渡して、何が浮かび上がってきているのかをみるほうが
作品の楽しみ方としては適切なのだろうと、そうおもうのである。

AD

アリスフェスティバル2005参加作品。

自虐的ナンセンスコメディ

をキャッチに掲げる仏団観音びらきの観劇は今回で二度目。

前作、「女囚さちこ」に引き続き、またしても悲惨な公演タイトルだ。

女殺駄目男地獄」(おんなごろしだめんずじごく


倉田真由美の「だめんずうぉーかー」で認知度を上げた

「だめんず」と、彼らにハマる女達の痛々しい恋愛模様。


さわやかな午前3時に放映されているダメ恋愛検証番組「目覚めよ!」
にて紹介される「だめんず」に引っ掛かった三人の女たちの過酷な顛末。


本気になった男に金をせびられ、暴力をふるわれ、浮気を繰り返されても

「きっと、彼は目を覚ましてくれる」といわんばかりに、すがりついたり


自宅に転がり込んできたマザコン男と非常識な母親の行動に耐えられず

出て行ってほしいと訴えるが、逆ギレした男と母親に殺されてしまったり


婚約者がいるにも関わらず口説き上手の宇宙人にハマって婚約を破棄してしまったりと


とにかく救いようのない女たちの物語が、ド派手な演出で繰り広げられる。

ガンガン流れる有名歌謡曲に、これでもかと盛り込まれるダンスシーン。

大阪出身劇団(仏団?)ならではのベタな笑いがあちこちに散りばめられ

「もうこりゃ笑うしかねえだろ!」と腹を抱えてしまうわけである。


しかし、最後にダメ恋愛をたしなめていた番組司会の二人も

じつはダメ男にハマっているというラストを用意しておくことで

しっかり観客に対する警告と引っ掛かりは残していたりするのだ。

あえて一つこの作品の改善点を掲げるとすれば劇中で描かれている

「だめんず」以外の男たちも、ほぼ「だめんず」だったということだ。

エリートでも、結局は計算高い女に丸め込まれてしまったり金にうるさかったり。

一人、女性が理想とするものをすべて持ち合わせている

優しい男性に愛される女を引き合いに出して、けれど結局は

「だめんず」に走ってしまう女性の卑屈さが描かれている場面があったら、

もっとダメ人間の悲哀がただよう舞台となったのではないだろうか。

しかし、この劇団。扱っているテーマはどぎついものであっても、

わりと正統派エンタテイメントの構造をなしている、とおもう。


演出だけではなくて、役者の演技もド派手なのだけれど

みていて、うるさくないのは力の入れどころと抜きどころを

自由自在にあやつっているからなのだろう。

特に主宰の本木香吏氏の演技は見ものだ。

表情、声、全身をフルにいかした魅せ方を知っている。
だから、自分が一番ブスに見える演技が出来るのだ。

今、世間で話題になっているコーチングのプロの方がこうおっしゃっていた。

『プロとは、「恥も外聞もなく、自分をさらけ出しながら
自分と向かい合う勇気と、英知を持った人のこと
」だとおもう。

ここでいう「勇気」は、怖くてもチャレンジし続けられる気持ち。
ここでいう「英知」は、真実や真理をとらえることのできる深いの認識力。

次が創れないなら、プロを降りている。
真実や真理を探究しようとしなかったら、プロではない。

どんなプロの人の言葉も、突き詰めると、そこに行き着いているような気が
するのは、私だけでしょうか?』

わたしはこの言葉が主宰・本木香吏氏の姿勢に

ぴったりと合わさっているように思うのだ。

彼女は「世間の煩悩」や「女性の醜さ」と向き合い

一方的な女性側からの訴えに留まらず、それ自体を

笑いとして昇華させているのだから。


そのプロ意識でこれからも仏団菌を撒き散らしていってほしい。

次回公演もたのしみだ。

AD

わたしの『ニセS高原から』観劇一発目は蜻蛉玉

本家の「S高原から」をみていない私にとっては、この作品をベースとして他の作品
をみていくことになるわけだが、実はフルで男女キャストを書き換えていたことに

終演まで気付かなかった。


違和感を感じないままに、恋人たちの会話のやりとりに見入っていた、

これは演出家の方にとっては 「してやったり!」という感じだろうか。

蜻蛉玉の演出の島林さんは、わたしとそんなに歳のかわらない女性の方だ。


瞬時に「これは!」と目が冴えるような演出ではないけれど、

じわじわと歪みが空気ににじんで広がるような舞台に翻弄された1時間50分。




男女三組のカップルのやりとりが丁寧に描かれる。

女の子は、全員、サナトリウムで静養している患者である。

絵を描きたいのに、死の恐怖から夢中になりきれなかったり。

彼氏が見舞いにきてくれたのに、「忙しい」と口にすることに苛立ちを覚えたり。

やさしくされても、「大丈夫、大丈夫、なんでもない」とあたりまえのように振舞ったり。

ところどころに

「わたしは、しぬんだよ」

という示唆が嫌でも見え隠れしてしまう。

それがまた、ふたりの空気をかたくして、距離ができる

アフタートークでも誰かが言っていたけれど、

男が「うんこが出た」っていうのと

女が「うんこが出た」っていうのはちがう。




女には、素直に健康になることも、喜べないような触れにくい壁がある。


女ならでは、の葛藤とか恥ずかしさとか意地とか、

かわってゆく、またかわらない男への戸惑いとか。
死を身近に意識して置いているから、それらに過敏に反応してしまう物悲しさとか。


つい、なんでもないフリをして、

そして、なんでもないように、傷ついている、女たち。

誰にも責められない砦を、自ら巧妙に築くことが彼女たちの希望なのかもしれない。



『すいかはいらない。ここで取れるから。でも、夏みかんは食べる』

と言って四年目の入院患者が恋人や医者、看護人と夏みかんを食べる場面がある。

四人の目の前に置かれた丸く大きいスイカ。
このスイカは、とある患者が、彼氏が他の女と結婚することになったから、
せんべつとでも言うように差し出されたようなもの。

まるで健康な身体と精神の象徴みたいに、どっしりと構えるスイカの存在感。



食べることは、生きるという行為に直結している。
すいかではなくて、夏みかん。大きいものではなくて、小さいもの。
そうやって、生きる為のひとつひとつの規模を身近なところから手放して、


患者が今、在る位置を現実から、ゆっくりと、

これからゆくべき道に、ずらしているように見えた。    
           

劇中で、人物が観客に背中をむけて会話をやりとりする時間がけっこうあって、

表情 がみえないってことに、死に対するじぶんのイメージが奥の方までえぐられる感覚に
陥る。


背中で語られていることが口にしている言葉よりも多い気がして、そのちぐはぐさに、

えらく痛い思いをした。わたしだけ・・・かしらん。



終演後のアフタートークで、蜻蛉玉の演出家の島林さんが


「福島を殺したかった」


と直球で口にしたのを聞 いて、胸がざわつくのに気付く。

解釈が統一化されたように瞬間を味わってしまったことと、

背中の語りに自らが執着していたことが大きいのだとおもう。


島林さんがわるいわけではない。ないのだが、


何だか「ちぇっ」と唇を突き出したい気分になった。




AD

企画・製作:シス・カンパニー

作:デイヴィッド・マメット

演出:長塚圭史

出演:八嶋 智人・大森 博史・酒井 敏也・小松 和重・中村 まこと

    平岩 紙・明星 真由美・小泉 今日子


青山円形劇場にて8/28(日)マチネ観劇。


『じぶんは、本来いるべきはずの場所に存在していないのではないだろうか?』


ふと、どこからか降りてくる、我が身に対する問いかけ。

たとえ、自分が望んだ暮らしを手に入れたとしても



「もっと、違う道があったのではないか」

「より良い生き方が出来たのではないか」

「可能性は広く差し出されていたのではないか」



という疑問の渦に巻き込まれることが、ある。

このような経験をしている人は、少なくないのではないかと思う。



この作品は占い師から放たれた


『あなたはご自分が本来いるべき場所にいらっしゃいませんね』


という言葉をきっかけに、平凡なサラリーマンであるエドモンドが、

自ら、過酷な運命の歯車をまわしはじめるストーリーである。



妻に「別れよう」と告げ、激怒され家を追い出され

女を買おうとして騙され金を巻き上げられ賭博に走り

しまいには一夜を共に過ごした女を刺して牢獄に。



あっという間にエドモンドは転落人生へと足を踏み入れていく。



女性の視点からみると

「やっぱり男は若いときに遊んでおかないと駄目よね」

と冷静に彼の人生に駄目出しをしてしまいたくなるのだが・・・



テーマとして取り上げられているのは

「人間に対する普遍的な問い」だ。



あなたは、日々の生活に満足していますか?

あなたは、今歩んでいる道を踏み外さないと言えますか?

あなたは、予想もしない出来事が起こったとき、それを受け入れることが出来ますか?



シンプルに、エドモンドという一人の男性に焦点をあて人生を描き出していくことによって

生きる上での問いがいくつも浮かび上がり、私たちの前に差し出される。



劇場の四方からエドモンドに迫ってくる過酷な事実の数々。

円形劇場、というのが、いい。その舞台の形からして作品のテーマに添っている。

所詮、その枠の外には出ることのないものが人生なのだ、と訴えているかのよう。



八嶋智人はエドモンドという役柄の人生をしっかりと背負い、鬱屈した思いを放出していた。

軸がぶれずに物語の展開を追うことが出来たのは、彼の演技によるところが大きいとおもう。

キレ具合が面白いだけの役者ではない。

あの存在感は、まぎれもなく彼の武器であろう。


久しぶりに見た役者としての明星真由美の肉体美と色気たっぷりの声にほれぼれしたが

さらに興味深かったのは、エドモンドに愛想をつかす奥方と

エドモンドが夢中になる娘、グレナ両者を演じた小泉今日子だ。


それぞれの女性が持つ繊細さを立ち姿ですでにあらわしていた。

演出面での意図があったかどうかは分からないが、

小泉今日子が二人の女性を演じたということは

結局のところ、「求める女性が持つ本来の姿はひとつ」

という皮肉が見え隠れしているようで痛々しく感じられた。


牢獄での暮らしを静かに受け入れていくエドモンドから、

現代社会における日本人に対する警告が発せられているような気がしてならない。



「あるがままを受け入れ、あるがままに生きる」



シンプルなことほど難しいと、改めて感じさせられた公演。