昨日は、

 

定期試験対策を午後から実施いたしましたが、

 

午前中は、玉名市民会館で開催された

 

幕内秀夫先生の講演会

「じょうぶな子どもをつくる基本食」

 

に行って学んできました。

 

 

 

 

これまで、いろいろ出版された書籍を読んできて、

 

近くで講演があるなら是非とも行ってみたいと思っていたのですが

 

今回、とうとうその機会が訪れたんですよ。

 

 

 

 

お話のほうは、

 

子どもの食事という非常に重要な事柄についての内容でしたが、

 

堅苦しいものではなく、楽しく笑いのたえないものでした。

 

そして、

 

食事でもっとも大切な事とは、いったい何であるかを

 

再確認することが出来ました。

 

 

 

 

ちなみに、

 

お母さんのおやつは横に成長するものですが、

 

子どものおやつは上に成長するためのもので、

 

子どものおやつは4回目の「食事」であるのという点は、

 

我が子が通園している、さくらさくらんぼ保育の園の考え方と

 

同じだなと思ったりもしました。

 

 

 

 

講演会の後

 

新書 「病気知らずの体をつくる 粗食のチカラ」

 

を購入して、サインをもらってきました。

 

教室の本棚に置いておきますので、中をみてみたい方は塾長まで!