本日は、

 

第3日曜日ですから、広川町立図書館のお話し会の日です。

 

お話し会に合わせて、家族で本を借りに行きました。

 

その後、グループの皆さんと合流して、

 

お話し会の出前で、久泉公民館に行ってまいりました。

 

 

 

 

子ども会の新1年生歓迎会ということでしょうか、

 

大勢の子どもたちが集まっていました。

 

さて、

 

私の担当は、「しっぽのはたらき」

でした。

 

事前の打ち合わせ通りに、私が普通サイズの絵本を読んで、

 

他のメンバーの2人で、大型サイズの絵本のページをめくる

 

という形で行いました。

 

前の方に座っていたのは、新1年生たちだったのでしょうか、

 

絵本のテキストの「なんのしっぽでしょう」の問いかけに

 

元気よく答えてくれていたのが、印象的でした。

 

 

 

 

お話し会のプログラムでは、

 

本の読み聞かせだけでなく、手遊びうたやリズム遊びも

 

取り入れて、

 

参加者のかたに楽しんでいただけるよう工夫しています。

 

ところが、

 

「手遊びうた」って、私にとっては、なかなか難しいです。

 

手遊びのポイントは「とにかく笑顔で楽しんでやってみる」

 

というものらしいのですが、

 

動作を知らないので、覚えなければと思いながらしていると、

 

つい真顔になってしまって、「笑顔」どころではなくなってしまいます。

 

もう少し、余裕を持って取り組んでいけるようになりたいものです。

 

とにかく、手をしっかり動かすというところから、

 

頑張っております。