「成功する国際結婚の秘訣」ブログ

「成功する国際結婚の秘訣」ブログ

全米ベストセラーの翻訳書「異性の心を上手に透視する方法」の翻訳者&「国際結婚一年生」著者、パートナーシップ専門コーチ・塚越悦子のブログ

みなさん、こんにちは。私は「好きな人と結婚して、結婚した人を好きでいよう」をテーマに、カップル&ファミリー専門コーチとして、恋愛・結婚・パートナーシップ(夫婦関係)の分野で、セミナーやコーチングを行っています。


*******<プレマリッジ・プロジェクト>*******



結婚する前に、パートナーシップについてじっくりと話し合うという文化を日本にも根付かせたいと考え、夫婦カウンセリングをされている安東さんご夫妻と一緒にプレマリッジ・プロジェクトを始めました!月に一度、無料のプレマリZOOMセミナーを開催しています。

詳細はこちらをご覧ください。


***


5/29発売のAERA「はたらく夫婦カンケイ」に私たち夫婦の取材記事が載りました♪



 


***


全米ベストセラーの科学的恋愛ストラテジー本を翻訳した「異性の心を上手に透視する方法」(原題:"Attached") は第3刷になりました!


発売後1年の今でも、アマゾンのカテゴリランキング「発達心理学」でトップ10入りを続けています。



過去には、著書「国際結婚一年生」(主婦の友社)を出版し、国際結婚成功コンサルタントとして国際恋愛&国際結婚で悩んでいる方のご相談にのってきました。現在も継続してコーチングをお受けしています。お申込みはこちらからお願いします。



 


*******<アタッチメント・セミナーについて>*******


 


相性のよいパートナー候補を迷わず判断できるようになるアタッチメント・セミナー。2016年後半から、出会い編・交際編をあわせて6回行いました。現在は動画セミナーを作成中です!


 

4月1日、新元号も発表になり、いよいよ平成も最後の1か月になりました。

 

そんな中、毎日のようにカウントダウンされていく日数を目にしているプロジェクトがあります。

 

私がアメリカで出会い、3人男子の育児の心の支えとしてきた子育て本 "Redirecting Children's Behavior"という本を、クラウドファンディングで翻訳出版しよう!というこのプロジェクト。

本の内容や、クラファンの詳細についてはこちらのウェブサイトをご覧ください。↓↓↓

 

アメリカで30年以上教えられてきた

アドラー心理学に基づく子育てのコースの名テキスト

『自己肯定感を育む子育て・仮』を翻訳出版したい!

 

運営しているのはサウザンブックスという会社で、世界中にある役に立つ本、面白い本を、日本のファンにぜひ届けたい!という思いで2年程前にできた出版社です。

 

3月13日から始まっていて、現在もう少しで25%に届くという状況です。

 

 

 

特にこの本をお薦めしたいのは、子どもに関わる立場で、こんな悩みをもった人です。

 

・イヤイヤ期にさしかった子どもをどうしたらいいのかわからない

 

・小さなことでイライラしてすぐ子どもに怒ってしまう

 

・兄弟・姉妹、なんとか仲良くしてもらいたい

 

・思春期にさしかかった子どもとの関係性が難しくなり、会話も少ない

 

・子どもにもっと自信をもってもらいたいのに、どうも消極的な様子が気になる

 

・自主性や生きる力を身に着けてもらいたい

 

・習い事を辞めたいと言っているけれど、すぐにやめさせてもいいの?

 

などなど、子どもを育てているとさまざまな年齢・発達段階で迷いが生じてきます。

 

この本は、多岐にわたるそういった疑問点について、子どもに関わる大人はどのように考えていくべきか、というところを、アドラー心理学の考え方に基づいて解説しています。

 

大きくなって独立していっても、親子関係は一生続きます。できれば、子育て真っ最中のときも、大きくなってからも、良好な関係を築いて、あるいは保っていきたい。

 

そう考えている方にとって、とても有益な本だと思います。

 

もし、少しでも興味をもっていただいたら、ぜひこちらのサイトを見てください。

 

アメリカで30年以上教えられてきた

アドラー心理学に基づく子育てのコースの名テキスト

『自己肯定感を育む子育て・仮』を翻訳出版したい!

 

電子書籍、紙の本、出版記念イベントやセミナーの出席券つきのコースなど、さまざまな選択肢が用意されています。

 

もちろん、SNS上のシェアや、お友達やお知り合いにお声かけいただくのもとても嬉しいです。

 

6月11日までの長丁場、ぜひ応援してください!

よろしくお願いします。

今年もこの日がやってきました。
 
次男と三男が去年の秋からアメリカの学校に行っているので、しばらくご無沙汰していた「クラスメート全員に何かを用意する」という作業が復活しました。
 
それぞれのクラスの担任から、クラスメートの人数を知らせるメールが来たのですが、その中に
「バレンタインのお菓子交換のために持ってくるものは
"Nuts Free"そして"Gluten Free"でなければならない」という言葉が。
 
ナッツアレルギーのお子さんに配慮する指示は以前からありましたが、このグルテンフリーはここ数年に加わった模様です。
 
2日前に気が付いて、夫に基地で何か買ってきてとリクエストしたところ、かなり探し回った結果、持ち帰って来たのがこちら。
 

 

他のチョコレート菓子ではグルテン・フリーのものが見つからなかったそうです。チョコだけだったらものによってはグルテン・フリーなのだけれど、同じ工場で他のお菓子を作っているとそういう表記ができないのかもしれない、とも言われたそうです。

いずれにしても確信がもてなかったので、確実なものを選んだとのこと。

 

これに1つずつ自分の名前を書いたステッカーを貼って、準備完了。

 

と思いきや、三男は昨日、学校で熱を出して早退のお迎えに行っていたため、今日は学校に行けませんでしたぐすん

 

担任の先生に「インフルではなかったですよ」というお知らせメールを今朝送ったら、その返事に「クラスの子たちが、ヒロトの分をバレンタインバッグにいれてあげよう」と言っていた、と書かれていました。

 

それにしても、5年生の次男が、この制約をクリアしたどんなお菓子をもらって帰ってくるのか楽しみです。

 

 

 

***ラブ&マリッジ公式LINE@では、不定期での無料料相談や、リアルでお会いする交流会のお知らせ等を送信しています

ご登録はこちらから! ***

友だち追加

先日、横須賀基地で "Spider-Man: Into The Spider-Verse"という映画を観てきました。

 

 

すでにゴールデングローブ賞、(アニメのアカデミー賞とも言われる)アニー賞を受賞している作品で、先に観に行っていた友達も大絶賛。

 

でも基地ではしばらく前から上映していたようで、広い場内にお客さんは20人ほどでした。

 

宇宙はひとつではなく無数にあるという「マルチバース理論」に基づいたストーリーで、それぞれの宇宙に存在するスパイダーマンが時空の歪みによって集結するというシナリオです。

 

主人公マイルスと家族との関係を描くストーリーでもあり、家族全員で楽しめました。ところどころで長男を思い出させるシーンがあり、夫と密かに大爆笑。その長男は、クライマックスのシーンで涙ぐんでいたそうです。

 

日本での公開は3月とのことですが、お薦めです!

 

***ラブ&マリッジ公式LINE@では、不定期での無料料相談や、リアルでお会いする交流会のお知らせ等を送信しています

ご登録はこちらから! ***

友だち追加

年末から、ライティングに勤しむ日々を過ごしています。

今日の作業スペースはこちら。

空いていて静かで眺めもBGMも良く、文句なし。


唯一の欠点は家から遠いことにひひ
10日に1度くらいのはペースで来ています。

明日も頑張ろう!


成人の日、お友達に劇団四季「Cats」の親子ペアチケットを譲っていただくという幸運に恵まれ、シアターキッズである長男とふたりで大井町のキャッツシアターに出かけました。

 

*シアターキッズ(theater kids)とは、演劇やダンス、歌唱、ミュージカルなどのパフォーミングアートにいそしむ子どものこと。

 

劇団四季の公演を観るのはふたりとも初めて。シアターグループの仲間たちはこぞってCatsやライオンキングを観に行っていて、長男にも行きたいかどうか聞いたことがあったのですが、英語で観たいから。と、興味を示していませんでした。

 

でも、先月の英語歌唱コンテストでCatsのナンバーを歌ったことがきっかけで興味がわき、観てみたいという気持ちになっていたようです。

 

「Cats」にはストーリーらしいストーリーはない、ということをネットで読んでいたので、歌やダンスを楽しむつもりで臨みました。

 

劇場に足を一歩踏み入れた途端、場内の装飾に目を奪われました。そして始まる猫の世界。四季団員の歌やダンスが上手なのはもちろんですが、なんといってもライブの迫力に圧倒されました。また、舞台装置や小道具・大道具などにもCatsの世界観が見事に再現されていて、とても印象深かったです。

 

夜に、まだ興奮さめやらぬ長男といろいろ話している時に「今まで4年間、日本語を勉強してきたけど、始まる前は日本語の歌詞がちゃんと聞き取れないかも?と思っていた」と言われました。

 

劇団四季に興味を示さなかったのは、そういう心配もあったようなのです。でもふたを開けてみると、何を言っているのかほとんど理解できた!と嬉しそう。

 

スキンブルシャンクスの鉄道猫の歌や、マジック猫の連続フェッテ(バレエの動き)、そして超有名な「メモリー」にとても心を打たれたようでした。

 

休憩時間には舞台の上を見学するツアーもあり、大満足の劇団四季公演になりました。

 

こうなると、ライオンキングも観に行きたいとのことで、また近いうちに大井町に観劇にでかけるチャンスがあるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

ラブ&マリッジ公式LINE@アカウントで、定期的にご相談を受け付けています。

 

まず、こちらからラブ&マリッジ公式LINE@アカウントに登録してください。

 

友だち追加

登録後、私宛にに返信していただくと、1対1のトークが可能になります。スタンプの送信でもかまいません。

 

ご相談は、恋愛・結婚に限らずほかのテーマでも大丈夫です。

 

メッセージを送られる前に、下記の点についてご了承ください。


・何についてご相談されたいのかを明確にしてください。

・「気持ちに寄り添ってほしい」「行動を促してほしい」「バシっと言ってほしい」など、お好みをお伝えいただければそちらも考慮して私の意見をお伝えします。

・ご相談の内容を、より一般化した形で(もちろん匿名で)ブログ等でご紹介させていただくことがあります。


・お返事は随時いたしますが、数日お時間をいただくこともあります。また、やりとりが数日間にわたることもありますのでご了承ください。

・お互いにメッセージのやりとりは「返信できるタイミングで」行うことになりますので、断続的な会話になることをご理解ください。また、こちらからの質問や投げかけに対してご返信をいただいたら、順次返信をしていきます。

・話がある程度まとまり、次のステップが明確になってきましたらそこでいったん終了になります。よろしければ感想をお送りいただけると嬉しいです。

・無料でご利用いただける範疇を超えると判断した場合には、その旨をお伝えさせていただき、適宜、有料のコーチングやセミナーのご案内をさせていただきます。

上記のお願いについてご了承いただける方は、10月6日の朝6時以降、ご相談をお送りください。

 

image


 

以前から行きたいと思っていたキッザニア東京。

 

5月末にやっとそのチャンスが来て、次男のお友達親子と一緒に行ってきました。

 

事前のリサーチもそこそこだったので、着いたら第2部(午後4時~9時)の入場のための長蛇の列にびっくり。

 

でも中に入ってみたら、意外とスムーズに回れました。お友達の親子は経験者だったこともあり、次男は最初からとても楽しんでいました。

 

11歳児は最初は多少引き気味でしたが、ボルダリングのような壁をみつけてそちらに一直線。また途中で夫と一緒に空腹を満たしてからは元気になって機嫌もよくなりました(分かりやすい…)

 

6歳児は着いた当初から「コスチュームを着たくない」の一点張り。本当になにもやりたがらず、見ているだけで、今日はこの子はこのままかなぁ…と諦めていたところ、途中で銀行口座を作ってから少し気持ちがほぐれたようです。

 

夫と私、友達のお母さんと、3人の大人がいたので、この温度差のある子どもたちが別行動ができたのはありがたかったです。

 

そしてDJの仕事をするところにきて、コスチュームが不要ということでやっと三男はほかの3人と一緒に参加。番組を収録したCDを家でかけたらとても喜んでいました。

 

翌日、次男は「次にいつ行ける?」と聞いていました。まだ体験していない仕事がたくさんあるので、次の機会を楽しみにしています。

新サイトラブ&マリッジ研究所に、"Families Belong Together"という記事を書きました。

 

今、アメリカで起こっていることは、引き離された家族にとって今後何十年にもわたってネガティブな影響を及ぼすものです。

 

政権の目には「不法移民」としか映っていない人の中には、自国に戻ると身の危険があるために、命がけで亡命してきた人もいるのです。

 

亡命希望者に対してまでもこういう仕打ちをする国。そういう人を選んでしまった国。でもそれは、夫と子どもたちの国でもあります。

 

11月には中間選挙が行われ、政権の構成が変わる可能性もあります。今後の動向を注意深く見守っていきたいと思います。

 

 

***お知らせ:6月23日(土)のランチ会は満席になりました。次回の交流会に参加ご希望の方はラブ&マリッジ公式LINE@に登録して、交流会参加希望とメッセージをお送りください。ご登録はこちらから! ***

友だち追加

カナダのビクトリア在住のピアレスゆかりさんと、福岡の須藤美香さんがやっている「はみだし系ライフの歩き方」というポッドキャスト番組の第10回にゲスト出演させていただきました。

 

前編は勝間和代さんのカミングアウトとLGBTQについて

 

そして、後編では「男は泣くな」というメッセージがどんな弊害をもたらしているか、ということについて語りあいました。

 

後半では、話の流れで婚活している人によくあるお悩みについて、ちょっとしたアドバイスもしています。

 

 

動画版はこちら、音声版はこちらからどうぞ。

 

番組のShow Noteも充実しています!

 


 

***ラブ&マリッジ公式LINE@では、不定期での無料料相談や、リアルでお会いする交流会のお知らせ等を送信しています

ご登録はこちらから! ***

友だち追加

新サイトラブ&マリッジ研究所に、国際結婚カップルのコーチング事例<家事の分担>という記事を書きました。

 

発端は家事の分担ですが、カップルの問題は往々にして、表面的な「きっかけ」とは別のもっと深いところに根があるものです。

 

おふたりの今までの関係性と、それぞれが現状「困っている」と感じていることをお聞きしているうちに、その根の部分が明らかになってきました。

 

おふたりからいただいた感想も掲載していますので、チェックしてみてください。

 

 

***お知らせ:6月23日(土)のランチ会は満席になりました。次回の交流会に参加ご希望の方はラブ&マリッジ公式LINE@に登録して、交流会参加希望とメッセージをお送りください。ご登録はこちらから! ***

友だち追加