「異性の心を上手に透視する方法」公式ブログ

全米ベストセラーの翻訳書「異性の心を上手に透視する方法」の訳者、カップル&ファミリー専門コーチ・塚越悦子のブログ

みなさん、こんにちは。私は「好きな人と結婚して、結婚した人を好きでいよう」をテーマに、カップル&ファミリー専門コーチとして、恋愛・結婚・パートナーシップ(夫婦関係)の分野で、セミナーやコーチングを行っています。


*******<プレマリッジ・プロジェクト>*******



結婚する前に、パートナーシップについてじっくりと話し合うという文化を日本にも根付かせたいと考え、夫婦カウンセリングをされている安東さんご夫妻と一緒にプレマリッジ・プロジェクトを始めました!月に一度、無料のプレマリZOOMセミナーを開催しています。

詳細はこちらをご覧ください。


***


5/29発売のAERA「はたらく夫婦カンケイ」に私たち夫婦の取材記事が載りました♪



 


***


全米ベストセラーの科学的恋愛ストラテジー本を翻訳した「異性の心を上手に透視する方法」(原題:"Attached") は第3刷になりました!


発売後1年の今でも、アマゾンのカテゴリランキング「発達心理学」でトップ10入りを続けています。



過去には、著書「国際結婚一年生」(主婦の友社)を出版し、国際結婚成功コンサルタントとして国際恋愛&国際結婚で悩んでいる方のご相談にのってきました。現在も継続してコーチングをお受けしています。お申込みはこちらからお願いします。



 


*******<アタッチメント・セミナーについて>*******


 


相性のよいパートナー候補を迷わず判断できるようになるアタッチメント・セミナー。2016年後半から、出会い編・交際編をあわせて6回行いました。現在は動画セミナーを作成中です!


 


テーマ:

今年の1月から、アーティストでNPO法人ザ・グローバル・ファミリーズの副理事長もされているルミコ・ハーモニーさんと一緒に、ポッドキャスト番組を始めました。

 

題して ”悦子とルミコのLove the World"

 

国際結婚、3児の母、家族での海外生活の経験などの共通点がある私たちが、結婚・パートナーシップ・ファミリーライフ・キャリア・多文化&多言語教育など、さまざまなトピックについておしゃべりする番組です。

 

今回のエピソードでは、私たち一家も利用しているシェズモファミリーを始めた今西由加さんにお話を伺いました。

 

留学することなく英語を話せるようになった今西さんの学習法や、子どもが小さいころから英語教室に通わせることについてなど、日本にいながら英語をマスターするためのコツについて幅広くおしゃべりしました。

 

こちらからお聴きいただけます!

 

iTunesで登録していただくと、スマートフォンのポッドキャストアプリで新しいエピソードが配信されるたびに自動更新されます!

 

番組のFacebookグループでリスナーの皆さんと交流していきたいと思っています。ぜひグループに参加して、コメントをお寄せいただけると嬉しいです。

 

***ラブ&マリッジ公式LINE@のご登録はこちらから! ***友だち追加

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

私は2000年に夫と出会い、「この人と結婚しよう」と決めたときに、周囲の反対を受けるという状況に直面しました。

 

その経験を通して、ある決心をしました。

 

それは「将来もし子どもに恵まれて、その子が大きくなって誰を結婚相手に選んだとしても、絶対に応援しよう」ということでした。

 

実際にそういう状況になってみたらどうなるかわからない・・・と言われてしまえばそうかもしれません。

 

でも、結婚というのは家族になって一緒に寝食をともにするということを(願わくば)何十年も続けるということ。

 

たとえ「選択を誤ったな」と思うことがあったとしても、自分で選んだ結果であればそこからの学びもあるだろうし、より納得がいくと思ったのです。

 

むしろ、そんなきわめて個人的な選択について、当事者でもない人が難色を示す理由が全く理解できませんでした。これは当人同士の魂の問題だと今でも思っているからです。

 

だから、自分の子どもが将来選んてくる相手がどの国のどんな文化的背景をもつ人だったとしても、あるいは同性だったとしても、全力で応援しようと、まだ子どもをもつかどうかもわからなかった時点で決めたのです。

 

その決意は固いままなのですが、では実際に同性愛者について何を知っているのか?と言われると、現時点では「性的志向で差別しない」という通り一遍の知識しか持ち合わせていないことも確かです。

 

そんな私が見識を深めるために「これは読んでみたい」と思う本の翻訳プロジェクトがあります。

 

若いLGBTの声を元に書かれたスペインのゲイ小説「ぼくを燃やす炎」を翻訳出版したい!

このプロジェクト、つきつめると、

 

「同性愛者だと告白されたものの、どうしてよいかわからず結果的に友達に言いふらす形になってしまい、告白した同性愛者の学生が自殺をした・・・という一橋大で起こった痛ましい事件を二度と繰り返さないため」

 

そのため、多くの人に同性愛者が感じる苦悩について理解してもらいたいとの志から始まったものなのです。

 

世界中で今もなお、同性愛者ということを言えなくて苦しんでいる人がたくさんいることでしょう。少しずつ理解が深まっているとはいえ、同性愛者が異性愛者となんらかわらなく普通に暮らせるようになるまでには長い道のりがあります。

 

同性愛婚が合法になったアメリカでも、差別はなくなっていませんからね・・・

 

でも、多くの人が「もし身近な人が同性愛者だったら」ということを、当事者意識をもって考えてもらえたら、状況は少しずつでも変わっていくはずです。その日に一歩近づくためにも、ぜひこのプロジェクトを応援してください!

 

そして、一人でも多くの人にこの情報が届くよう、シェアに協力していただけると嬉しいです!

 

 

 

***ラブ&マリッジ公式LINE@のご登録はこちらから! ***友だち追加

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

Dressで「成功する結婚」という連載を始めて3か月。

 

連載記事をまとめたページができました!8月も2本の記事を書く予定です。

 
{459465B3-2278-4708-8AF6-5B170F5B91D1}

 

家族計画というテーマで書いた先日の記事にはたくさん反響があったとのこと。

 

先日のブログ記事でも書いた海外ドラマ「グレイズ・アナトミー」のクリスティーナと彼女の夫は、思わぬ妊娠の結果、中絶という道を選びます。

 

そのときは納得して、彼も中絶の処置に立ち会ったものの、やはり子どもをあきらめきれない彼は彼女を許すことができず、友人や同僚が集まっている場で勃発した喧嘩の際に「お前は俺たちのベビーを殺した!」と爆発してしまうというシーンがありました。

 

その後の夫婦カウンセリングのセッションでも「ふつうは結婚する前に(子どもについての希望は)言うものだろう?」という台詞があったのですが、お互いにその話を持ち出さなかったという点で、彼のほうに「女性は子どもを欲しがるもののはず」という思いこみがあったという印象を受けました。カウンセリングのときも、彼女に対して「どうして子どもが欲しくないのか、理由を言え!」という態度でしたから・・・

 

また「今は欲しくなくても、数年すれば気が変わるだろう」と高をくくっていた部分もあったようです。

 

生物学的には「子どもがほしい」と思うのが「ふつう」という考え方から来ているのかもしれません。

 

お互いにどのような考えを持っているのか気づかないまま結婚すると、クリスティーナたちのように大きな問題になってしまうこともありますよね・・・

 

こういった意識していない思い込みに気づいて、お互いにシェアしていくことで、結婚後の生活をよりイメージしやすくなるのも、プレマリの時期にきちんと準備をすることのメリットだと思います。

 

次回のプレマリZOOMセミナーは8月8日(火)午後10時からの予定です!お申込みはこちらからお願いします。

 

 

***ラブ&マリッジ公式LINE@のご登録はこちらから! ***友だち追加

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「好きな人と結婚して、結婚した人を好きでいよう」をコアコンセプトにして進めているプレマリッジ・プロジェクト。

 

プロジェクトのメンバーの3人で順番に講師となり、パートナーシップをテーマにしたセミナーをZOOMというオンラインツールを使って月に1~2回行っています。

 

{7C927AA2-5F7F-4A8E-A0AF-5ED095AD82C5}

 

「プレマリッジ」は、「結婚前の」という意味ですが、結婚を考えている、これから結婚する・・・という人だけでなく、既に結婚していたり、長期的にお付き合いしているパートナーがいる方にとっても役に立つ情報をお届けしています。

 

前回のヒデさんの回は「ベストパートナーになる方法〜男と女の違いを学ぶ〜」というテーマでした。

 

プレマリFacebookグループにご参加いただくと、ダイジェスト版の動画が観られます!

 

ZOOMセミナー、次回は8月8日(火)午後10時からの開催です。お申込みはこちらからお願いします。

 

***ラブ&マリッジ公式LINE@のご登録はこちらから! ***友だち追加

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

5月から始まったDressの「成功する結婚」という連載で、プレマリッジ・セミナーの内容について紹介しています。

 

最新の記事「子どもを考えるとき、大切なのはパートナーと過ごす人生」が公開されました!

 

最近、「グレイズ・アナトミー」という海外ドラマの後半シーズンのエピソードをたまたま見る機会があったのですが、主要キャラクターのひとりであるクリスティーナが、結婚したばかりの夫と「子どもをもつかどうか」で激しく対立するという場面がありました。

 

その話をしていた矢先に予定外の妊娠までしてしまい(ドラマですから・・・)、「絶対に母親になりたくない」彼女と「子どもを育てることを夢見ていた」彼が傷つけ合い、苦しむ様子が描かれていました。

 

ここまで極端な形ではないにしても、子どもについて事前に話をせずに結婚したり、あるいは結婚前で、それについては話をしていなかったけど授かった・・・というケースもあるでしょう。実際、結婚式を挙げるカップルの3分の1以上は授かり婚だという話を聞いたこともあります。

 

私と夫にしても、結婚する前は「必ず子どもをもとうね」ということまでは決まっていませんでしたし・・・

 

この「家族計画」について事前に合意することの難しさは、

 

・「欲しい」と思ってもスムーズに授かるとは限らないこと

 

・どちらも、途中で気が変わるかもしれないこと

 

にあるのではと感じています。

 

「子どもを持ちたい」という理由で結婚を希望する人もいると思いますが、こればかりは「絶対にもてる」という保証はどこにもありません。

 

結婚相談所では、子どもが欲しい男性が女性の年齢について細かな希望を出すということも普通に行われているでしょうが、こういう話を見聞きするたびに「でも・・・若い女性と結婚しても子どもが生まれるとは限らない、もしくは自分が原因でできないこともあり得る」と感じてしまいます。

 

なにかこう、「人ありき」でなくて、ツールとして見られているような感じがするのですよね。

 

女性が男性の年収で対象者を限定することにしても、男性からしたら「お金をもってくる人」と思われているのか、という感想もあるでしょう。

 

これは婚活の性質上、何らかの基準を使って候補対象を絞らなければならないため仕方ない部分もあるのですが・・・

 

もし、絶対に子どもが欲しい、と思っていたとしても、実際に誰かと出会い、その人が人生のパートナーになり得るかもしれないと思ったときには、「この人とだったら、自分の希望のすべてはかなわなくても納得して楽しい人生を送れるだろうか」と考えてみてほしいな・・・と思います。

 

結婚する前に「絶対XXだ!」と思っていたことが、相手との出会いで変わっていく可能性がある・・・

 

この「価値観の転換」も結婚の醍醐味のひとつだと、私は思っています。

 

 

 

***ラブ&マリッジ公式LINE@のご登録はこちらから! ***友だち追加

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ラブ&マリッジ公式LINE@アカウントで、定期的にご相談を受け付けています。

 

次回は明日(7月31日)。午前6時から受け付けます。

 

まず、こちらからラブ&マリッジ公式LINE@アカウントに登録してください。

 

友だち追加

登録後、一度わたしのほうに返信していただくと、1対1のトークが可能になります。

 

ご相談は、恋愛・結婚に限らずほかのテーマでも大丈夫です。

 

メッセージを送られる前に、下記の点についてご了承ください。


・何についてご相談されたいのかを明確にしてください。

・「気持ちに寄り添ってほしい」「行動を促してほしい」「バシっと言ってほしい」など、お好みをお伝えいただければそちらも考慮して私の意見をお伝えします。

・ご相談の内容を、より一般化した形で(もちろん匿名で)ブログ等でご紹介させていただくことがあります。


・無料でご利用いただける範疇を超えると判断した場合には、その旨をお伝えさせていただき、適宜、有料のコーチングやセミナーのご案内をさせていただきます。

・お返事は随時いたしますが、数日お時間をいただくこともあります。

上記のお願いについてご了承いただける方は、31日の朝6時以降、ご相談をお送りください。

どうぞよろしくお願いいたします!


 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今年の1月から、アーティストでNPO法人ザ・グローバル・ファミリーズの副理事長もされているルミコ・ハーモニーさんと一緒に、ポッドキャスト番組を始めました。

 

題して ”悦子とルミコのLove the World"

 

国際結婚、3児の母、家族での海外生活の経験などの共通点がある私たちが、結婚・パートナーシップ・ファミリーライフ・キャリア・多文化&多言語教育など、さまざまなトピックについておしゃべりする番組です。

 

前回に引き続き、ルミコさんのご紹介でお知り合いになったカズさんをゲストにお迎えしました!

 

Netatmoというフランスの会社にお勤めのカズさんは、「クリエイティブ思考の邪魔リスト」の著者でもあります。

 

今回は、国際結婚ファミリーとして家庭でどの言葉を話しているのか?というところから、子どもをバイリンガルにするための工夫や、言葉とアイデンティティについておしゃべりしました。

 

こちらからお聴きいただけます。

 

iTunesで登録していただくと、スマートフォンのポッドキャストアプリで新しいエピソードが配信されるたびに自動更新されます!

 

番組のFacebookグループでリスナーの皆さんと交流していきたいと思っています。ぜひグループに参加して、コメントをお寄せいただけると嬉しいです。

 

***お知らせ***

 

「結婚したあともパートナーを好きでいつづけるために」というテーマでZOOMセミナーを7月30日(日)午後10時から行います!

 

参加は無料で、このテーマに興味・関心がある方でしたら、老若男女&独身or既婚を問わず、どなたでもご参加いただけます。

 

ご登録方法:

こちらのFacebookのグループにご参加いただくと、セミナーへのご案内や当日のアクセスリンクについて近日中に投稿されます。

 

もしくは

こちらのリンクをクリックして、手続きをしてください。

 

ぜひ日曜日の夜にお会いしましょう!

 

 

 

***ラブ&マリッジ公式LINE@のご登録はこちらから! ***友だち追加

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

5月から始まったDressで「成功する結婚」という連載シリーズの最新の記事「夫婦になるなら、お金と真剣に向き合う」が公開されています。

 

今回は、結婚後のふたりのお金の運営をどうするのかを決める上で知っておくとよい「マネー・パーソナリティ」という考え方について紹介しています。

 

結婚後のお金の管理をどうするのか?ということはできれば結婚する前に話し合っておきたいもの。

 

ふたりのカップルとしての収入の多少にかかわらず、お金のことでいつも喧嘩しなければならないのはパートナーシップに与えるダメージも大きいものです。

 

お財布をひとつにするのか、ふたつにするのかという論点にとどまらず、「今を楽しみたい」という気持ちと「将来のために貯金したい」という(一見)相反する希望にどのように折り合いをつけて将来のビジョンを描いていくのか、考え方のヒントになればと思います。

 

ぜひ記事をチェックしてみてください♪

 

***お知らせ***

 

「結婚したあともパートナーを好きでいつづけるために」というテーマでZOOMセミナーを7月30日(日)午後10時から行います!

 

参加は無料で、このテーマに興味・関心がある方でしたら、老若男女&独身or既婚を問わず、どなたでもご参加いただけます。

 

ご登録方法:

こちらのFacebookのグループにご参加いただくと、セミナーへのご案内や当日のアクセスリンクについて近日中に投稿されます。

 

もしくは

こちらのリンクをクリックして、手続きをしてください。

 

ぜひ日曜日の夜にお会いしましょう!

 

***ラブ&マリッジ公式LINE@のご登録はこちらから! ***友だち追加

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:
Facebookのシェリル・サンドバーグの配偶者が突然亡くなったのは、2015年の5月のことでした。
 
当時、「愛する人との最後の会話」にそのニュースを聞いたときのショックやその後の彼女のFacebook投稿から考えたことを書きました。
 
あれから2年。だんなさんが亡くなってから今まで、彼女がどのように生きて立ち直って来たのかが書かれた「Option B」という本がしばらく前に出版されていたのですが、このたび横須賀基地の図書館から借りてきました。
 
本の冒頭は彼との出会いの短いストーリーと、彼が亡くなったときの経緯が書かれています。
 

image

 

まだこの部分までしか読んでいませんが、もしこれが自分たちの身に起こることだったら・・と想像してしまいます。

 

でも、人間は必ずいつか死ぬのだから、どういう状況であれ「どちらかが先に亡くなる」というのはかなり高い確率で遭遇するシナリオなのですよね。

 

結婚生活のなかでパートナーが先に亡くなるということを想定して準備をするということは、日本人の感覚からするとなかなか「その気になれない」ことかもしれません。

 

でも、いざそうなったときに、相手がどんな人で、何を考えていたのか、そして亡くなったあとのことについて何を望んでいたのかが「わからない」ということにならないようにしておくと、(完全に避けることはできないけれど)「こうしておけばよかった」という後悔を少しでも軽減できるのかな?と思います。

 

人生80年と考えれば、まだふたりとも若くてそれなりに健康だし、いつまでも時間があるかのようについ思ってしまいますが、この本を読んで、「その時」に備えるにはどうしたらよいか・・・そして、悲劇が起こってもそこから立ち上がる強さをはぐくむものは何なのか、学びたいと思います。

 

 

***お知らせ***

 

「結婚したあともパートナーを好きでいつづけるために」というテーマでZOOMセミナーを7月30日(日)午後10時から行います!

 

参加は無料で、このテーマに興味・関心がある方でしたら、老若男女&独身or既婚を問わず、どなたでもご参加いただけます。

 

ご登録方法:

こちらのFacebookのグループにご参加いただくと、セミナーへのご案内や当日のアクセスリンクについて近日中に投稿されます。

 

もしくは

こちらのリンクをクリックして、手続きをしてください。

 

ぜひ日曜日の夜にお会いしましょう!

 

 

***ラブ&マリッジ公式LINE@のご登録はこちらから! ***友だち追加

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「しいたけオフィシャルブログ」の最新記事、『どうしたら結婚できますか』問題

 

①どうしたら結婚できますか

②私結婚できますか

③どうやったらモテますか

 

と一度でも思ったことがある方はぜひお読みください。

 

私自身は、夫となった彼と出会うまでは結婚願望のようなものはあまりなかったので、①②は思ったことがありませんでしたが、③は身に覚えがあります。

 

そしてこの記事の「この質問自体に自己否定が入っている」という部分にはとても納得しました。

 

まあまあ、とにかく読んでみてください(笑)


 

でも、この記事の中でやはり赤字太字でフォント10倍くらいで強調したい一文はこれ。

 

誰かを好きになったら「もっと振り向いて」と相手に求めることよりも「自分がその人を好きでい続けるために変わっていくこと」が大事になるような気がします。

 

これ、「好きになったら」をそのまま「結婚したら」に置き換えても同じですし、私はこのテーマを本当にしつこいくらいに日々考え続けています。

 

その証拠に!プレマリッジ・プロジェクトのサイトには

 

好きな人と結婚して、結婚した人を好きでいよう

 

と書かれています!

 

結婚ってめんどくさいんだな~とただでさえ思われていそうな昨今、こんなことを言うと余計に敬遠されそうではあるのですが、結婚しさえすれば「もうこれについては考えなくてよくなる」なんてことはほとんどないと思っています。

 

チャレンジだと感じる問題の種類が変わることはありますが。

 

もともとは他人だった人と家族になるという過程において、自分も相手も一ミリも変わることなく、ふたりともが心から「チームのために」と考えられて実際に行動できるなんていうことはなかなかできませんし、それを最初から期待しないほうがよいでしょう。

 

(ついでに言うと、「結婚しても自分は一ミリも変わるつもりはない。それでもいいなら結婚してあげるよ」というような態度の人とは結婚しないほうが良いと思います)

 

でも・・・

 

結婚したふたりがそれぞれ、パートナーをずっと好きでいつづけるためには自分はどうすればいいのか?って考えていたら、それは態度に現れるし、ふたりの関わり方は(喧嘩の仕方も含めて)どんどん洗練された、上質なものになっていくに決まっています。

 

そのためには何ができるのでしょう?と考えたときに、やはりそれは結婚する前から始まっていると思うのです。

 

結婚するまでのふたりの物語を総括して、新しい「私たちの」ストーリーを築いていくための最初の一歩として取り入れてほしい新しい習慣。

 

これが、プレマリッジ・プロジェクトの活動を通してお伝えしようとしていることなのです。

 

結婚した後に、ずっとパートナーを好きでいつづけるためにはどうしたらいいの?と思っている方は、ぜひ今週日曜日開催のZOOMセミナー(オンラインで開催されるセミナー)に遊びに来てください。

 

「結婚してもパートナーを好きでいつづけるために」というテーマでお話しします。

 

参加は無料で、このテーマに興味・関心がある方でしたら、老若男女&独身or既婚を問わず、どなたでもご参加いただけます。

 

ご登録方法:

こちらのFacebookのグループにご参加いただくと、セミナーへのご案内や当日のアクセスリンクについて近日中に投稿されます。

 

もしくは

こちらのリンクをクリックして、手続きをしてください。

 

ぜひ日曜日の夜にお会いしましょう!

 

***ラブ&マリッジ公式LINE@のご登録はこちらから! ***友だち追加

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)