この投稿をInstagramで見る

【和 dining 清乃(和歌山県有田市)】 🏠 和食ご出身の店主がラーメン職人へ転向されて全国屈指の名店に。 2号店にあたる【近鉄和歌山店】にプロデュース店の【なんばラーメン一座店】【堂山】に長浜ラーメンがメインメニューの【博多元祖長浜ラーメン 清乃】と展開。 date:19.12.12  🍜紀ノ国地鶏 塩 ¥‬850  ●スープ 《塩ベース 鶏 魚介》 ・カドを丸めにさせたかえしは素材の旨味をしっかり引き立てている ・ふっくらとした甘みある鶏の旨味で厚みを持たせている ・昆布のじわりとくる旨味を纏った煮干し等の魚介の風味が広がる  ●麺 《太め 平打ち 縮れ 多加水》 ・リフトさせると伝わってくるコシの強さ ・小麦の風味を纏った麺そのものの旨さが存在感を放つ ・抜群の絡みの良さでスープをしっかり運んでより素材の旨味を伝えてくる  ‪●トッピング‬ ・低温調理肩ロースチャーシュー 脂の仄かな甘みも乗った旨味を丁寧に活かした優しい味わい  ・メンマ ザックリとした食感からややしっかり目の味付けの旨味が広がる  ・味玉 スープと調和の取れた優しい味付けに仕上げている  《その他》 ・紅芯大根 ・ネギ ・フライオニオン  ●寅レポ ‬ パッと見ると醤油の色合いにも見えるスープは塩のソフトなカドを認識した直後から丸っとした鶏の厚みのある旨味が一気に広がりをみせ、 じわりと伝ってくる昆布と魚介の香ばしさが融合した出汁がかえしのコクにより飲む程に全体を浮き立たせ、 時間と共にカドが立ち始めてより旨味が増してきます。 ブリンとした口当たりで啜ると波を打ちながらスープを運んでくる自家製縮れ麺は小麦感がスープの合間を縫って広がって全体の風味を感じさせて、 強いコシから生まれる弾む歯応えから麺自体の味わいを伝えた後にスープの旨味と重なっていきます。 ネギやフライオニオンによってスープの表情が変わる面白さも持ち合わせています。 濁りの先にある厳選された素材の旨味がギッシリ落とし込まれた奥深さを感じさせる塩ラーメンを頂きましたっ!!  #和dining清乃 #和歌山ラーメン #塩ラーメン #自家製麺 #ラーメンブログ #ラーメン部 #ラーメン大好き #麺スタグラム #ラーメンインスタグラマー #ラーメン好きな人と繋がりたい #麺好き  #ramen_cp #ramenblogger #ramenlover ‪#ramen #noodlelover #ramennoodle #instanoodle #sarah_gourmet #foodblogger #yummy #らーめん #拉麺 #麺 #中華そば #つけ麺 #味玉 #チャーシュー #🍜 #ラーメン

のーてんの寅@汁麺人愛家族(@mypace_tiger)がシェアした投稿 -