View this post on Instagram

【SOBA HOUSE 金色不如帰(あべのハルカス催事)】 🏠【永福町 大勝軒】で修行された店主さんが'06年1月に【不如帰】として東京・渋谷区幡ヶ谷にオープンされ '14年10月に【金色不如帰】と屋号を変え、 '18年5月に新宿区・新宿御苑前へ移転されたお店で、 曜日によって屋号・メニュー(ジャンル)が変わる『三毛作』と呼ばれる、 【中華そば 金色 不如帰 覇】(金曜)は鶏・牛・味噌の中華そばを、 【一汁三煮干 不如帰】(木曜)は煮干しを、 そして【金色不如帰】(上記・定休日以外の曜日)では貝出汁として、 独特なスタイルで営業されています。  *あべのハルカス催事にて頂きました。  ‪🍜特製 鴨脂と蛤の醤油そば ¥‬1151  ●麺‬ 細め ストレート やや加水高め 自家製麺 ‪●スープ‬ 醤油 蛤 鶏 ‪●トッピング‬ 丁寧に味つけられた低温調理肩ロース ‪スープに爽やかな風味がほんのりと乗る三つ葉 蛤の甘みが引き締まる柚子皮 黄身のコクがスープに円やかさを加える味玉 ゆずとのアクセントの変化が楽しめるネギ 蛤の旨味に潮の風味を与える海苔  🐯レポ ‬ 綺麗な醤油色の澄んだスープは、 ほぼ終盤までは分厚い蛤独特の甘みの乗った旨味が次々と注ぎ込まれてかなりの量を使われているのがバンバン伝わってきます。 全体を引き締めるキレと蛤を押し上げるコクの香ばしいかえしと、 比率として控えめに感じられる動物系と魚介系の陰ながらサポートしている印象を受ける出汁に、 かなり優しいるまろやかさの鴨脂がそっと全体を包み込んで繊細な深みを感じさせる一方で、 塩スープの様なアグレッシブに攻めてくるパンチも顔を覗かせてきます。 細めで自然とスープを拾ってくる麺は、 歯切れの良さと噛む程に広がってくるこだわりの小麦の風味に加え、 スープをじわじわと吸って蛤の旨味を強調させてくる馴染みの良さと麺自体の旨みも重なってくるので、 啜った時の風味の入り方も強くなってきます。 時折、 柚子や三つ葉の風味が味も変化させて幅を広げてくるさりげないアクセントも楽しめます。 ドカンと立体的に飛び込んでくる蛤の旨味が強烈な貝出汁醤油ラーメンを頂きましたっ!  #金色不如帰 #東京ラーメン #ビブグルマン #蛤 #醤油ラーメン #催事 ‪#ramen #永福町大勝軒 #ラーメン #noodle #拉麺 #麺 #麺活 #らーめん #ラーメン好き #麺スタグラマー #ラーメン部 #delicious #ラーメンインスタグラム #instagram #ラーメン大好き #ラーメンパトロール #ramennoodles #麺スタグラム #ラーメン巡り #ラーメン倶楽部 #japanesenoodle #sarah #汁麺人愛家族‬

のーてんの寅@汁麺人愛家族さん(@mypace_tiger)がシェアした投稿 -