View this post on Instagram

【中華そば専門店 笠北(岡山県井原市)】 🏠昭和33年創業の笠岡ラーメン最古の老舗【中華そば専門店 坂本】さんで修行された店主さんが、 地元である岡山・井原市の近代彫刻家の平櫛田中美術館の向かいに、 '16年1月に笠岡ラーメンと苗字の一文字から取った屋号でオープンされました。 修行先から受け継いだメニューの『並 ¥600 大盛 ¥700』『勝手に精算機』『万札お断り』『水はセルフ』の他に、 とても綺麗な店内入口すぐ横に羽釜の洗面所があります。  ‪🍜並 ¥‬600  ●麺‬  細め ストレート 加水若干低め 丸新麺業製 ‪●スープ‬ 鶏 醤油 ‪●トッピング‬ 醤油ダレで旨味が凝縮された弾力のある歯応えの親鳥モモ肉 ‪笹切りされたフレッシュな青ネギ 優しい味わいのメンマ  🐯レポ ‬ 鶏と醤油だけで構成された【坂本】さん直伝のスープは、 親鶏ガラをしっかりと炊いたじんわりと染み渡る香ばしいな旨味に、 鶏もも肉を醤油で煮込んで作り出された旨味凝縮の甘みの乗ったかえしと、 まろやかで透き通ったアクセントで厚みが加わる鶏油で深みのある味わいに仕上げています。 岡山・笠岡市にある『笠岡ラーメン』を支えてきたと言っても過言ではない【丸新麺業】さん製の細めのストレート麺は、 プリッとした口当たりの歯切れの良さで、 噛むと軽やかな弾力で麺そのものの美味さが直に伝わってスープを受け入れる準備が整ったかと思うと、 鶏づくしの旨味がまろやかに、 甘みが飛び込み、 香ばしさが広がってと次々に飛び込んできます。 ただ気になるのは麺量の多さで、 通の食べ方としてはトッピングの親鶏もも肉や青ネギなどは混ぜ込んで麺と一緒に食べ進めるバランスになっているそうで、 別々に食べ進めると終盤にかけて単調になりやすいと感じました。 (これは食べ方等の一意見とあくまで一個人の感想ですが、 長く親しまれている地ラーメンには味付けや量等ひとつひとつに理由があり、 またそこが魅力なんだと勉強不足を痛感しました) 長い歴史を歩んできた中華そばを地元で新たな歴史を刻んでいく最高峰『笠岡ラーメン』を頂きましたっ!  ‪#中華そば専門店 #笠北 #笠岡ラーメン #ご当地ラーメン #岡山ラーメン #坂本 #中華そば #ramen #ラーメン #noodle #拉麺 #麺 #麺活 #らーめん #ラーメン好き #麺スタグラマー #ラーメン部 #delicious #ラーメンインスタグラム #instagram #ラーメン大好き #ラーメンパトロール #ramennoodles #麺スタグラム #ラーメン巡り #ラーメン倶楽部 #japanesenoodle #sarah #汁麺人愛家族‬

のーてんの寅@汁麺人愛家族さん(@mypace_tiger)がシェアした投稿 -