愛知県公立入試 B日程終了しました。 | [愛知県日進市]個別学習塾マイペースのブログ

[愛知県日進市]個別学習塾マイペースのブログ

2016年4月に愛知県日進市浅田町に新規開校しました学習塾マイペースのブログです。
ブログ内では、塾のこと、教育の事を中心に記事を書いていきます。http://mypacesc.com

お世話になります河本です。

 

ついに始まりました、愛知県公立入試。

先週は昼の13時~21時まで教室を開校して、最初から最後まで受験生が必死に勉強をしておりました。

 

結果はともかく置いておいて、木曜日からA日程も始まるので切り替えてやっていきましょうね!

 

という事でB日程の問題を分析してみて、A日程どんな対策をしていけばいいのかまとめてみます!(これが出る!とは限らないのであくまで参考にしてみてくださいね。)

 

国語

 

国語は今回大分難易度が低かったように思います、漢字も割と簡単だったように思います。

平均点も高くなりそうです。

【A日程問題の予測】

B日程が評論中心でしたのでA日程は小説が出題されるかもしれません。小説の方が読みやすいですが、問題は間違えやすいので注意してください。

きちんと文章中にこの答えだ、と根拠が必ずありますのでしっかり探してください。

漢字が簡単でしたので、難しい漢字や熟語が出る可能性があります。

A日程でも出題された字数制限ありの記述式問題が出るとは思います。要約問題のポイントとしては、文章中から抜き出すのでは無くまず一旦自分で書かなければいけない言葉などをを箇条書きにして文章を構築してゆく事です。それと、記述式の問題は後回しにして他の問題を先に解くのも手かと思いますよ!

 

 

 

・数学

今年の数学は、問題数が増えたものの難解な問題が増えた、というよりも簡単な問題が増えた感じに思いました。よって計算ミスが命取りになるように感じます。

難しい問題に時間をかけて悩むよりも、計算ミスによる減点を無くす作業が必要となるかもしれません。

 

【A日程問題の予測】

関数の問題が比較的簡単でしたので、難しめの問題が出るかもしれません二次関数と一次関数に囲まれた面積を問う問題や、平行四辺形を二次関数内で作って三角形を作る問題など復習しておくといいと思います。

平行四辺形が出てきたら、対角線が中点になる/向かい合う直線の傾きが同じなど、そういった法則を利用する可能性があるので類題をチェックして見てください。面積が問われたら、大きい図形から小さい図形を引く、二つに分けて面積を出して後で足す、など解法があります】

 

円周角の問題が比較的簡単でしたので、難しめな問題が出るかもしれません。円周角のコツは出したい角度をxと置いて、他の角度に移植できないか考える事です。また、どこかしらに補助線を引いて求める事もあります。難解な問題でも閃いたらさっと解ける事が多いですのではじめ分からなくても最後時間が余ったらもう一度見てみると良いと思います。

 

③相似の問題が出ていないので、証明問題で出るかもしれません。今回の証明問題は間違えたところを正しく直す、という問題でしたので合同条件、相似条件をしっかり確認しておきましょう。また、こういったところで平行四辺形やひし形の合同が出ないとも言い切れませんので一旦全部確認しておいてください。中二の2学期後半くらいの教科書です。

また、証明する図形が問題に記載されておらず自分で書き起こす、という可能性もあります、十分に過去問などで練習をしておくとよいと思います。

 

 

 

理科

 

理科は例年通りの問題に、音の速さの知識を利用した応用問題が出題されていました。

おそらく初めて見る形式の問題だと感じた生徒さんも多いと思いますが、そもそもそういった初めて見る形式の問題にどう対応するか、を問われている様な気がするのでやれそうならやる、出来なさそうなら諦めるなど判断をしっかりやって点数を積み上げていきましょう。

 

【A日程問題の予測】

単純にB日程で出題が無かった、あまりなかった分野は復習しておきましょう。

具体的には、

◆電気の計算/磁界

◆光

◆植物の分類

◆地震(P波 S波などの到着時刻の計算)

◆仕事率/ばね/浮力/圧力などの計算

◆遺伝子の優性劣性

◆イオン/電池

◆天体(月の満ち欠け/金星/星座など)

 

あたりは復習しておいて下さい。上記の問題が全て出ない事はないと思います、この中からいくつかは出てくると思いますので参考にしてください、もう受験まで日数がないので上記の分野がさっぱり分からないという生徒さんは少なくとも基本的な計算のやり方は習得しておくとよいと思います。

 

 

社会

グラフや写真資料を使った問題が多く、また、単一の問題の答えがわかってもその他の問題と組み合わせなければ答えられないような幅の広い知識が問われる問題だったように思います。一問一答のような問題の把握では解きにくそうな問題に感じ、少し難解だったように感じます。

 

【A日程問題の予測】

 

地歴公民全て満遍なく出題されている様に感じましたのでこのあたりが出る!とは言いにくいのですが、あまり出題されていないところで言うと

◆九州方面

◆ヨーロッパ

◆飛鳥/奈良/平安時代

◆経済的な用語(NIESとかASEANとかNAFTAなどなど)と地域を結ぶ複合問題

◆衆議院/参議院関連

◆裁判所

◆宗教

◆人物写真

 

などは復習しておくといいかもしれません。

 

英語

 

最初の問題に作文が出てきました。新しい傾向でしたが、難易度的にはさほど難しいものではなかったと思います。

ポイントは「自分のわかる範囲の単語と文法で時制の一致などを確実に間違えないように書く」事です、わざわざ難しい文法を使わない事です。

そして今回は少し長文が例年に比べて長かった様に思いますが、文章自体は割と簡単なものでした。また、(  )に適する語をいれよ、などの問題ですが答えの単語が文中にある問題が多かったです。分からなくなっても諦めずさがしてみましょうね。

 

英語は物語の長文がでたので評論文がでるかもしれません、少し読みづらいかもしれませんが少し固い文章を読む練習をしておきましょう。

 

 

私が感じたのはこのような感じです。あくまで予想なので参考に留めておいて下さいね。

新しい受験方式になりましたが、難易度が上がったという印象はあまりなかったです。ですので平均点が上がる可能性もあります、油断せずに最後まで頑張ってくださいね!

 

個別学習塾マイペース 

〒470-0124

日進市浅田町茶園38

浅田区民会館3F

TEL 052-853-9409

 

HP http://mypacesc.com

mail info@mypacesc.com