仕事は「ルーティン化」する |   顔ヨガ事務所社長のブログ

  顔ヨガ事務所社長のブログ

「顔ヨガ協会インターナショナル」理事、顔ヨガ創始者、高津文美子、間々田佳子など顔ヨガ講師3名、インストラクター500名以上が所属する事務所の社長ブログ。顔ヨガ講師、インストラクター派遣、お仕事のご依頼は daihyo@tm-i.net までお気軽にお問い合わせください。


テーマ:

毎回毎回、同じことをやっているのに

準備や後始末がバラバラで

出来てたり、出来てなかったり

そういう人たちって、結構います。

 

取引先も、どうして何年もやってることなのに

ちゃんと出来ないんだろ??? と思うこと多し。

講演・講座が終わったら、出来るだけ早く精算等を済ませて

請求作業を終えるまでが仕事と思わなければならないのに

現場が終わったら、仕事も終わった気分になってしまうとか。

 

それはアカンです。

旅行は家に帰り着くまで、と言われますが
仕事は帰り着いて終わりじゃない。出張精算までやって終わりです!

全ての後始末・精算等が終わるまで、オンゴーイング!

 

私なんかは、ペンディングになっていたり、途中段階の仕事を抱えてるのが

大嫌いっ (▼皿▼メ)ノ

なので、現場が終わったら一刻も早く精算したい。

全ての資料をファイリングして棚にしまって、やっと終了したって感じ。

 

 

この「感覚」が仕事が出来ると言われる所以だったりします。

 

 

うちでもインストラクターさんたちにお仕事紹介することが増えましたが

交通費精算がスムーズな方と、何でそんなに手間かかってるワケ?という方

色々です。

 

手間がかかる方を見ていると、予め準備してないで、後から対処しようとする場合が多い

忙しさはみんな色々だし、小さいお子さんがいたりしたら朝からバタバタだったり

でも、段取りが上手な人、前日とか事前に準備する人というのは

現場・当日にそれほど慌てないで済むようです。

 

 

なので、やるべきこと、「仕事」「作業」などを 『ルーティン化』 することを

オススメします! (◎^ε^◎)))p

 

ルーティン化というのは、順番ややり方を予め決めておいて、毎回その通りにやること

 

たとえば、私の仕事だったら、講演の1週間前までにはパワポのチャートを送っておく

講演の数日前までには現場の地図などを確認してスケジューラーに入れておく

講演が終了するまでに交通費精算作業をする

終了したら数日以内に請求書を送る

という作業の締切と流れを決めておきます。

締切より早く作業する分には問題ないですが、絶対に締切から遅れないように気をつける。

 

顔ヨガインストラクター養成講座でも、テキストや資料等の準備、場所の確認

出張の場合はホテルや交通手段の確保、人数や名簿の確認、修了書の手配

終わったらFBグループの招待、名簿入力作業、請求作業 などなどがあります。

これをルーティン化していたら、な~んにも考えなくても身体が覚えてます。

何か忘れたりすると、頭の中で黄色信号が灯って「あれ?何かヘン」と思うのです。

 

仕事が出来ない、モタモタしている

何度も催促しないと書類や資料等が上がって来ないというケースって

このルーティン化が出来てない場合が多い!

 

場当たり的に仕事をしている

何か発生してから対処する

準備/後始末のどちらかが出来てない

集中力がない

手当たり次第に仕事するのでまとまりがない

 

などなど、ルーティン化によって直せます!

まずは自分の仕事でやるべき作業をリストアップして

順番や締切を決め、ルーティン表を作ると良いと思います。

家事だって同じだもんね。

それが出来たら、仕事も作業もソフィスティケイトされて、ラクになります。

「仕事出来るね~」と人に言われるようになれますよ!

顔ヨガ事務所社長 daihyo@tm-i.netさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス