鍛えに鍛えた刀

テーマ:
 妙円寺が長く続けている活動の一つに、ミャンマーのお子さんの支援があります。これは一人のミャンマー人女性との出会いがきっかけでした。
 
 ご承知の通り、ミャンマーは軍部が大きな力を持ち、近年まで国内がとても不安定になりました。現在も様々な問題があるものの、以前よりはだいぶ暮らしやすくなったとの事です。
 この女性は民主化の運動に身を投じ、それが原因で投獄され、そこで大変過酷な経験をしました。お仲間もとても辛い境遇に陥ったそうです。
 この方は釈放されたのち見聞を広めるために来日し、それからも祖国と行き来しながら子供達の支援、国を良くする為の活動をしていました。
 
 ミャンマーは色々な事情で親と暮らせない、もしくは親を亡くした子供が多く、しかし日本のようなきちんとした養護施設はあまりありません。
 その為、地元のお坊さんや民間人が大勢の子供の面倒を見ているという現状があります。
 ミャンマー人は大変信仰深くお寺には多くの喜捨がありますが、それでもやはり施設、物資共に十分とは言い難く、その現状を伺った我々が他のお寺と共同して支援を始めた、という経緯があります。
 
 この女性は周りの人の幸せを一番に考える、そんな立派な方です。  だからこそ自分の身に大変な事が起こっても、それに臆することなく為すべき事を一生懸命しています。優しさや義務感が、不安や恐怖を上回っているのです。
 普通の人ですと、もし理不尽に投獄されるような事態に陥ったら、その後どうしても怖くなり、活動が消極的になるのではないでしょうか。
 
 他人への優しさを持ち続ける事も簡単ではありません。
 暴言で話題となった議員、豊田真由子さんも理念の一つは「思いやり豊かな人間性を育む教育」だったそうですが、理想と現実が乖離してしまう事は誰でもありえます。
 
 お釈迦様はお弟子さんに対し、
「鍛えに鍛えた刀を折り曲げるなど、誰にも出来る筈がない。それと同じように、あなた方が慈悲のこころを修め、しっかり身につけることができれば、それを土台として立ち、何ものをも恐れることはなくなるだろう」
 とおっしゃいました。
 仏弟子のような立派な方であっても、優しさ、慈しみは生まれ持ったままでは駄目で、意識して大きく、強くしなければならないし、そうすれば人生の揺ぎ無い土台ができるとお教えになったのです。
 
 日蓮聖人は、「極楽百年の修行は、穢土(えど)一日の功徳におよばず」とおっしゃいました。
 極楽は悩み苦しみのない素晴らしい場所だが、悩み苦しみがない故に自分を高める修行はなかなかできない。
 この世界は大変な事が多いけれど、だからこそ成長できる。この世界の一日の修行は、極楽百年の修行以上に価値があるのだ、という事です。
 
 穏やかで幸せな日々ばかり送りたいですが、残念ながらそうもいかないのがこの人生です。
 悩み苦しみを抱えてしまう事が誰にでもあるなら、嫌だ嫌だと思うだけだと勿体ないですね。
「こういう経験があるから人の気持ちも分かるんだ、これは良い修行なのだ」と強く信じる事ができれば、人生の捉え方もまた違ってくるのではないでしょうか。
 
たといヒマーラヤ山にひとしい黄金の山があったとしても、その富も一人の人を満足させるのに足りない。このことを知って、平らかな心で行うべきである。            ウダーナヴァルガ 
 
大欲得清浄(たいよくとくせいせい)        理趣経
 
 ウダーナヴァルガは原始経典(早い時期に成立したお経)の一つで、理趣経は真言宗の宗祖、弘法大師空海が重要視していたお経です。
 
 仏教では、過度の欲望が人間を苦しめるから足ることを知りなさい、と教えています。
 お釈迦様がおっしゃるように、人間の欲望は留まるところを知りません。あれも欲しい、もっと欲しいという思いが無くならず、欲望が連鎖するかのようです。「これで満足」となかなかなりません。
 そしてこの飢えた心が人を苦しめ、時には国と国との争いにまで発展します。王子として生まれたお釈迦様はその事を痛感していました。
 
 しかし仏教では、全ての欲を否定している訳ではありません。生きていく為に必要な欲は勿論あります。お釈迦様だって食欲がある故、おなかがすく事はあったでしょう。
 仏は欲を全て滅した存在、と思っている方も多いと思いますが(お経が漢訳される際、「滅」の字が使われたのが大きな原因の一つです。この訳は適切でなかったという指摘があります)、実際
は滅したのではなく、完全に「制する」事ができたのです。欲があってもそれに振り回される事が決してない境地です。
 
 そして理趣経では、大きな欲は清浄なものである、と説かれます。ここで言う「大きな欲」とは主に、「人を幸せにしたい」という願いです。その気持ちは自分を成長させてくれます。
 
 妙円寺のほど近くに、「ル パティシエ タカギ」というスイーツの名店があります。
 シェフの高木康政さんは、小学四年の時初めてマドレーヌを一人で作りました。勝手に台所で火を使った為お母さんに怒られたのですが、「おいしい」と喜んで食べてくれたお母さんの顔が今でも忘れられないそうです。そして、「何かを人にして喜んでもらったという感動が今の自分の原点」とおっしゃいます。
 「人に喜んでもらいたい」という大欲が高木さんを世界的な菓子職人にしたのでしょう。
 
 周りの人を幸せにする事は自分の幸せに繋がる、これもお釈迦様の大事なメッセージの一つです。