アンニョンハセヨ!黒田福美です。

 

「薄毛」は男性の悩みだとばかり思っていましたが、

女性でも薄毛にお悩みの方が沢山いらっしゃるようですね。

 

たしかに私も同じところで髪を分けているので

分け目の生え際がだんだん薄くなってきたように思っていました。

また若いころの写真を見ると、

「今に比べてボリュームあったなぁ」と感じます。

ですが、「年のせい」だから、「仕方ない」と思っていたのです。

 

ところがハヌルホスの「クールシャンプー」を使いはじめてから、

あら?と思うほどの変化を感じました。

250㎖の小さなサイズを使い始めて、ちょうどそれが無くなる頃でしたから

二か月ほどたったある日のことです。

生え際に産毛が蘇ってきたように思いました。

そうしているうちに洗髪の時、髪に差し入れた指に髪のコシというか、

いままでにない抵抗というか「重さ」が感じられるようになったのです。

それになんだか、髪にハリがでてきたように感じられました。

 

髪がしっかりしたせいか、髪をセットするときも、

思い通りに形が決まります。

更に、私は猫っ毛なのでパーマが持たず、すぐにぺちゃんこになってしまうのに、

髪の立ちあがりが良くなって、ボリュームが保たれるようになったのです。

 

しかも、今まで二か月もたなかったパーマが、

二か月目はカットだけで済むようになったのです。

今、パーマの回数は3~4か月に一度になりました。

これは快挙です!

 

それに形が思うように決まるので、朝のセットの時間もぐっと短くなったのです。

これには本当にびっくりしています。

 

私は30年間同じ美容師さんにお願いしているのですが、

彼も私の確かな髪の変化に驚いたようでした。

「実は韓方薬草成分が配合されたシャンプーを使い始めたの」と話すと、

「なるほど、たぶん毛根の皮脂が取れて、頭皮の血行が良くなることで、

髪の一本一本がしっかりして、元気な髪になったのでしょうね」と言っていました。

 

ハヌルホスのなかでもシャンプーが人気だという理由がわかります。

 

友人たちにも勧めてみました。

みんな仕事を持ってバリバリ働いているキャリアだし、

今まであまり美容の話など出たことのない幼馴染たちなので

「この違いがわかるのかな~」と半信半疑でした。

 

ところがしばらくすると、全員から「ずっと使ってるよ」という声が返ってきたのです。

およそ美容には関心はないだろうと思っていた友人たちでしたので

引き続き購入して使っているというのには正直驚きました。

 

その中のある友人が言いました。

「私達の世代で必ず話題になるのは、

ヘアカラーに何を使っているか?

シャンプーはどのメーカーが良いか?なのよ」

みんな言わなかっただけで、やっぱりいろいろ悩みはあったんだなと思いました。

 

友人たちからは「ツヤがでた」「分け目がめだたなくなった」という声を聞いています。

特にある友人の話には笑いました。

「はじめはあのシャンプーの香りにびっくりしたわよ。

だって普通シャンプーっていえばフローラルな香りじゃない。

ほら、あたしセロリ嫌いでしょ。

だからあのセロリみたいな香りに驚いたのよね。

だけど我慢して使っていたらとてもいいから、結局また頼んじゃった」

 

これにはみんなで笑いました。

いかにも彼女らしい台詞だったからです。

 

たしかに慣れないと韓方の香りというのはちょっと違和感があるのかなと思いますが、試してみる価値はあったようです。^^

 

私は500㎖のボトルをお風呂場に置いていますが、半年は持ちますのでお得です。

このシャンプーのラベルには韓国語で「하수오(ハスオ)」と書いてあります。

 

容器の底の方にスライスした植物が入っているのが見えますね。

これは「何首烏(かしゅう)」という漢方薬剤で

「頭皮の余分な脂質を除去する作用がある、白髪が改善される」と言われ

昔から育毛剤として使われてきたそうです。

「何首烏」のハングル表記が「하수오(ハスオ)」というわけです。

 

しかしどんな能書きより、

実際に使ってみて効果を感じていただくのが何よりと思っています。

 

 

※「何首烏」については以下をご参照ください。

http://www.kigusuri.com/kampo/jiten/shouyaku/kashuu/

AD