こんにちは!
 

海外在住者向け

海外起業アドバイザーの 
テイラーあやなです。

 

英語でやわらかい表現できますか?

【断る、不満や反対を伝える】

 

みなさんは、「できれば断りたいな、反対意見を伝える、

不満を伝えたい、でも相手になるべく傷つけないように伝えたいな」

なんて思ったことありませんか?

 

そんな時に役立つ表現をご紹介します。

 

これで、あなたのコミュニケーション力がさらにブラッシュアップしますよ!

 

【やわらかく断る】

 

I wish I could help you but unfortunately (理由) (手伝えたらよかったのですが、あいにく(理由)…)

例文

I wish I could help you but unfortunately,

I am away in Japan for a whilte.

(あなたのお役に立てたらよかったけれど、あいにくしばらく日本からはなれるのです)

 

I am sorry but I am just too busy

to fit that right now.. (ごめんなさい、今は忙しくてあいていません…)

例文

 I am sorry but I am just too busy to

call you right now... 

(ごめんなさい、今は忙しすぎて電話できません)

 

 

 

【反対の意思を示す】

 

I can see what you mean but …

例文

I can see what you mean but

it sounds like complicated process. 

(あたなの言いたいこともわかるのですが、それは複雑なプロセスに私は感じます)

 

Actually, I think…

例文

Actually, I think we could ask our boss. 

(というより、実際ボスに聞いてみよう)

 

I do not feel right… (なんか違う気がするのですが…)

 

I am not convinced... (確信がないのですが…)

 この上の2つの表現は、The profit という番組で

アメリカで成功している実業家の

マーカス(Marcus Anthony Lemonis)もよく使っていましたよ!!

 

このように「私が感じる」といった形の表現で、

相手が言ったことに対して反対があっても

" You are wrong "などど、You ではなく、

I で自分の気持ちという視点で話すことにより、

相手に傷つけにくくなるでしょう。

 

 

 

 

【不平・不満をやわらかく伝える】

 

There seem to have been mistake 

(You have made a mistake よりやわらかい言い方で「間違っていますよ」の意味)

 

I am not happy (例えば、怒っていたとしても、I am angry というよりこちらの方が伝わり方がやわらかい) ま、日本語でも同じかな? 「おこっています」 と直接言う人はあまりいないでしょう。

 

I have a little bit concern about …

例文

I have a littile bit concern about

the colour of ceilings in the bedroom. 

(ちょっと寝室の天井の色が気がかりなんですが) 

この文章は実際に私が業者に対して最近使いました。


主語をあなたに変えた表現

I was promised… (You promised meというより良い言い方)

 

これらの英語の言い回し表現はどうですか? 

ぜひ、実際に使ってアウトプットしてくださいね。

 

今回の英語でやわらかい表現は3回の状況パターンに分けていますので、

良かったら他のシチュエーションも見てみて下さいね。

 

これらの中で1つでも2つでも「へぇ~」と役立ったものがあれば「いいね!」

で教えてもらえると嬉しいです^^

 

私自身は海外在住ですが、英語も勉強しつづけないとね と感じています。