イタいブーツを手放したのは、今年初めのこと。

断捨離2018 2月

この夏も、アラフィフには「イタい」サンダルを手放しました。

 

 

10年程前の今頃。

1人でお稽古に行けるようになった時、

真っ先にデパートのバーゲンで買ったのは

5センチのヒールサンダル。

ムスコがお腹に入ってから、

靴フェチだったワタクシのココロが

やさぐれていった子育て幼少期。

妥協して選んだペタンコ靴や好きでもないスニーカーを履く生活に、

もう、ヒールのパンプスは一生履かないっ!

と、悲劇にヒロインの如く全捨てしていました。

 

 

この日まで、ずーーーっと我慢してきたヒールのサンダル。

今日からは履いて出かけて良いんだ!

という自分が嬉しかったことを思い出すのです。

 

 

とはいえ、10年前なら30代半ば。

あの頃は、ヒール履いても安室ちゃんのように走れたのよ。

ですが、今はもう無理です( ̄▽ ̄)

あれだけ嫌がっていたペタンコ靴も喜んで選びます。

無理だと思えばその状況を受け入れるだけ。

ニンゲン変われるものなのね。

とはいえ、ヒールは今でも好き。

ですから、ワタクシでも転ばない大丈夫なデザインを選びます。

足元は大事よ(o^-')b

 

 

「履く」選択肢から外れた思い出のサンダル。

しばらく手元にいましたが、

思い出のサンダルと言っても、

それくらいの思い出。

今の方がもっと選べるし楽しい。

ということで、思い出を上書き。

心置きなく、さよーなら。

 

 

人生の先行く先輩方の足元を見ると、

ヒールとかパンプスとかそういうレベルではなく

「・・・・・」となることもありますが、

いつか私もそうなるのかなと思います。

ですから「今」

気に入って履ける靴を選んで、

歩くことを楽しむのです。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ  

 

にほんブログ村テーマ 断捨離でゆとり生活へ 断捨離でゆとり生活 

にほんブログ村テーマ 服の断捨離 ・ 整理収納へ 服の断捨離 ・ 整理収納 

にほんブログ村テーマ 40代からのファッションへ 40代からのファッション