冬休み読書週間中に追加で読んだ本2冊。

「毎日かあさん」の「かあさん」と目が合ったので( ̄▽ ̄;

手に取ってみました。

アニメは見たことがありましたし、

コラムなどはチラッと読んだことはありますが、

書籍は初めて。

 

 

「この世でいちばん大事な『カネ』の話」

こちら、図書館では子どもの本のコーナーにありました。

子どもにもわかる経済学という感じのコーナーです。

なので、すべての漢字に「かな」が振ってあります。

 

 

サイバラさんの実体験を綴った「カネ」にまつわるお話は、

もしかしたら、親があーだこーだいうより説得力があります。

小さい時食べものを残すと「貧しい国はね・・・」と言われる。

言われることは分かる(のか?)けど、

イマイチ説得力に欠けるのです。

貧しい国とはどういうこと?

食べられないとはどういうこと?

実際に目にしたことのない親から聞く「貧しい国はね・・・」の話より、

サイバラさんが現地で見て感じたことを綴っている

「貧しい国」についての方が想像がつくでしょう。

 

 

「カネ」のもたらす力

その「カネ」を手に入れるためには?

自分で「稼ぐ」ことが必要な理由

 

 

見ていない知らないコトを「それなり」に話すより、

実体験交えた話の方が言葉に力が出ますね。

そういえば、ライフオーガナイザーになった頃、

講師になりたいのなら、

たくさん片づけ作業に行くのよ。

と言われていましたが、

今、その意味がよーく分かります。

 

 

と、話が逸れましたが、

ワタシが一番ピンと来たのは

 

 

最下位には最下位の戦い方がある

 

 

言われてみればそうなのよ。

どうしても出来る人と比べたくなるし、

上にいる人たちと同じことすれば

上に上がれると思ってしまうのよね。

それで、出来なくてさらに落ち込む。悪循環。

出来る人の成功例を聞くのは大事。

でも、出来ないなりの這い上がり方を考える方がもっと大事

 

 

子どもの経済学コーナーの本ですが、

おばさんでも学び、考えることの多かった本。

 

 

ライフオーガナイザーのmasayoでした。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ  

 

にほんブログ村テーマ 図書館で借りた本へ 図書館で借りた本

にほんブログ村テーマ 40代主婦の日々&雑感へ 40代主婦の日々&雑感 

にほんブログ村テーマ お金に関する思考学習へ お金に関する思考学習