やってみると魅力的な副産物が得られる | 塩見有輝の日本と海外のデュエルライフ~世界とフュージョンしよう~
新型コロナウイルスに関する情報について

塩見有輝の日本と海外のデュエルライフ~世界とフュージョンしよう~

シンガポールに12年住んでいました。現在は、月の半分が日本、半分が海外です。仕事でインドネシア、シンガポール、マレーシア、フィリピンに行くことが多いです。1年間にその他10か国以上旅行して、美しい景色、文化、人々に会うことを楽しんでいます。


今日は、
やってみると、
意図しなかった、
狙ってもいなかった、
副産物を得られることが多い。
という話をしようと思います。


時間、労力、資金など、
私たち個人の持つ資源
いつも節約しながら生きて、


傷を負わずに逃げきってよかった
という感想を、
特にコロナ発生後から
聞くことが多くありました。


「やっぱりタピオカブームが過ぎ去った。
 あんなの、やらないでよかった。」
「飲食店はコロナで大変。
やらないでよかった。」
「株をやっていなくてよかった。」
「FXやっていなくてよかった。」


という話や、


「話題の小説
ネットでレビューを見て、
だいたい内容がわかった。
読む時間が節約できてよかった。


「あのネットのプラットフォーム、
そんなに発展しないと
僕は、最初から思ってたんですよ。
皆が騒いでいたけれど、
僕は静観していたんですよ。
やっぱりコケましたね。」


「特別給付金のオンライン申請、
ミスが多いみたいね。
私は最初から、紙が来たら、
それで申請するって決めてたから。
オンライン申請しなくてよかった。


「SNSって何の為にやるんですかね~。
あんなのやっても、
お金にならないでしょう。


ネットでいくらでも
観光地の写真見れるし、
だいたい旅行って、
どんなものかは想像できるし。
旅行に行くお金は貯金する。


などなどなど。


そして、やってみて
得られた副産物があったとしても
そんなに大したものではないのでは
と考えがちです。


副産物と書くと、
自分が狙っていない、
希望していないサブの結果で、
大したものではないのではないか?


寄り道した帰りの
ちょっとしたお土産みたいな
そんな程度のものではないか?


きっと、
成功している人は、最初に
綿密な計画を立てているから
無駄なことはしないで、
リソースをすべてそれだけに
注いでいるはずなのでは?


と思いますよね?


解釈の仕方で
全然違ってくるとは思いますが、
まわりに、尊敬する人がいたり、
TVや本で見た素敵な人がいたら
その方々を見てみると、
全くの一直線で来ている人
少ないのではないでしょうか?
副産物
をたくさん持っていて
いろいろな経験をされたんだな
と感じることが多いです。


”Connecting Dots”
「点と点が結びついて線になる」
という言葉は
なるほど、と思うところです。

この投稿の、2020年はコロナ禍で、
「~~していなくてよかった。」
と感じることの多い時期ですが、


これが自分の思考の癖に
ならないように、
しようと思います。


今日は、2件、
お仕事のミーティングをしました。


1件目は、
若くてきちんとした方で、
約束の時間きっかりに
ミーティングルームに入って、
とても礼儀正しくて
余計な話はしないで、
お仕事に関してとても優秀で
仕事(作業)の話だけをして
すぐに終わりました。


余計な話をあえて避けて、
無難に業務完了して
とても効率的でした。
でも、
「余計なおしゃべりをして、
失敗したりしたくないし、
時間を使いたくない」という
感情も伝わってきました。


夜は、
年商100億円が50億に半減して、
また100億に戻してやっている
創業社長さんと、
もう一人、
世間的に成功も失敗も
経験している方とお食事しました。


副産物だらけの雑談が
とても面白かったです。



 


こちら


こちら


ご依頼やお問合せは
メールのinfo@shiomi.asiaか、
こちらのライン@で  お気軽に。