編み物、プレゼントしたことある?

 

手編みのマフラー

 

高校時代にアフガン編みのマフラーを作りプレゼントしました。

 

それ以降もセーターを編んだりしていました。

私は編み物の本を見ながら、誰にも教えてもらわず自己流で編んでいました。

両親にもベスト(チョッキ)をプレゼントしたり、自分用のベレー帽を作ったりしました。

 

母が通信の編み物講座を始めた頃、なかなか出来なくて私に助けを求めて来た時に、その作品を完成させて送り採点されて戻って来るという事が何度かあり、修了でき修了証が送られて来た時に母が「あんたの名前で登録しておけば良かったわ」と。

でも、そのお陰で上達したように思います。

番外編で、同期の友達が当時つき合っていた「彼の為にセーターをプレゼントしたいから教えて」と言って来たので教えたのですが、編み物は初めてという友達は不器用(ゴメン)で誕生日まで間に合いそうに無かったので、全部作り直して編み上げて渡した思い出もあります。 その彼は友達が作った物と信じて大変喜んだそうですが。 確かに会った時、私が編んだセーターを着ていて、「これ、こいつが編んでくれたんですよ」と笑顔で話していて余りにも可笑しくて心の中で笑ったのを思い出しました。 《男って単純!!》と思いましたね。

その友達のお礼は食事と鍼治療とマッサージでした。 編み物は肩が凝りますからね。 それでチャラにしました。

 

幸せの編み物

 

結婚後は、夫のセーターや子どもたちのセーター・マフラーなどを作りました。 子どものセーターは小さいからアッという間に出来上がります。 

 

ある年の娘の誕生日プレゼントに黄色のセーターを編んでいる時、息子が編み物の本を持って来て「僕はこのセーターがいい」と言うので、一部に青と白のボーダーが入ったセーターを編んでやり、とても喜んでくれた事を思い出しますね。ニコニコ

 

かぎ針編みでレースの敷物も作りました。 自分の物は案外と編んでいないなぁと感じました。

 

もう編む気力はありません。 機械編みも習いましたが、やはり手編みが私は好きですね。

 

ふんわりしたセーター

 

空気を含んで、より暖かくなりますよね。 ピッタリしたセーターもありますが、やはりフワフワしたセーターが好きです。

 

▼本日限定!ブログスタンプ

あなたもスタンプをGETしよう

 
午前中の体調
 
最近は午前中、どうもエンジンのかかり具合が悪くて動けません。
《何故なのかなぁ》と思いますが、無駄な抵抗はせず、成るようにしています。
午後になると少しずつ動けるようになるので、「まぁ、いいか」と言いながら過ごしています。
 
癌の治療をしながら、お仕事をされている人も沢山おられます。 
事実、私が入院していた頃に、朝食を終えて院内を歩こうと部屋を出るとスーツ姿にカバンを持ち出勤される人がいました。 《凄いなぁ》と感じ入ったものです。 その人達からみたら、私は甘えているなと思います。
自分が置かれている環境で、自分の意識も変わると思いますが、私は今の状態で私なりの生活をして無理すること無く過ごしたいと思います。
 
これが私のパターンだから
 
ちょうちょ……………ちょうちょ……………ちょうちょ
 
訂正します。
 
2月4日のブログ記事内で『今日から亥年が始まります』と書きましたが間違っておりますので訂正致します。
正しくは『2月5日が旧正月ですので、この日から新しい干支の亥年が始まります。』です。 勘違いをしておりました。
 
m(_ _)m