我が家の リビアングラスさんたち。


色々なさざれやクラスターを試しましたが、 

↑ アラスカ州・マッキンリー国立公園 産の
水晶クラスター(真ん中以外ほぼ母石)さん

がお気に入りの おうち家 のようです。


水晶のとこ、もうはみ出てて

ぎゅーぎゅーになってるのに、


なぜか みんな、ここが落ち着くみたい。



なんでそんなにそこが好きなのはてなマーク


と しつこく聞いたら、


リビアングラスさんたち
「しーっ! 隠れてるのっ 。うーん


ですって。


え、 
カメレオン的な発想 ですか?とかげ


たしかに、クラスターと同色っちゃ同色だし、
リビアの砂漠の色してるっちゃしてるね。。。???




笑   笑   笑

まるで魚さんや虫さんと一緒じゃないか!!! 


なんだか、かわいい。 ほっこり 笑



━━━━━━━━━━━━━━━━━

誰にも 見つからないように…。
例えどこかに連れていかれたとしても、
ただ黙って 
宇宙のお迎えが来るのを待っている…。

時期が来るのをひたすら待っている…。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

そんな 本能的使命を持つ リビアングラスさん。


今では、エジプトの政府によって
リビアングラスの採掘が禁止となっているそうですよね。

これも宇宙の計らいでしょうか。 

まだ 砂漠に残ってる子たちは 良かったね。照れ

すでに
採掘されちゃったり、加工された子も


●そっとしといてくれる場所(店など)や人間

●宇宙とテレパシーが開通している or 開通しそうな人間のところ

を好んで行きたがるようです。

↑というのも、
リビアングラスさんは 地球のデータを記録し、宇宙のとある場所へ持ち帰るような役割を持っているようでして、そのタイミングがあとどのくらいの年月なのかとかは全然測定出来ないのですが、 裏技もありまして、人間の「気付き」や「解放」のタイミングに合わせて リビアングラスさんにインプットされている記憶(データ)も ついでに一緒に宇宙へ飛ばして 還ることが出来るから だそうです。

ちょっと説明するのが難しくて すみません。


すでにリビアングラスさんと出会い、
お持ちの方も沢山いらっしゃると思いますが、

そういう方は 
なんだかんだの引き寄せで 縁があって
その子に 「持ち主」として選ばれているはずです。

データを送りたがっている状態なのか、
今はそっとしておいて欲しい状態なのかは
その子によって まちまちですが、

基本的に 人間の寿命の何百倍も長いスパンで
使命を抱えてるのは間違いないので、

気長に 根気よく 
かくまってあげましょうね 照れ流れ星家  笑