高槻市の鍼灸専門治療院はりきいち鍼灸院

 

「汗をかいてデトックス」はウソだった、研究報告(上)

発汗により排出される毒素の量を分析した
 発汗は、今や健康や美容のトレンドになっている。

遠赤外線サウナからホットヨガまで、

タオルが汗でびっしょりになるアクティビティは

リラクゼーション効果があるだけでなく、

体の毒素を排出して健康を保つとも言われている。

 だが、汗をかいて毒素を排出するという説は、

汗をかいて弾丸を搾り出すというのと同じくらい

ありえない話であることが、最新の研究で明らかになった。

科学者たちも長年密かに疑っていたことだが、

汗と一緒に毒素も排出されるというのは、都市伝説に過ぎなかった。

 人間が汗をかくのは体温を下げるためであって、

老廃物や有毒物質を排出するためではない。

その役目を負うのは、腎臓と肝臓である。

もちろん、都市伝説の中にも一粒の真実はあるものだ。

この場合も例外ではない。

汗の成分の大部分は水とミネラルだが、

様々な種類の有毒物質も含まれている。

 ただし、学術誌「Environment International」に

掲載された研究報告によれば、その量はごくわずかだという。

「どの程度の量かということは、常に問うべきです」と、

化学者のジョー・シュワルツ氏は言う。

「汗を分析すると多くの物質が見つかりますが、

化学物質があるからと言って必ずしも危険なわけではありません」

汗に含まれる汚染物質の量は?
 シュワルツ氏は、カナダ、マギル大学の

科学社会事務局長を務めている。

科学に関する都市伝説を検証する同局には、

医療詐欺やエセ療法に関する問い合わせが

山のように寄せられているという。

そのなかには、体のデトックスをうたったものも数多い。

 では、汗の中にはどれほど

有害な物質が含まれているのだろうか。

 ほとんどの汚染物質に関しては、その量は

あまりにわずかで、あってもなくても変わらないと、

今回の研究を率いたパスカル・インベルト氏は言う。

インベルト氏は、カナダ、オタワ大学の運動生理学者で、

体脂肪に蓄積する汚染物質の研究をしている。

 これらの物質は「残留性有機汚染物質」と呼ばれ、

農薬、難燃剤、そして現在は禁止されているものの

まだ環境中に残っているポリ塩化ビフェニル(PCB)

などがある。

食品や環境中に存在する「毒」と一般に考えられているが、

脂肪に引き寄せられる性質があるため、

大部分が水でできている汗には溶けにくい。

 インベルト氏と研究仲間が調べた結果、

普通の人が1日45分間の激しい運動を行ったとしても、

1日の発汗量はせいぜい2リットルほどだった。

これには、運動していない平常時の発汗も含まれる。

そして、それだけの汗をかいても汚染物質は

0.1ナノグラム以下しか含まれていない。

 言い換えると、「普段の食生活で体内に取り込む

汚染物質のうち、汗で出る量は0.02%に過ぎません」と、

インベルト氏は言う。さらに運動を激しくしたとしても、

0.04%程度までしか増えない。

 つまり、どんなに大量の汗をかいたとしても、

その日体内に摂取した汚染物質の1%すら排出できないということだ。

 ただし、ほとんどの人間の体内にある農薬や

その他の汚染物質の量自体、極めて微量であるということも

覚えておいてほしい。

分析化学者の功績により、今では1 兆分の1単位で

物質を検出できるようになったが、だからといって

そのわずかな物質がすぐさま有害であるとか、

減らせば健康に良いといった話にはならないと、

シュワルツ氏は言う。

 

→続く

 

National Geographic 4/13(金) 7:41配信
文=Erika Engelhaupt/訳=ルーバー荒井ハンナ