足湯のすすめ


足湯のすすめ

湯とは、
足だけを湯舟に浸けて体を暖め、
全身の血行を良くし、体内の老廃物の
代謝を高める健康法です。

発汗により体内の老廃物の排泄作用を
高めてくれます。

服を着たままででき、寝たきりなど
入浴ができない方でも
手軽にできるので便利です。

ストレスや疲れがたまっている方、冷え症の方、
心臓の悪い方、風邪を引いた方にオススメです。

$はりきいち鍼灸院は高槻市にある信頼と実績の鍼灸専門治療院です。 -足湯

~足湯のやり方~
 温度:42℃くらい。冷めたらさし湯をして
温度を保ちます。

 深さ:足首(くるぶし)の高さより5cm上
くらいまでつかります。

 時間:10~15分。 


 足湯をした後、一度出して左右の色を比べ、
赤さの少ない方の足をもう一度5分ほどつけ、
両方の足の色が同じように赤くなるまで
続けます。


~効果~
・リラックス、疲労回復
・身体の冷えをとる
・自律神経を整える
・全身の血流をよくする
・むくみをとる
・足の疲れをとる
など

足湯の後は水分補給をしましょう。

※風邪の時の水分補給について
;陰性型の風邪のとき
(鼻水がズルズル出て、眉間が痛い、
高熱が出ていない)

→葛湯または梅醤番茶

;陽性型の風邪のとき
(高熱があり、後頭部やコメカミが痛く、
咳がお腹から出る)

→りんご汁・第一大根湯・椎茸大根スープ

を、飲むとよいです。





高槻市の鍼灸専門治療院
はりきいち鍼灸院

072-695-5189
〒569-0814大阪府高槻市富田町 1-11-12