『お父さんが入院する』 | 何様のつもりっ!!

何様のつもりっ!!

日々のストレスをここで吐き出させてもらうわ!
2002年私の土地に、長男が家を建てた。
2014年長男の家に私達の部屋を増築させて、同年7月末同居を開始。
そうして嫁姑戦争が始まった。


テーマ:
お父さんが入院することになった。

ここ最近、便秘が続いていた。
普段運動をしないから、腹筋が弱くなりすぎて、出にくいし、力めないようだ。

仕方がないから、便通がよくなる自然のお茶飲ませたら、今度は下痢が止まらなくなった。
一晩に何回もトイレに行くものだから、大変。
歩くのもモタモタして危ないし、急がないと漏らすこともある。
そんなのを片付ける私の方が大変。

私も起こされて、一緒になってトイレに行くものだから寝られない。

そして、朝になったら病院に行くことにしていた。

早速病院に行った途端、入院することになってしまった。
なんの用意もしてないわよ!?

私が先日救急車騒ぎをしたし、息子も検査で一日入院したばかりで、今度はお父さん。
病院でも、すっかり印象に残ってしまっているようだ。

お父さんは、すぐ退院するだろうと思ったら、二週間という。
腸炎と、前立腺の方が悪いらしい。
長いわね。
でも、これで安心してゆっくり眠れるわ~
明日には、長女も来てくれると言うし。

長男に、部屋に置きっぱなしの薬を持ってきてもらいたいことと、翌朝の送り迎えをしてもらう約束を取り付けたが、嫁が突然電話してきた。

嫁「夫に代わって電話しました。
明日は早出出勤になってしまって約束がダメになり、しかも今は社長と打ち合わせで電話に出られないから、代わりに電話するように言われました。
私がお父さんの薬を持ってこれから行きますので、他に足りないものがあったらどうぞ?」

嫁が来るのか。
じゃあ、どうでもいいものを持ってこさせよう。
薬の他は、籠と、イヤホンと、洗面器でいいかな。

嫁は荷物を持ってきた。

私「急がないなら、帰り送って」
嫁「はい」

タクシー代がもったいないし。

私「お父さんの夕食終わるまで待ってね。」
嫁「はい」

ところがいくら待ってもご飯が来ない。

嫁が今日は点滴だし、ご飯はないのでは?とか適当なことを言い出すから、「そんなことないわよ!!」と言ったものの、看護師に聞いてみたわ。

看護師「しばらくご飯はありません。腸を休ませて落ち着けないと。
ああ、差し入れも一切禁止ですので、お願いしますね。」

はぁ・・・嫁の言う通りになった。
私は嫁の運転する車に乗って、家に帰ってきた。

これから毎日病院に行くのかと思うと、疲れるわ。

Mさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス