in between days

in between days

ブログの説明を入力します。

お問い合わせは undoudou.akari@gmail.com まで

寒い日が続きますね。

地元は36年ぶりの大雪とのことです。

玄関が雪で埋まった日のことを思い出されます。

 

こちらは太平洋側の冬の青空ですが、鬼冷えです。

緊急事態宣言が出そうなので、

今週末に予定されていた写真教室は、またまた延期としました。

お母さんがお子さんを誰かに見てもらって出かけるというハードルは

コロナでは無くても、なかなか高いものです。

今は我慢の時期ですね。

マスクを外してお散歩できる日が待ちどおしいです。

 

今年はブログの更新頻度を上げたいと思っていますが、

今日も写真以外の話。笑

 

先日は、今のところ順調な娘の英語力の話でしたが、

今日は、順調ではない話。

 

マイペースな父親とマイペースな母親から産まれた娘は、

すくすくとマイペースな娘として育っています。

マイペースが悪いという話ではないんです。

物事にじっくり取り組めるところは、娘の長所です。

ただ、何の取り組みにしてものんびりしており、

そのくせ、こだわりが強いために、

適度なところで辞められなかったり、手伝われることを嫌ったりします。

小2の勉強内容で、今のところつまづきはありません。

がしかし、

学校の授業のような、ある一定のスピードで進んでいくものの場合、

これからは周りの進度についていけなくなる可能性を、担任の先生よりアドバイスを受けました。

ベテラン先生の経験によるこの指摘は、かなり確度が高いと思ったし、

そんな娘に焦ることなかった私は、これまたマイペースなんだなと自覚せざるを得ませんでした。。。

 

家庭学習はこれまでほとんど無く、家では宿題終わったら自由時間でした。

学童で頑張っているので、家ではのびのびさせたかったし、私ものびのびしたかったからです。

次学年の準備期間である3学期からは、少しだけ家庭学習も入れていきたいと思っています。

 

小2、2学期を終えて、

小1、小2のうちにやっておけば良かったーと思うことを、

ここに残しておきますね。

 

小1は、丁寧な字を書くこと。

ちなみに私は、「書ければいい、覚えていればいい」と思っていたタイプです。

でも、小2になって、丁寧に字を書けない子は、

字の捉え方が適当になりがちということに気がつきました。

我が子の例でいくと、

漢字の中で「ホ」と言う一部分を、「米」や「水」などの珍回答を書いていました。

丁寧に書けない子は、漢字を書くことをそもそもめんどくさがると思うので、

同じ字をたくさん書くとかは、あまりオススメできないかもしれません。

お子さんが気持ちを切らさずに書ける漢字(3個でも5個でも)を1回だけ丁寧に書いて、

次の日や1週間後にまた同じ漢字を書かせて定着を見る、

という具合がいいと思いました。

我が家の冬休みは、こんな感じで2年で習った漢字の総点検をしました。

娘の場合、お手紙や文章を書くのは好きなのですが、

丁寧に書くということにはまだ気持ちが回らないようです。

「丁寧に書くと、たくさん書かなくても覚えらるらしーよ。(根拠はないです)」

と、子供の気持ちを盛り上げています。

 

小2は、計算力の強化。

ちなみに私は、「解き方がわかっていればいい」と思っていたタイプです。

なので、公⚪︎などは毛嫌いしていました。

が、処理能力がいつもギリギリだと、

古いパソコンやカメラのように、授業中のフリーズ時間が増えていってしまいます。

なので、解けるけど考える時間がかかっているという計算問題を、

毎日10問から20問、繰り返して計算力を強化した方がいいと思いました。

多くをこなす必要はなくて、毎日できる量でやるといいと思います。

我が家は遅ればせながら、この冬休みから計算力強化を始めましたが、

毎日時間を測ってやると、1週間で1分から2分もスピードアップできています。

そもそも1回目の計算スピードが遅いために、効果絶大です。笑

子供の自信にも繋がるので、とても良かったし今も続けています。

娘の場合は、

かけ算九九よりも、ひっ算のくり上がりくり下がりに時間がかかるようでした。

なので、くり上がりくり下がりのあるものに限定してやっています。

ドリルだと2年生の内容全てを網羅していたりすると思いますが、

我が子の現レベルに応じて、やるものやらないものの選別や、

足りなければ増やすとか、工夫がいるなと思いました。

100マス計算も良さげですし、

もし家での取り組みを嫌がるようなら、

公⚪︎などにおまかせしちゃうのもありなのかもしれませんね。

私はいろいろな思い込みから誤解していたなあと反省しきりです。

 

ちなみに、娘は工作が好きなので、長さとか図形はおやつみたいに解きます。笑

なので、生活や遊びの中から算数を学びとる力も大切なんだなと思います。

マイペースな娘は時計が苦手で。。。親として反省です。。。

 

以上、私の反省ブログでした。。。

マイペースな私の目を覚ましてくれた、

担任の先生との出会いに感謝します。

 

しっかりやられているお家からすると、

そんなことすらやっていないの?という内容で、お恥ずかしいかぎりです。。。

勉強できることが全てではないと思っていますが、

今の学校は、勉強がある程度わかる状態にないと、

授業中は、ただただ宇宙と交信する時間になってしまいます。

お子さんのつまづきが目に見え始めた時には、対処が簡単ではなくなりますので、

もし似たような状況のお子さんがいらっしゃいましたら、

スモールステップで、一緒にコツコツ頑張りましょう!