「SaiA(サイア)の物語」 | モヤモヤ解消の手がかりを見つけ出すヒプノセラピー(催眠療法)&運勢鑑定

モヤモヤ解消の手がかりを見つけ出すヒプノセラピー(催眠療法)&運勢鑑定

ヒプノセラピーはご自分で潜在意識に眠っている答えを見つけ出す療法。セラピストはいつも寄り添います。
そして、運勢鑑定はご自分の持って生まれた星々の組み合わせから
あなたの資質、生き方をアドバイスします。

琵琶湖を見渡せる
ここにくると
ほとんどの方が
セッションをする前に
すっかり、リラックスされます波
image

 

このお部屋の名前は「SaiA」

 

『サイア』と読みます。

 

この単語に意味はありませんあせる

なので、ちょっと似てますが、

サイヤ人は無関係です~キラキラ

 

私が見た前世のうちの一つ

その主人公達の頭文字の間に

「ai(愛)」入れましたニコニコ

 

Sは「ショーン」

Aは「アリス」

 

 

アリスは居場所がなく孤独な少女でした。

寂しくて生きる希望を亡くして、

崖の上から飛び降りようとしたその時

後ろから「ガシッ!!」と抱きしめられたのです。

 

飛び降りるのを防いだのが「ショーン」

崖の後ろの森の中の

小屋に住む絵描きさんでした。

 

アリスは何か月も小屋の窓から

海を眺め、癒されていきました。

 

孤独から解放され

ありのままの自分をショーンに

受け入れてもらうことで

生きる意味、気力を

持てるようになって行きました。

 

何をするでもなく、

たまに絵を売るため個展を

開いて街にいくぐらい…

それほど活動的でもない二人でしたが、

二人でいることが

なにより居心地がよくて、笑顔になれる

そんな平凡な生活でした。

 

ショーンは多くを語らず、

でも常に優しいまなざしで

アリスを愛し、見守り続け、

年を取り病床にいるアリスを描き、

その絵が完成した時、アリスはショーンの腕の中で

魂の世界へと還っていきました。

 

その体をショーンは静かに涙を

流しながら抱きしめるのです…

 

という、ひと昔前の少女漫画のような

前世を垣間見ました(ちょっと恥ずかしいあせるあせる

 

 

小さい頃、たとえ辛くて、居場所もなくて

思い通りに生きられなかったとしても

生きて入れば、自分を受け入れてくれる人と

出逢うこともできる…

 

人生はひょっとしたら

捨てたもんじゃないのかもはてなマーク音譜

まんざらでもないのかもはてなマークべーっだ!

 

それを教えるために

今、私の眠っていた記憶を

潜在意識は、蘇らせてくれました

 

 

ショーンとアリスの間に

「ai(愛」があったように

あなたにも大切な人との間に

いっぱいの「ai(愛)」をラブラブ

 

そんな祈りを込めた「SaiA(サイア)」

 

どうぞ、

圧倒的な雄大さを体感しにきてくださいねクラッカー

 

 

 

 
 
 
ヒプノセラピー、運勢鑑定について
 
 
 
 
 
 

弦巻 直杏(つるまき ななこ)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス