子供が1歳の時は

月々15000円の養育費をもらっていました。

少なすぎて悲しかったですが

元旦那はお金が無かったのと

離婚後も円満を望んでいたので

我慢していました。

 

子供が習い事をし始めたこともあり

1万円増額交渉し

月々「25000円となりました。」

 

そして、先ほど・・・。

月々25000円に合わせて

ボーナス時に90000円という

金額の交渉に

成功いたしました!!!

 

こちらが養育費算定表を元に

ネチネチ言い続けた結果

やっと勝ち取りました。

とはいっても、ボーナスが

万が一出なかった時は無しです。

ボーナス時には明細を送ってと伝えました。

 

私が円満離婚を選んだ理由の一つ。

それは養育費がきちんと支払われるためということと

子供が父親という存在を

必要とするだろうと思っていたからです。

万が一自分が死んだ時に

ひとりぼっちにさせたくないのも理由です。

 

うちの場合は子供が物心付く前に離婚をしているので

会わさないようにしようと思えば出来ました。

実際、3ヶ月会わない期間がありました。

でも、会わないようにすればするほど

子供に対しての愛情は薄くなって

養育費を支払わなくなると思ったのです。

 

子供と会って愛情がわけばわくほど

苦しみもがき、お金を支払うようになりました。

とはいっても、こちらに対して

早く再婚しろとか、養育費高いと言ったり

食事に行っても私に支払わせたり

ケチはケチで変わっていません。

引っ越しでお金がないから

ひと月免除したのに

裏で遊びに出かけたりしていました。

 

養育費を支払ってくれる人は

非常に少ないみたいなので

いやいやながらも支払ってくれている

元夫に感謝しないといけませんね。

(でも払うのは当然です!

もっと払ってと本当は思ってます!)

 

私は世間から見ると『鬼元嫁』だと思います。

 

お給料が少ないのになぜ副業せずに

ゲームばかりしてるんだ!

手取り20万は世間から見て少ない!

ネットがあるんだから副業ぐらいしなさい!

恥ずかしくないのか!

って時々言ってしまいます。

私と出会って彼はこれでもお給料が増えました。

非正規から正社員にもなりました。

そうです。

何も言わなければ

ダメ男に拍車がかかっていたと思います。

これからも鬼元嫁として過ごしたいと思います。

お給料が増えたらその分養育費を増額してもらいます(怖)

 

養育費交渉中の方、

離婚間近な方の参考になると嬉しいです。