こんにちは👋😃


福井県鯖江市アジアンリラックスWaitea スタッフのまたのです。


とうとう花粉が飛び始めたようですね?


暖冬のせいかちょっとはやい気がします。


桜の開花も早いのでしょうかね桜



春は大好きな季節だったのですが、ここ数年花粉症が発症してからは、ブルーな季節ですショボーン



春はデトックスの季節で気が上へ上へと上がるので、涙、鼻水などの症状が強く出るようです。


デトックスの反応はありがたい反面、強すぎる場合は本当に不快になります。


健康オタクのわたしは、今年も薬を飲まずに乗りきりたいといろいろ探しておりました。



今年はWaitea でも取り扱いしてる水素風呂と、

ホーリーバジル(トゥルシー)茶を飲むことにしましたウインク





たまたまショッピングセンターにお買い物へ行ったときに、

福井県池田町産のホーリーバジルに出会いましたラブ

試飲してみて、すごく身体がポカポカして、あれ?なんかいいぞ~と思って即買いました🎵


その後トイレも何回も行きました。


これだけ身体の反応があるハーブティはスゴいなあと思いました。

ホーリーバジルの効能

美容、アンチエイジング効果

近年注目されているのは、ホーリーバジルの美容や身体的な老化の防止(アンチエイジング)への効果・効能です。

主成分のオイゲノールやカリオフィレン、ウルソール酸といった抗酸化成分が、ストレスホルモンのコレチゾールを抑制し、若返りのホルモン「DHEA」を活性化させるといわれています。

抗菌作用

葉っぱに含まれるエーテル(ジエチルエーテル)には、強力な抗菌効果があり、黄色ブドウ球菌や大腸菌などの繁殖を防ぎます。

ホーリーバジルのこれらの有効成分が、免疫機能と新陳代謝を高め、生活習慣病やインフルエンザ、風邪の予防のほか、頭痛、呼吸器の疾患、肝機能の低下、胃炎、むくみ、冷え性など体の不調を和らげ、根本的な体質の改善へと導いてくれます。


また、ホーリーバジルは、「アダプトゲン」の1つです。アダプトゲンとは、「副作用がない(無害)、様々なストレスに対しての抵抗力を高める、体調(生理機能)を整える」という3つの条件をもったハーブのことを指します。



1940年に頃から研究が進められ、1947年にニコライ・ラザレフ博士によって「体に悪影響を与える物理的、化学的、または生物学的なストレッサーを、非特異性の抵抗力を高めることによって撃退するもの」と定義されました。


インド発祥のアーユルヴェーダでは、ストレスの緩和や、体の生理機能を高めるために、古くからホーリーバジルが利用されてきました。


また、近年の研究によって、その効果が実証されつつあります。このことから、薬の副作用が心配な方や、自然に体質改善をしたい方が漢方薬のような扱いで使っていますよ。


こちらから引用させていただきました


花粉症は漢方医学では水毒の症状とも言われています。


花粉症の症状を「体内の水分バランスの異常(水毒)」ととらえています。水毒とは必要なところに水分が少なく、特定のある部分にたくさん溜まっている状態(これを水の偏在と言います)のことです。 鼻水や涙目などはまさに不要な場所に水分がたまっていることから起こってくる症状です。鼻づまりも鼻の粘膜に水分が貯留して膨張して起こります。なんとなく花粉症の時期にむくんでしまうと言う人もいますが、これもまさに水毒の現れです。 花粉症の標治療では、水分の偏在を解消し、水分バランスを整える「利水剤」を用います


利尿作用がある(私は特に!)ホーリーバジルは水毒も緩和してくれそうな気がします。


しばらく飲んでみまーす✨


Waitea のチネイザンなど内臓デトックスマッサージもオススメです❤️


皆さまのお越しをお待ちしております照れラブラブ


Facebook はこちらです
ホームページはこちらです