乳頭痛シリーズ第3弾:感染からくる乳頭痛 | 子育てサポーター&女性のサポーター♡オンリー1助産師・佐藤千鶴の毎日楽しく子育てがしたいママ&女性への伝言 北海道札幌・札幌近郊

子育てサポーター&女性のサポーター♡オンリー1助産師・佐藤千鶴の毎日楽しく子育てがしたいママ&女性への伝言 北海道札幌・札幌近郊

子育ての主役はママと赤ちゃん。ママが笑顔で気持ちがラクになるように情報をお伝えします。~授乳タイムをリラックスタイムに。楽しくラクな子育てを~+女性の味方として、ホルモンに左右されがちな女性が健やかに穏やかに過ごせるためのコツなどもお伝えしていきます。

こんばんは星空

 

『授乳タイムをリラックスタイムに』を合言葉にラクな育児を応援している助産師の佐藤千鶴ですクローバー

 

札幌・札幌近郊で母乳育児・育児相談を出張訪問でしています車

 

乳頭痛についてのシリーズ第3段ですハートのバルーン

 

これはあまり多いわけではありません。

 

でも、すご~く痛いです泣

 

感染からくる痛みにはどんなものがあるか?

 

丸レッド乳頭のカンジダ症による乳頭痛

丸レッド乳頭への細菌感染

丸レッドヘルペスウイルスに感染によるもの

丸レッド乳腺炎、膿瘍形成とともにおこるもの

 

これらがあります。

 

この中で今回紹介は、1番目の『乳頭のカンジダ症による乳頭痛』を紹介します。

この乳頭部のカンジダによる真菌感染の場合の特徴は

乳頭が「焼けるような」炎とか「刺すような」ナイフ痛みがあると言われることが多いです。

 

乳頭の皮膚は、皮膚が赤い、皮膚に光沢があり、痒みがあることが多く、皮膚の皮がむけたり、色素が抜けたりするようなことが特徴的です。

 

 

特に乳頭周囲の赤みと光沢感(乳頭がテカテカに光っているように見えます)は特徴的なので見るとすぐわかります。

 

 

赤ちゃんに「鵞口瘡」や「真菌によるおむつかぶれ」などがある場合もあります大泣き

 

この場合は赤ちゃんから感染した場合もあるので、ママと赤ちゃんの両方の治療が必要になりますにっこりニコニコ

 

抗真菌薬の投与や抗真菌薬の軟膏が必要になります病院

 

カンジダ症だった場合は、これらの治療でよくなっていきます。

 

抗真菌薬以外の軟膏塗布は、悪化することもありますので、自己判断で軟膏を塗らないことも大切です。

 

そしてカンジダ症と不適切なラッチオン(前回の記事を参照してください)による乳頭痛は同時に起こることもありますので、基本的にポジショニングとラッチオンの見直しも大切になりますにっこり

 

まずは気になった人は、母乳外来がある病院を受診してください。

「カンジダ症かわからないな~」と曖昧なことを言われたら、わかる人に診てもらってください。

カンジダ症は、特徴的なので診たらわりとすぐわかります!

 

札幌の方は、どこの母乳外来がいいかお伝えしますので、ご連絡くださいパソコン

 

ポジショニング&ラッチオンが自分で直せない方は日帰りで訪問できる方は、出張します車

 

出張訪問については下記の方からお申し込みください。

 

携帯080-4504-4494  パソコンpia_bonyuuikuji@yahoo.co.jp   

お申込みフォーム

PC・スマホからhttp://ws.formzu.net/fgen/S42845536/

携帯からhttp://ws.formzu.net/mfgen/S42845536/

注意携帯からのお申し込みの場合はyahooからのメールを受け取れるように設定してください。

 

 

すべての事に感謝ドキドキ