赤ちゃんを亡くしたご家族の方へ~お別れまでにできること~ | 子育てサポーター&女性のサポーター♡オンリー1助産師・佐藤千鶴の毎日楽しく子育てがしたいママ&女性への伝言 北海道札幌・札幌近郊
新型コロナウイルスに関する情報について

子育てサポーター&女性のサポーター♡オンリー1助産師・佐藤千鶴の毎日楽しく子育てがしたいママ&女性への伝言 北海道札幌・札幌近郊

子育ての主役はママと赤ちゃん。ママが笑顔で気持ちがラクになるように情報をお伝えします。~授乳タイムをリラックスタイムに。楽しくラクな子育てを~+女性の味方として、ホルモンに左右されがちな女性が健やかに穏やかに過ごせるためのコツなどもお伝えしていきます。

こんばんは星空

 

助産師の佐藤千鶴ですクローバー

 

札幌・札幌近郊で母乳育児・育児相談を出張でおこなっています車

 

今日は今までとは違うお話です。

 

先日、南明奈さん・よゐこの濱口さんご夫妻がお子さんの死産を発表されましたねえーん

 

今日は、妊娠したけど赤ちゃんを亡くしてしまったしまった時のお話です。

 

流産・死産・新生児死などで小さな赤ちゃんを亡くしてしまうことがあります。

 

すごくすごく悲しいですが、医学がどんなに進歩してもお腹の中で突然死んでしまう事は、どうにもならないことです。

 

そんな時は、突然やってくるので、前もって準備することはできません。

 

そして、このブログもそうゆう方たちに届くとは限りません。

 

でも、もし何かあって検索した時に出てきたらその方たちのお役に立てるかもしれないと思い残しておきます。

 

現在はコロナでお休みしていますが、お子さんを死産したままと一緒に天使ママの集い『虹のたまご』を年1回のペースで開催していました天使

 

コロナが落ち着いたらまたやりたいと思っています。

 

もし、もし万が一赤ちゃんが亡くなってしまう事が起きたとき、あかちゃんとのお別れまでにしてあげれることがあります。

思いつくままに書いておこうと思います。

 

天使天使になった赤ちゃんにしてあげれること天使

 

ブーケ1お名前をつけてあげてください。もちろん今まで呼んでいた胎児ネームでもニックネームでもいいです。お名前をつけていっぱいいっぱい呼んであげてください。

 

ブーケ1ベビー服を着せてあげる。用意していたものがあったらそれを着せてあげてください。

もし、週数が早くて用意したのが大きすぎるときは、病院で用意してくれているところもあります。北海道に住んでいたら、下記に連絡をしてみてください。(道外でも対応はしてくれるようです)

『天使のはぐの会』

この会では、天使ママさんが、ちくちくボランティアさんたちと、小さな赤ちゃんのためのお洋服を作ってくれています。

市販のお洋服では大きすぎるけど何か可愛いお洋服を着せてあげたい!というご自身の悲しい経験から、そらちゃんママさんたちが同じような想いをしている人のためにと活動をしています。

そらちゃんママさんに、お会いしたことがありますが、とても柔らかい雰囲気の素敵な方ですコスモス

↑天使のはぐの会のHPから写真をお借りしました

 

ブーケ1赤ちゃんを抱っこしたり撫でてあげたりする。一緒に添い寝をすることも許されるなら短時間でもおススメします。

 

ブーケ1赤ちゃんの状態が許されるなら、沐浴したりからだを拭いてみたりする。

 

ブーケ1母乳を口に湿らせてみたり、赤ちゃんの状態が許されるなら、赤ちゃんのお口を乳頭に近づけてみる。

 

ブーケ1棺に赤ちゃんのためのものを入れてあげる:燃えるモノなら折り紙、お花、おもちゃ、お母さんのにおいのついたハンカチなどでもいいと思います。

入れすぎると赤ちゃんのお骨が、うまく残らないこともあるので相談して入れてくださいね。

 

ブーケ1エコー写真をもらう。写真を残しておく(すぐに見れなくても撮っておけばよかったと思うことがないように撮るだけ撮っておいてもいいと思います)。抱っこした写真でもいいですよね。

生まれてすぐに写真を撮るときれいなお顔の写真が撮れて、後で見たときに良かったという天使ママの声もありました。

 

ブーケ1母子手帳に身長・体重など記録してもらう。助産師さんに一言書いてもらってもいいと思います。

 

ブーケ1家族一緒の時間を過ごす。本を読んであげたり、唄を歌ってあげたりするのもいいですね

 

ブーケ1赤ちゃんの状態が許せば手形・足形を取る

 

ブーケ1へその緒をもらう

 

ブーケ1赤ちゃんへのお手紙を書く

 

できること、できないこときっとあると思います。

でも、やっぱり親だから後悔しない様に送ってあげたいですよね。

すごく悲しくて悲しくてできないかもしれない。

でも後悔の内容にお別れができると、短い時間でも赤ちゃんとの時間を過ごせるのではないかと思っています。

 

同じ経験をしたママが、他にもいます。

少し気力がでてきたら、そんな方たちと話してみるのもいいと思います。

『天使のはぐの会』:札幌・苫小牧で活動をしています。

『SIDS家族の会』:流産・死産・SIDS、その他の病気で赤ちゃんを亡くした家族のためのお話会をやっています。

『グリーフサポートSaChi』:子どものためのグリーフケアをやっているところですが、大人のための会もあります。

『虹のたまご』天使ママの集い:コロナが落ち着いたらやりますからね~。

 

そして北海道のグリーフケアをやっている団体を載せたパンフレットもあります。

上記の団体は載っています。

こちらはPDFがあるのでリンク貼っておりますね。

 

大切な人を亡くした方のための ピアサポートMAP 北海道版

 

 

今はまだ開催のめどはたっていませんが、

天使ママの集いの件の

お問い合わせはフォームかメールよりお願いします。

PC・スマホ共用 : https://ws.formzu.net/fgen/S470281/
スマホ専用     : https://ws.formzu.net/sfgen/S470281/
携帯電話専用   : https://ws.formzu.net/mfgen/S470281/
 

パソコンnijinotamago1228@gmail.com

 

読んでくださりありがとうございますラブラブ

 

今日もご機嫌な1日ドキドキ

 

すべてのことに感謝ドキドキ