仕事復帰=断乳・卒乳しないといけないと思っているママへ | 子育てサポーター♡オンリー1助産師・佐藤千鶴の毎日楽しく子育てがしたいママへの伝言 北海道札幌・札幌近郊

子育てサポーター♡オンリー1助産師・佐藤千鶴の毎日楽しく子育てがしたいママへの伝言 北海道札幌・札幌近郊

子育ての主役はママと赤ちゃん。ママが毎日笑顔でいれば赤ちゃんも笑顔になります。気持ちがラクになり毎日楽しく子育てができるように子育てサポーターとして情報をお伝えしていきます。
~授乳タイムをリラックスタイムに。楽しくラクな子育てを~

こんばんは星空

 

『授乳タイムをリラックスタイムに』を合言葉にラクな育児を応援している助産師の佐藤千鶴ですクローバー

 

札幌・札幌近郊で母乳育児・育児相談を出張でおこなっています車

 

最近、一番多い相談の上位3位を紹介します。

 

位:断乳・卒乳の相談

この1個前のブログもそんな記事です。

 

仕事復帰する予定があるので、断乳・卒乳した方がいいでしょうか?

1歳になるのでやめた方がいいですか?

乳がん検診に行きたいのでやめたほうがいいですよね?

 

こんな感じです。。。

 

2位:離乳食の相談

・離乳食を何から始めたらいいかわからない

・10倍粥から始めていつから他のものを食べさせればいいですか?

・最初は良かったのに食べなくなったんです。。

・フリージングしたものを食べません。。。

 

などなど。。。

 

3位:授乳姿勢や吸わせ方に関すること

 

・おっぱいあげるのはいいけど体が痛い

・授乳姿勢がこれでいいのかわかりません

・授乳が楽だと思えない。なので吸わせなくて済むようについつい抱っこしているけど寝ない

 

などなど。。。

 

今回は第1位の中の『仕事復帰と断乳・卒乳について』お話したいと思います。

 

4月から仕事復帰する予定のママは多いと思います。

 

4月じゃなくても夏までには復帰する予定の方もいますね。

 

仕事に復帰するということは、当たり前ですが、昼間に授乳ができなくなります。

夕方から朝までとお休みの日の授乳しかできなくなります。

 

でもできるところがあるのです。

 

母乳育児は、母にも子どもにも、そして社会にもメリットがあります。

 

母にあるメリットは、いろいろありますが

宝石赤母乳育児を続けることで閉経前の卵巣がん・乳がん・子宮体がんのリスクが減るといわれている

宝石赤母自身が糖尿病・高血圧・リウマチ・アルツハイマーなどの病気のリスクが減るといわれている

宝石赤保育園に預けられてからも病気にかかりにくいので、欠勤が少なくなる

宝石赤子どもと離れている時間を補う貴重な時間となる

宝石赤自分にしかできないことがあると喜びを得たり、自信を取り戻したりできます

 

などなど他にもいろいろメリットがあります。

 

子どものメリットも一部紹介します

宝石緑保育園に預けられてからも母乳育児を続けた子どもの方が、感染症にかかりにくく、なっても早く良くなると報告されている

宝石緑将来の生活習慣病(糖尿病・高血圧・高コレステロール血症など)のリスクを減少すると言われている

宝石緑知能と神経の発達を高める

宝石緑母親と離れて保育園に入り保育者に慣れるまで、子どもはストレスでぐずりやすくなることがあります。夜間に添え乳などで母乳をもらえると癒されることが多く、この時期を乗り越えることができます。

 

社会のメリットとは、何があるかわかるかわかりますか?

宝石紫子どもの病気の為に雇用者が欠勤することが少なくなる

宝石紫育児支援により、仕事をやめる女性が減る

宝石紫雇用者(母か父)とその子どもの健康上の問題が減少するため、健康保険の支払いが減少します

 

などなどメリット多いのですよリボン

 

さてそうするとこんな質問が来ます

・仕事をしながら母乳育児を続けるのは大変ではないですかはてなマーク

・乳腺炎にはならないのですかはてなマーク

・搾乳する暇がないのに大丈夫でしょうかはてなマーク

・寝不足で倒れませんかはてなマーク

 

ちょっとしたコツは必要かもしれませんが、そこまで難しいものではないです。

 

搾乳は、人によってがっつり昼休みにしないといけない人、軽くでいい人それぞれです。

月齢によっても違います。

 

寝不足で体力持つか心配なら、「最初の1~2ヶ月頑張ってみよう」というくらいの気持ちでいいですし、そこで意外と大丈夫ならもう少し続けるという少しずつ伸ばす感じでもいいのです。

 

復帰が断乳・卒乳になると決めつけなくていいのです。

 

母乳育児を続けるということはメリットがあります。

 

ただし、母乳育児のメリット・やめることのデメリットを知った上で、「母乳育児をやめる」と決断したのなら、それは自分で納得して決めたことですから、それでいいと思います!!

 

私が言いたいのは

「母乳育児を続けたいのに、復帰を理由に泣く泣くやめる必要がない」ということです。

 

続けたいなら、胸を張って続けていいので、続け方の工夫をお伝えしますラブラブ

 

やめたいなら、納得してやめてもらいたいし、無理のない(母にもお子さんにも)やめ方をしてもらいたいので、その方法をお伝えしますラブラブ

 

 

卒乳講座は、そんな講座です。

 

卒乳に迷ったら、断乳をしたいと思ったら、自己流でやらないで

メールでも電話でもいいので一度相談してくださいね。

 

電話・メール相談についてはこちらへ。

 

もちろん、出張で相談も受けています。

 

お問い合わせ等はメールかフォームからお願いします。

 パソコンpia_bonyuuikuji@yahoo.co.jp

お申込みフォーム

 PC・スマホからhttp://ws.formzu.net/fgen/S42845536/

 携帯からhttp://ws.formzu.net/mfgen/S42845536/

 

 

今日は東日本大震災から10年。

 

大きな災害になると母乳がストレスからでなくなると言われていますが、一時的なもので必ず復活します。

そんなに長期に出なくなるわけでないのです。

水が手に入らないかもしれない。

お湯を沸かせないかもしれない。

衛生的にいろんなことが心配になるかもしれない。

 

でも、母乳ならそんな心配がない。

 

 

そしてあの大きな地震でも避難所では赤ちゃんたちは周りの大人に生きる希望を与えたはずです乙女のトキメキ

 

赤ちゃんは生きる希望・未来そのものだとつくづく感じながら

お仕事をさせていただいています。

 

沢山のことを教えてくれる赤ちゃんたち、ありがとうピンクハート

 

そしてすべての人たちへ。

「生きててくれてありがとう」

 

今日もゴキゲンな1日ドキドキ