子育てサポーター♡オンリー1助産師・佐藤千鶴の毎日楽しく子育てがしたいママへの伝言 北海道札幌・札幌近郊

子育てサポーター♡オンリー1助産師・佐藤千鶴の毎日楽しく子育てがしたいママへの伝言 北海道札幌・札幌近郊

子育ての主役はママと赤ちゃん。ママが毎日笑顔でいれば赤ちゃんも笑顔になります。気持ちがラクになり毎日楽しく子育てができるように子育てサポーターとして情報をお伝えしていきます。
~授乳タイムをリラックスタイムに。楽しくラクな子育てを~

こんにちは晴れ

 

『授乳タイムをリラックスタイムに』を合言葉にラクな育児を応援している助産師の佐藤千鶴ですクローバー

 

札幌・札幌近郊で、母乳育児・育児相談を出張で行っています車

 

コロナで人と人とが集まるのが難しい今の世の中。

 

それでも人との繋がりは大切ですハート

 

そしてそれを望んでいる人もいます。

 

定期的に開催しています『Nっ子ママと赤ちゃんの集い』ですが、まだまだコロナが落ち着かないので集まって開催というわけにはいきません。

 

コロナがはやる前から、NICUに入院していたお子さんたちのママは、感染症にかからないようにひっそりと暮らしていることが多く、やはり今は特に心配だと思いますショボーン

 

でも何もしないのもな。。。ということで集まるかどうかは全く分かりませんが、オンラインZoomで集いを開催してみることにしましたパソコン

 

携帯からでもタブレット・パソコンからでもZoomのアプリを入れればできますビックリマーク

 

 

Nっ子ママと赤ちゃんの集いHPもあります。

 

星Nっ子ママと赤ちゃんの集い星

・赤ちゃんが現在NICU(新生児集中治療室)に入院中、NICU卒業生、GCU入院中、GCU卒業生のママ対象

 

時計8/24(月):10時~12時  

 

場所:それぞれのご自宅家Zoom開催

   

 

参加費がま口財布無料!

 

 最低開催人数:3名

 

ガーベラ集いルールガーベラ

・話したくないことは無理して話さなくていい

・聞いているだけでもいい

・何年たっても参加していい

 

お申し込み&お問い合わせ

携帯080-4504-4494 

PCメールアドレス

nicusodati@gmail.com

PC・スマホ共用フォームURL

https://ws.formzu.net/fgen/S94042513/

スマホ専用フォームURL

https://ws.formzu.net/sfgen/S94042513/

 

お申しこみいただいた方に、ZoomのIDとパスワードをお伝えしますので、必ず返信します。5日経っても返信なければ再度ご連絡いただくか携帯にお電話ください。

 

注意せっかくお申込み・お問い合わせをいただいても携帯からのメール設定でgmailが受け取れない方がいらっしゃいます。gmailからのメールを受け取れるように設定してください。

 

 

お申込み・参加をお待ちしておりますニコ

 

すべての事に感謝ドキドキ

 

こんにちは。

 

ありがとうピンクハートいのち応援プロジェクト実行委員長の佐藤千鶴ですクローバー

 

2020年度の『にぶんのいち成人式』開催についてのお知らせのブログを書きました。

 

新型コロナウィルス感染拡大防止の観点から2020年度の『にぶんのいち成人式』を中止することにいたしました。

 

メンバーで話し合い、出したこの苦渋の決断をどうぞご理解くださいますようお願いします。

 

詳しくはありがとういのち応援プロジェクトのブログ下矢印(下にリブログしてあります)を見てください。

 

2021年度は開催できることを願っています。

 

すべてのことに感謝ラブラブ

こんにちはあじさい

 

『授乳タイムをリラックスタイムに』を合言葉にラクな育児を応援している助産師の佐藤千鶴ですクローバー

 

今日はD-MERの話をしようかと思います。

 

不快性射乳反射(D-MER);ディーマーと言います。

D-MER;Dysphoric milk ejection reflex(不快性射乳反射)

 

すごく多いわけではないですが、これに悩んでいるママはいます。

 

どんな症状かというと、

赤ちゃんに授乳すると

 

不快感と感じたり

嫌な気持ちになったり

不安になったり

ネガティブな気持ちになったり

吐き気がしたり。。。

 

人によって症状は違いますし、症状が出ている長さも違います。

 

射乳がでてくるまで症状がある人。

最初の産後数か月だけ症状がある人。

授乳している間ずっとあるが、その間にも症状の強弱がある人。

 

母乳分泌の仕組みを見てみると原因がわかります。

母乳が出るときに脳下垂体からオキシトシンが分泌され、プロラクチンの働きで母乳が湧き出てくる。

 

簡単に言うとそんな仕組みで母乳は出てくるのですが、プロラクチンの血中濃度を上げるために脳内のドーパミンレベルが一時的に低下しその後安定します。

 

ドーパミンは、ポジティブな気持ちと関係してて、そのドーパミンの動きがうまくいかないとD-MERがおきてしまうようです。

 

 

ですから、

D-MERは

うずまきホルモンの反射によるもの

うずまき心理的なものではない

うずまき病気の前兆でもない

うずまき母乳育児に対する気持ちや赤ちゃんに対する気持ちとは無関係

うずまき産後うつや気分障害とは全く違う

うずまき母親の性格や気分、人となりとは無関係

うずまき母親に向いていないということではない

うずまき母親の過去のトラウマや経験とは全く別

 

対処法は。。。

ホルモンの問題で気持ちの問題ではないとわかっただけで、気持ちが楽になる方もいますアップ

 

人によっては、パターンがあるようです。

星水分不足、ストレス、カフェインの摂取が多かったなど、パターンがある方もいます。

右矢印パターンがわかると、気を付けやすくなりますねニコニコ

 

星射乳反射が起きるまでの間が症状出やすいという方もいました。

右矢印おっぱいがわいてくるまでの間、搾乳して、わいてきたら直接授乳をするとマシだったという方もいました。

 

不思議と搾乳なら症状出ない方もいましたね。

 

星夜間の授乳時に強くなる方もいました。

右矢印夜間のみ搾乳したり少しミルクを補足した方もいました

 

あとは、いろいろ言われているものもありますが、本当にやって効果があるかはわかりませんが、

 

・肩甲骨、背中をあたためてみる

・糖質を少し制限したんぱく質をとる

・気分が上がる音楽を聴く

・気をそらせる(その気持ちに集中しない)

 

こうゆうこともいいかもしれません。

 

とにかく、自分のせいではないので「母親失格」とは思わず、相談してみてくださいね。

 

自分を責めない!!

 

 

実は、私は第2子出産後、この症状が限定してありましたダウン

 

限定してというのは、

上の子(2歳児)と下の子(新生児)の同時授乳(タンデム授乳)の時だけあったのですえーん

 

しかも産後、割と数か月のみでした。

 

というか、この症状が辛かったので、何とかしたくてLLL(ラ・レーチェ・リーグ)の集いに行きました。

 

そこで、タンデム授乳をしている仲間に会えました。

このことを相談すると割とわかってくれる方が多く、対処法をやってみたのです。

 

それで対処法を実践しているうちに、少~しずつよくなりました。

 

タンデム授乳の間はずっとあったけど何とか乗り越えることができたのですウインク

 

不思議だったのが、第3子出産後の第2子と第3子のタンデム授乳の時にはD-MERがなかったことです爆  笑

 

この時の母乳育児の経験が、のちに地域で活動するきっかけを作ったといっても過言でありません。

 

ママ同士のサポート、これが本当に有難い。心から助かったラブラブ

 

『ピアサポートってこんなに救われるんだ』

 

とLLLの集いで出会った仲間との出会いに感謝しましたラブラブ

 

だから、私の相談室の名前にはその時の気持ちを忘れないように

『ピア』をつけましたイルカ

 

話を戻しますが、D-MERの症状がある方は、一人で悩まず相談してくださいねニコニコ

 

出張訪問や相談のお問い合わせは下記までお願いいたします。

 

お問い合わせ等はメールかフォームからお願いします。

 パソコンpia_bonyuuikuji@yahoo.co.jp

お申込みフォーム

 PC・スマホからhttp://ws.formzu.net/fgen/S42845536/

 携帯からhttp://ws.formzu.net/mfgen/S42845536/

 

今日もゴキゲンな1日ドキドキ

 

 

こんばんはお月様

 

『授乳タイムをリラックスタイムに』を合言葉にラクな育児を応援している助産師の佐藤千鶴ですクローバー

 

先日、母乳育児相談を受ける中でこんな相談がありました。生後5ヶ月くらいの赤ちゃんを持つママです。

 

「今、ネントレ(ねんねトレーニング)をやっているのだけど、これでいいのか迷っています。心が折れそうです。これでいいのでしょうか?」

 

何を迷っているのか聞いたら、

・このままネントレを続けていいのか

・どのくらい泣き続けたら抱っこしたりしたらいいのか

・一人で寝れる方がこの子の幸せだと思うけど、それでいいのか

・いつになったら、一人で寝てくれるのでしょうか

 

というものでした。

 

聞くと、

・寝かしつけはママとパパと同じ寝室で。

・赤ちゃんだけベビーベットに寝かせている。

・ベットに寝かせて30~40分泣き続けるけど、そのうち寝てくれる。

 

ということでした。

 

 

そこで私は何を迷っているのか聞くと「これでいいのか?」ということでした。

 

そして質問はさらに続けました。

 

そのネントレは誰のために始めたの?

現時点では赤ちゃんは「一人で寝たいのか」・「ママと一緒に寝たいのか」お話しすることはできないから、赤ちゃんの希望というより、ママの希望だと思うけど、赤ちゃんの目線に立って、一人で寝れた方が幸せだと感じた理由は何?

それとも、ママが一人でゆっくり寝たいから始めたものなの?

 

と聞きました。

 

そうしたら、答えは「一人のほうがぐっすり寝れると思ったし、私も一人でゆっくり寝たいから」とのことでした。

 

 

それなら「絶対に正しい答え」はないからママがやりたいと思うことをすればいいんだよ。

 

と話しました。

 

そして

「ママが後悔しないように、決めること」

「あとから苦しくならないようにすること」

「『赤ちゃんのため』だけを考えないこと」

 

これが大切かな。と思います。

 

ネントレと言っても人それぞれで

星「一緒に寝れる時期は短いから一緒に寝よう」

星「一緒に寝ると落ち着かないから別で寝よう」

星「一緒の部屋では寝るけど、一緒の布団やベットでは寝ない」

星「まったく別の部屋で寝てほしい」

星「夜間授乳も全く辛くない」

星「寝るときと夜中1回くらいの授乳だけど、夜間授乳が辛い」

星「ネントレを積極的にしたい」

星「ネントレには全く興味がない」

 

こんな感じでみんな違います。

 

だから私は自分のやりたいようにしたらいいと思うのです。

 

「正解」ばかりを考えていると、『目の前にいるその子赤ちゃんが見えなくなる気がする。

 

『赤ちゃんの為』という口実は、実は「自分が子育てを頑張っている証が欲しいから」かもしれない。

 

『赤ちゃんの為』というと「いい母親」に見えるからかも知れない。

 

いい母親って何だろう?

 

お母さん子どものために何でもやる親?

お母さん子どものために厳しくする親?

 

子どもためって?

いろんな考えがあるけど、私は「子どものため」「子どものため」と言っている親ほど、「自分のため」に行動しているような気がします。

 

 

親は、子どものいいように動いてはいけない。親にも親の人生がある。自分の人生の中の一部に「子育て」があるだけで、それがすべてではない。

 

赤ちゃんでもそうです。

 

赤ちゃんは確かに一人では生きていけない。

でもその赤ちゃんには、人格がある。気持ちがある。言えばわかってくれる心の広さもある。でもズルさもある。

 

ごねればもらえる。ごねればどうにかしてくれる。

 

これも結構学習している赤ちゃんは多い気がする。

 

赤ちゃんは何でも知っている。

お見通しだな。

 

これを支援している現場でよく思います。

 

なので、親が迷っているとごねる。

 

親だけが気負いすぎて頑張っていると、そんなに頑張るなと言わんばかりに拒否したりする。

 

そんなことが多いです爆  笑

ですから、子育てにおいて「絶対正しい」ことはない。

そして自分がその子育て法で上手くいっても、ほかの人がうまくいく保証は何もない。

 

だから押し付けてはいけない。

 

さて、ネントレについてですが、やりたい方はやったらいい。

でも月齢が小さいと、夜間授乳も栄養源の大切な部分。そこが無くなったら体重増加が悪くなった。ということもありますので、よく考えてやって欲しいと思います。

 

たかだか1~2回の授乳だからなくても大丈夫!

 

というわけではないのです。

 

1歳以降ならいいかもしれない。

 

でも、夜間授乳でしっかり栄養を取る。ここも頭に入れてネントレするかを考えてほしいです。

 

ネントレの本はいろいろ出ていますが、私がおススメするのはたった1冊本

いろんなネントレの本を読みましたが、おススメできないものばかり。。。

 

この1冊は、赤ちゃんのこと、ママの気持ちをよくわかっている方が書いているな~と実感できますし、「できることからやる」というスタンスが好きですラブラブ

 

習慣を変えるきっかけにもなるかと思いますので、気になる方は読んでみてくださいね。

 

 

 

出張訪問や相談のお問い合わせは下記までお願いいたします。

 

お問い合わせ等はメールかフォームからお願いします。

 パソコンpia_bonyuuikuji@yahoo.co.jp

お申込みフォーム

 PC・スマホからhttp://ws.formzu.net/fgen/S42845536/

 携帯からhttp://ws.formzu.net/mfgen/S42845536/

 

今日もゴキゲンな1日ドキドキ

 

 

 

すべての事に感謝ドキドキ

 

こんばんは。

 

『授乳タイムをリラックスタイムに』を合言葉にラクな育児を応援している助産師の佐藤千鶴ですクローバー

 

このタイトルの質問よくあります。

 

乳房(おっぱい)の張りがある=母乳分泌がいい

 

この逆で

 

おっぱいの張りがない=母乳分泌が悪い

 

こう思っている人多いようですショボーン

 

おっぱいの張りは、分泌とは関係ないと思っておいていいです。

 

ただ、張っていることが多い方は、出が良すぎる傾向にあります。

 

特に産後3ヶ月以降も授乳後3時間あくと「おっぱいがパンパン」という方は、どちらかというと出すぎですショボーン

 

なので、正しくは『おっぱいの張りと分泌は関係ない』というより

『おっぱいの張りは必要以上にあると出すぎ。おっぱいの張りがないから出ていないというわけではない

 

ということになります。

 

つまり、簡単に言うと

・おっぱいの張りで出ているとどうかは判断ができない。

・張りすぎている状態は『分泌過多』の状態が考えられる。

※分泌過多についての記事を参照してください

「母乳の分泌が多くて困っているママへ」

・張りがないから出ていないと決めることはできない。

 

ということです。

 

・産後数日は張っていたのに、1か月もすると張らなくなった。。。

・2か月過ぎから急におっぱいが張らなくなった。。。

・離乳食開始してから急におっぱいが張らなくなった。。。

・産後の生理開始とともに、張らなくなった。。。

右矢印これらは、「分泌の低下」と関係ないことが多い。

   

おっぱいは、需要と供給のバランスが取れるとあまり張らなくなる感じが出てきます。

 

飲む量と出る量のバランスが取れていると張らなくなるということですハート

 

母乳は十分足りているのに「分泌不足感」により「足りていないかも。。。」と思うことはあります。

 

分泌不足感については、また別に書きますねメモ

 

逆に

・産後数日はかなりひどい張り。少し落ち着いても授乳後3時間もたつといつもパンパンでおっぱいが辛い。。。

・夜中はいつもブラジャーはパジャマが濡れて起きる。。。

・赤ちゃんが飲んでいるといつもむせるように飲んでいる。。。

・ちょこちょこおっぱいが詰まって辛い。。。

右矢印これらは「分泌過多」の状態です。

 

どっちも不安かと思いますので、不安な方はご相談くださいね。

 

お問い合わせ等はメールかフォームからお願いします。

 パソコンpia_bonyuuikuji@yahoo.co.jp

お申込みフォーム

 PC・スマホからhttp://ws.formzu.net/fgen/S42845536/

 携帯からhttp://ws.formzu.net/mfgen/S42845536/

 

今日もゴキゲンな1日ドキドキ

 

 

 

すべての事に感謝ドキドキ