ご覧いただきありがとうございます。


先日行われたゴルフマジックさんの試打会。




多くのゴルファーに、


地クラブやカスタムフィッティングに触れてほしいと、



鹿又さんが始めた試打会。



年々パワーアップしていて、


今回は32社が参加、350名が来場したようです。



ゴルフ雑誌ワッグルさんがまとめたレポートによると、



男性が93.7パーセント。


ただ地クラブメインの試打会に女性が7パーセント来たのは凄い。






面白いのが年齢と平均スコア




ゴルフ人口の半分が60歳〜70歳台と言われる昨今ですが、



ゴルフマジック試打会では、


20歳〜40歳台が半分と、若い世代が地クラブを打ちに足を運んでくれたのが嬉しい。





そして、そしての平均スコアは






90台が1番多く、80台、100台、70台と続く。



そうなんです。



地クラブ=カスタムフィッティングは、



もう上手なゴルファーだけのモノでは無いんです。



あらゆる年代、レベルのゴルファーが、




それぞれにゴルフの悩みを抱え、



自分に一番あったクラブを探しにカスタムフィッティングの世界に足を踏み入れる。



これは意外と向上心に繋がるもの。



「私なんか何使っても一緒ですよー、腕が悪いんで…。」



という人は、


恐らく地クラブには興味はないか。



飛ばしたい!!  まっすぐピンを狙いたい、
スライスを直したい! 100を切りたい……などなど、


もっと上手くなりたいという向上心が、ヘッドやシャフト、長さやしなりに興味を抱かせるのです。




ムジークにも、



ターフライダーシリーズという、


アベレージゴルファーが真っ直ぐ遠くへ飛ばせるターフライダードライバー





球が上がり、+2番手飛ぶターフライダーアイアン





やはり飛び系のマレージングアイスアイアン




スライサー向けのフック1.5モデルがある、
(そしてフックフェースに見えない)


今月末発売のエクスパイヤーXRなど、





80台を目指す90台人、100切りを目指すゴルファーの為のラインナップも数多くあります。



試打会にもそんなゴルファーが立ち寄ってくれました。



アンケート結果も概ね好評化。





地クラブは決して上手いゴルファーの為だけじゃない。



ムジークは、ゴルフに対して向上心を持つゴルファーを、




ムジーカーにして、更なる高みを目指してもらうのです。